Archive

【女木島】11/27(土) 「女木島名画座上映会」はドキュメンタリー!

photo Shintaro Miyawaki


依田洋一朗さんの作品「ISLAND THEATRE MEGI『女木島名画座』」で「女木島名画座上映会」が開催されます。

これまで、海外、日本を選ばず、名画を中心に上映会を開催してきましたが、今回の名画座は北川フラムさん(瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター)が案内人となってドキュメンタリー映像、宮本常一監修の『日本の詩情』第二集 地に根づく営みと技 より 第6巻を鑑賞します。

宮本常一の『忘れられた日本人』『民俗学の旅』は瀬戸内国際芸術祭や、北川フラム氏が手掛けるその他の地域型芸術祭のバイブルとなっています。

「日本の詩情」は1965〜1966年(昭和40〜41年)に放映されたテレビ番組です。
旅する民俗学者 宮本常一の企画・監修によって制作されたこのドキュメンタリー作品は、地域社会に生きる“庶民の生活史”の追及をテーマに、全国各地の習俗、行事、生活、技術など多彩な特色を持つその土地の背景を取材して、日本人の“生活の詩”を描いた作品です。

そのほか、大竹伸朗氏の作品「女根/めこん」の特別開館を行うなど、定期船最終便後の夜の女木島を楽しめる特別プログラムです。

女木島出身の料理人が作る瀬戸内の味たっぷりの弁当がお土産でついてきます!

|日 時|2021年11月27日(土)) 15:40~19:15

|場 所|女木島 「ISLAND THEATRE MEGI『女木島名画座』」ほか

|料 金|8,400円(税込)新泊まってかがわ割適用で 4,200円

(船代・アート作品鑑賞代・ガイド料・お弁当代含む)※映像上映代はいただきません

|定 員|20名(最小催行人数15名)

|申 込|琴平バス株式会社 電話:087-823-5678 

https://setouchi-artfest.kotobus.com

 




高松港に帰ってきてからお土産のお弁当をお渡しします!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI