Archive

【宇 野】3/2(土) 小沢敦志さん「終点の先へ」自転車分解ワークショップ開催

終点の先へ、何度でも。自転車分解!ワークショップ



開催日:2024年3月2日(土) 10:15~12:15
会 場:玉野競輪場(正面入口よこ)
対 象:どなたでも
定 員:10名程度

放置自転車の鉄を熱して叩いて溶接し、新たな自転車に再生させた作品「終点の先へ」
自転車はレンタル可能で、宇野港周辺を風を切ってサイクリングできます。

この自転車たち(10台)には名前がついていることをご存じですか?
「児島丸」「瀬戸丸」「伊予丸」「土佐丸」…ここまで聞いて「おや?」と思った方、
そう、かつて宇野港に就航していた連絡船の名前です。
よく自転車をみると自転車の後輪の上にアルファベットで名前が!そして自転車の色も
かつてのそれぞれの連絡船のカラーイメージで塗装されています。
実は「終点の先へ」という作品名は終点の「宇野駅」からその先の海へ繋がっていた連絡船航路へ想いを馳せていたりもするのです。
連絡船がなくなって三十年以上たちますがこのレンタサイクルに乗ってあなたの「終点の先」を見つけに行きましょう!

さて、この実際に体験できるこのアート作品も潮風や太陽にさらされ少しくたびれてました。そこで、この度自転車を解体してお色直しを行います。
お色直しに向けて作家の小沢敦志さんと一緒に「自転車分解」しましょう。
皆さんと分解した自転車はその後、サビ取りや塗装がなされ、組み立てなおして安全面もチェック!して再び宇野駅の西側に並ぶ予定です。


鉄作家・小沢敦志さん

ワークショップ当日の競輪場は、玉野競輪開設73周年記念「瀬戸の王子杯争奪戦」開催中。
マルシェなど楽しいイベントも盛りだくさんです。
賑やかな会場を楽しみながら、ワークショップ会場にもぜひお立ち寄りください!




こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI