Archive

【大 島】10/8大島あおぞら市に参加してきました!

秋晴れの日に、大島にてあおぞら市を開催しました。

今年で2回目となる今回も、高松をはじめ、丸亀や綾川、小豆島から
お店や作品を作っている方々が集い、市場を開きました。

大島で七宝焼きをしているお母さんたちも参加!美しい七宝はすぐに売り切れていました。

「大島を味わう!」をテーマに大島の野菜名人が作った野菜や果物を主役としたメニューを出している「カフェ・シヨル」からは、焼き菓子やジャムなどを販売。


お客さんは11時半ごろ到着。いろんなお店を巡りながら、市場を楽しんでいただきました。


13時から、田島征三さんによるライブペインティングが始まりました。
こえび隊も田島さんのお手伝いです。


今回は「ハンセンものがたり絵巻」と題し、10メートルの巻物に描いていきました。

いろんな楽器を使った演奏者が次々にかわります。



途中、大道芸がありました。
大島のみなさんもハラハラドキドキしながらの鑑賞!
「心臓に悪い」という感想もいただきました。


歌を一緒に口ずさんだり


入所者の野村さんと対談もありました。野村さんが大島でどのように過ごしてきたのか、お話をしてくださいました。


次第に、絵巻物もできあがってきました。
最後に出演者全員で演奏。
「ハンセンものがたり絵巻」は、ハンセン病の元患者さんが幸せに過ごしていた故郷での生活の様子から始まっています。
大島の象徴でもある松の木や大島での生活などが描かれています。

今年も多くの大島のみなさんが来てくださり、田島さんのライブペインティングや市場でのお買い物を楽しんでくださいました。

ご来場いただいたお客さん、出店してくださったお店のみなさんも大島のみなさんとの交流を楽しまれていました。

この交流が、来月も、来年もずっと続いていくように、またあおぞら市を開催したいと思っています。この機会に限らず、今後も大島へ足を運んでくださいね!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI