Archive

【豊 島】古典狂言で大笑い!2/10(日) 島のお誕生会

2月の島のお誕生会は・・・

~宇野港からこんにちは!古典狂言で大笑い!~


2018年2月のお誕生会の様子

日にち|2019年2月10日(日)
   間|14~15
参加費|無料
  所|唐櫃公堂
 

今回は玉野市から、「玉野しおさい狂言会」のみなさんがやってきます。

演目は「濯ぎ川」。

毎日、嫁と姑に追い使われる婿養子の男、この日も裏の川に洗濯に行けと言いつけられます。その後も、やれ蕎麦を打て、やれ水を汲めと次々に用事を言いつけられ、男は「用事を忘れぬよう、紙に書き付けてくれ」と言い出します。すると…!?

嫁姑と入り婿のコミカルなお話です。みんなで大笑いしましょう!

毎回お楽しみの特製デザートも、今回は、宇野港に程近い築港商店街の小さなパン屋「HOHO」さんにお届けいただきます!

ぜひ遊びに来てくださいね!


玉野しおさい狂言会のみなさん

ゲスト:玉野しおさい狂言会

2009年から玉野市のルーツ産業である製塩の歴史・文化を、狂言という伝統芸能表現を用いて、笑いながら学び、笑いながら伝える活動を続けている。これまで、玉野の製塩にゆかりの深い「野﨑武左衛門」、「しおさとの舟造り」、「枝条架物語」等の創作狂言を演じる傍ら、古典の狂言にも挑戦中。現在会員8名。指導は笠岡市在住の大蔵流狂言師・田賀屋夙生(たがやはやお)師。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI