Archive

【大 島】7/26(水)〜28(金)大島へ行こう!アートと自然を楽しむ子どもサマーキャンプがありました

2014年から大島で開催している子どもサマーキャンプ。高松市主催で企画から運営までをこえび隊が行なっています。
今回も過去お手伝いに参加してくれたこえびさんたちにサポートしてもらいました。
子どもたちは、小学1年から中学2年までの25人。4年も続けていると半分近くがリピーターなんです。
大島は、島全体がハンセン病の国立療養所。今は58名の入所者の方が暮らし、平均年齢は83歳を超えています。
昔は、結婚は許されていましたが、入所者の方は子どもを残すことができませんでした。
私たちはそういった背景から、子どもの元気な姿や声を入所者のみなさんの元に届けるようなことや、少しでも入所者のみなさんと交流できる場面をつくろうと、子どもサマーキャンプを開催しています。
サマーキャンプ1日目から3日目まで写真を中心に、子どもたちの元気な姿と大島の美しい自然をご覧ください。


1日目、中学生は3人。ゆるやかにスタートしました。


午前中は、大島の浜辺で漂流物調査。


見つけた漂流物がどうやって流れ着いたのか、そしてどこへまた行くのか、みんなで話しました。


午後は、大島のおやつをつくります。まずはくりまんじゅう。昔大島で作られていたお菓子です。


もう一つは、野菜づくりの名人野村さんのトマトを使ったジャム作り。野村さんも来てくれました。


夜はみんなでトランプ。


2日目の朝。恒例の浜辺でラジオ体操。


いよいよ小学生が大島へ!(C)Shintaro Miyawaki


到着。お兄さんお姉さんと対面。(C)Shintaro Miyawaki


大島に来たら必ず行く納骨堂でお参り。(C)Shintaro Miyawaki


2日目の午前。(C)Shintaro Miyawaki


浜辺でお宝探し。(C)Shintaro Miyawaki


(C)Shintaro Miyawaki


お宝見つかったかな?(C)Shintaro Miyawaki


貝殻はストラップに。(C)Shintaro Miyawaki


お気に入りの葉っぱは、自分だけのはがきになりました。(C)Shintaro Miyawaki


みんなで楽しいご飯タイム!(C)Shintaro Miyawaki


入所者の磯野常二さんのお話。(C)Shintaro Miyawaki


北川フラムさんと絵本作家 田島征三さんの作品を鑑賞しました。(C)Shintaro Miyawaki


2日目の夜は、毎月島内限定で放送している「大島アワー」の収録をしました。ギターを抱え、ハモる。ジングルを5種類作りました。


最終日は、午前中作ったオリジナルの楽器を使って、入所者のみなさんの前で発表会。(C)Shintaro Miyawaki


子どもたち一人一人がどんな楽器を作ったのか発表した後、その楽器で会場内をパレードしました♪(C)Shintaro Miyawaki


(C)Shintaro Miyawaki


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.20が完成しました。今回のこえび新聞は、船・船・船! 外面は、こえび隊がセレクトした瀬...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI