Archive

5/11 伊吹島のお大師さんのお手伝いに行ってきました!

伊吹島の島四国へお接待のお手伝いへ行ってきました。
7時40分発のニュー伊吹に乗ろうとして朝6時に高松を出て、7時過ぎに港についたのですが・・・すでに乗船待ちの長蛇の列です。
船の定員が300名ですが積み残しがあるくらいの盛況ぶりで、おととしの瀬戸芸最盛期を思い出しました。



伊吹島に着くと
「ようこそ~い~ぶ~き~へ~♪」と小学生達がイリコの被り物をしてお出迎えしてくれます。



弘法大師様がおまつりされている須鼻大師堂でお接待のお手伝いをしました。



参拝された皆様にお接待の品々を次々とお渡ししていきます。



ピークは午前中。
お昼をすぎるとのどかな時間が訪れます。
周囲にはイリコの加工場があり、ほかの島とは一味違った活気を感じることが出来ます。6月頃から漁期とのことで今は準備の真っ最中でした。



お昼ご飯をご馳走になりました。
お寿司とカワハギの煮付けでした。



最後にお賽銭を数えて終わりです。



1円玉と10円玉の多さにびっくりです。
今日だけで推定1000人近くの方がお参りされたらしく、勘定作業も大変でした。

1日弘法大師様の前でお接待をさせて頂き、信心深くなることのできた1日でした。
小豆島や直島、瀬居島、本島、粟島など各島に島四国 88箇所がありますので、ぜひ巡礼されることをオススメ致します。御利益があるのは間違いない!

(文:こえび隊 有田 翼)


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI