Archive

【本 島】7/8(土)-9(日) シーボルトガーデンで庭仕事!

草木が元気に成長し、わんさか茂る梅雨時、今年も作家の川口豊さん、内藤香織さん、瀬戸内国際芸術祭実行委員会のみなさんと一緒にシーボルトガーデンのお手入れをしてきました。

一日目。
こえび隊は伐採した枝の片付けや、除草後のお掃除に精を出します。


お掃除。

体力勝負!
でも暑さがさほど厳しくなかったので、活動しやすかったです。


ひたすらお掃除。

そして草抜き。
大切な草花を抜かないように、注意深く作業します。


草抜き。


ひたすら草抜き。

最後はアジサイの挿し木を植えました。


倒れないようしっかり土で押さえます。

しっかり根付いてきれいな花を咲かせてくれますように!
初日の作業はこれで終了。

作業二日目。
この日もまずは草抜きから。


この日も草抜き。


そしてもちろんお掃除。

お庭の掃除がひと段落した午後は、ルピナスという花の種蒔きとアジサイの挿し木の作業。
ルピナスは北海道などで多くみられる、寒冷地に適したマメ科の植物だそうです。
瀬戸内の気候になじんでうまく花を咲かせてくれるかな!?


種まき。


ひたすら種まき。

一面のお花畑を夢見て、黙々と種をまきました。

この日、アジサイは、挿し木用の枝を作るところから教えてもらって、植えましたよ。


葉っぱを短く切り落としています。

二日間、みんなで力を合わせた甲斐あって、予定より、少し早めに作業が完了しました!


作業完了!バンザーイ!!

作業の後は、差し入れにいただいたスイカで乾いた喉を潤します。


疲れも吹き飛ぶ甘さに大コーフン!

途中、パラッと雨に降られましたが、なんとか最後までお天気がもってよかった!
またお庭の様子を見に行きますね!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI