Archive

【小・中学生募集!】学ぶ!楽しむ!大島サマースクール

学ぶ!楽しむ!大島サマースクール

香川県高松市沖にある大島は、ハンセン病の国立療養所大島青松園がある島です。大島やハンセン病の歴史を学びながら、自然に親しんだりアートに触れたりする3日間限定のサマースクールを開き、入所者さんと交流したり、講師やアーティストと一緒に探検するワークショップを行います。今年は、大島でおもいっきり夏の思い出をつくろう!


●日程:2024年8月2日(金)、3日(土)、4日(日)
中学生:2泊3日、小学5〜6年生:2日は通い+1泊2日、小学1〜4年生:3日と4日の2日間通い
*保護者の方は、8月4日のみ参加可能(作品鑑賞、子どもたちの様子の見学)

●対象:小学1年生から中学生(8月4日のみ保護者も申込可)

●募集人数:20名 (申込者数が多い場合は抽選)

●料金 *食費、ワークショップ費、保険料込み
・中学1〜3年生 14,000円 2泊3日
・小学5〜6年生 10,000円 2日は通い+1泊2日
・小学1〜4年生 8,000円 3日と4日の2日間
・保護者の方 2,000円 4日のみ(鑑賞料金、昼食代、保険料込み)

●参加に必要なもの:動きやすい靴・服装、帽子、水筒、筆記用具、健康保険証、熱中症対策 
*必要な方のみ酔い止め薬等

●申込期間: 7月1日(月)から7月18日(木)
* 7月1日(月)9:00から受付します。
*7月19日(金)に参加決定のお知らせをいたします。

●申込先:特定非営利活動法人瀬戸内こえびネットワーク 
《申込フォームから申込をする方》以下をクリックすると申込フォームに移動します。
 https://forms.gle/6B89PgiZ1HgnTK4R7

《メールで申込をする方》以下①〜⑧までを メール info@koebi.jp へ送付ください。
①名前(参加者全員分の漢字とふりがな)
②生年月日
③学年
④性別
⑤緊急連絡先(携帯番号)
⑥住所(郵便番号含む)
⑦メールアドレス
⑧8月4日の保護者参加の有無(参加の場合はお名前をお送りください)

⚫︎お問い合わせ:特定非営利活動法人瀬戸内こえびネットワーク TEL 087-813-1741 

主催:高松市
協力:国立療養所大島青松園、国立療養所大島青松園入所者自治会、瀬戸内国際芸術祭実行委員会
運営:特定非営利活動法人瀬戸内こえびネットワーク

アーティスト・講師の紹介


アーサー・ビナード(詩人)
1967年米国、ミシガン州生まれ。コルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、絵本『ここが家だ―ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。エッセイ、絵本の翻訳多数。2017年『ドームがたり未来への記憶(玉川大学出版部)』出版。


森田 桂治(一般社団法人かがわガイド協会)
株式会社ゴーフィールド代表取締役会長。NPO法人アーキペラゴ副理事長。
IT企業経営の傍ら、シーカヤックツアー会社やヨットクルーズの会社も経営。プロガイドが瀬戸内を舞台にどうやったらビジネスとして成り立つかを実践中。海岸漂着ごみをテーマにしたエコツアーも年間を通じて実施。

▼当日のプログラムやスケジュールは以下の募集チラシをご覧ください





昨年開催された「学ぶ!楽しむ!大島サマースクール」の様子


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.22が完成しました。 外面は、瀬戸内国際芸術祭のパフォーミング・アーツ大特集!そもそも...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI