Archive

【豊 島】7/16(日) は豊島横尾館で出張お誕生会!

7月のお誕生会は久々の出張お誕生会で家浦の「豊島横尾館」で開催!
2013年の7月20日に開館した「豊島横尾館」も満10歳。そして6月27日は横尾忠則さん(満87歳)のお誕生日でした。そこで横尾さんとご縁のある、遊興亭 福し満さんをお迎えして『出張 お誕生会寄席』を開催します。
寄席の演目は、噺家の数だけ終わり方があると言われる『死神』。「生と死」を主題とした同館で、死と正面から向かい合い制作してきた横尾忠則さんの作品の中でどんな『死神』が現れるでしょうか?


Photo 山本糾


日 時|2023年7月16日(日)14:00~
場 所|豊島横尾館 母屋 小豆郡土庄町豊島家浦2359
受 付|13:30~ 豊島横尾館前のオカダヤさん前にて(屋外スペース)
参加費|無料
定 員|島外の方 先着10名(島民の方は別途用意)
主 催|瀬戸内国際芸術祭実行委員会
協 力|公益財団法人 福武財団

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2023年7月16日(日)は、イベントにあわせて「豊島横尾館」の開館時間が一部変更となります。
10:00~13:30 開館
13:30~15:00 臨時閉館
15:00~17:30 再開館(17:30最終入館/18:00閉館)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


Photo 栢野由紀子

落語家 遊興亭福し満(ゆうきょうていふくしま)
三遊亭圓朝作の人情噺、怪談噺に取り組む一方「楽しく心が軽やかになる噺」も追求し続けている。年4回、笑門来「福」の会という独演会を開催。



1955 静岡県浜松市生まれ、東京育ち。
1998 遊興亭福し満の名で初高座。
2002 岡山県津山市の『つやま芸術祭』に地元の江戸時代の絵師に構想を得た自作噺『飯塚竹斎』で参加。
2009 『怪談・乳房榎』(全編)、『鰍沢』、『怪談・牡丹灯篭』(全編)など三遊亭圓朝作の噺に取組み始める。以後、独演会や地方公演等を活動の中心に現在に至る。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI