Archive

6/5 男木島 灯台周辺の海岸清掃に参加しました!

6月5日 日曜日。

この日、前日までの天気予報では朝から雨の予報だったのですが
朝起きてみると曇り空。雨は降っていなかったので、無事決行となりました。

いつもより一本早い8時便に乗って男木島に移動します。

この日は、こえび隊以外にもいろいろな人たちが参加していて
めおんの中はにぎやかでした。

男木港に到着したら、まず朝のミーティングを行います。


ミーティングが終わると、灯台へ向けて移動します。
とても眺めのいい灯台道をどんどん進みます。


みんなでワイワイお話しながら行くと、あっという間に到着です。


それぞれが道具やゴミ袋を手に持って、直前の注意事項などの説明を聞きます。


今回はお掃除をしながら、漂着したゴミの分析もするという
「ビーチコーミング」という作業を行います。

数名づつの班分けを行った後、ゴミを拾う人、拾ったゴミが何かを記録する人に分かれて
いざ、お掃除開始!



遠くから見ると分からなかったのですが、いろんな種類の細かいゴミがたくさんあります。かなりバリエーションが豊富で拾っていてとても楽しいです。

ゴミを拾うたびに「発砲スチロール10!」とか「ガラス片3!」「ビニールの袋2!」などと掛け声が上がり、それを記録する人が手際よく表に書き留めていきます。

たくさんの人で行ったので、みるみるうちにゴミが無くなっていきます。
数は力なり!というのを実感しました。


いっぱいになったゴミ袋を集めています。


こうして、清掃は無事に終了しました。


その後、記録したゴミについての分析と、お勉強をしました。

男木島周辺の海流の関係によって、男木島には様々な種類の漂着ゴミが集まりやすいと
いったことや、漂流ゴミはどこから流れてきたものなのか。など。


閉鎖された水域である瀬戸内海では、少しでも多くの人が継続して
ゴミを拾い続けることが重要なのだそうです。

いろいろと勉強になるお話を聞くことができました。

清掃や草刈りなどは定期的に行っています。活動を行うときには
ホームページやtwitterでお知らせしますので、ぜひ参加してくださいね。

参加したこえび隊のみなさん!お疲れさまでした


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI