Archive

【女木島】4/30(火)女木島名画座上映会 申し込み開始しています!


瀬戸内国際芸術祭2016で女木島で制作されたART作品「ISLAND THEATRE MEGI 女木島名画座」で名画の上映会を開催します。定期船の女木島発最終便が17時20分。なかなか島の夜を体験できない中、船を手配し、映画鑑賞・女根/めこんのナイトプログラム鑑賞・上映作品にまつわるディナーを楽しみ、チャーター船で高松に帰ってくるスペシャルなツアーを行います!
https://setouchi-artfest.jp/event/detail307.html

他のイベントに先駆けて、申し込み開始しています。
https://setouchi-artfest.kotobus.com/specail/megijima.html

【受付】高松港旅客ターミナルビル1階 ツアーデスク前 15:40
【行程】高松港(15:40集合/16:00発)~<めおん>~女木島…女木島名画座(北川フラム氏の解説/上映会)…女根 ナイトプログラム(鑑賞)・・・レストラン イアラ(夕食)・・・女木島~<チャーター船>~高松港(20:40着)

【上映作品】
映画「夜空はいつでも最高密度の青空だ」(2017) 上映時間108分
配給:東京テアトル、リトルモア
脚本・監督/石井裕也
原作/最果タヒ
出演者/石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司
作品概要/『川の底からこんにちは』、『舟を編む』など現在最高の評価を受けている気鋭の若手監督石井裕也さんがメガホンを取り、最果タヒさんの原作詩集を見事映像化。主演に石橋静河さん、池松壮亮さん、共演に松田龍平さん、田中哲司さん、市川実日子さんら実力派俳優が脇を固めた恋愛映画。第67回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品作品。第41回香港国際映画祭Award GALA招待上映。

【案内人】 北川フラム氏
女木島名画座の案内人となるのは、「北川フラム氏」。「海の復権」を掲げ、「爺さま婆さまの笑顔を見よう!」をキャッチフレーズに開催されている「瀬戸内国際芸術祭」総合ディレクター。

【料理人】「EAT&ART TARO」
瀬戸内国際芸術祭2013・2016で「島スープ」「ALL AWAY CAFE」「讃岐の晩餐会」に携わり、2019でも食のアーティストとして芸術祭に参加する「EAT&ART TARO」が、レストランイアラ女木島にてこの日だけのメニューをディナーに提供します。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.16が完成しました。 外面の特集は、みなさんの身近にある「瀬戸内国際芸術祭」。2010年か...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI