Archive

【宇 野】春会期 元気に活動中!

今回の芸術祭では宇野港のフェリー乗り場のすぐ近く、築港商店街に3つの作品ができました。
前回の芸術祭では、会期中にこえび隊がご案内する作品はありませんでしたので、宇野港でのこえび隊による作品公開は実に6年ぶりのことです。
毎日ご近所のみなさんとも挨拶をしながら、元気に活動しています。

開館時間は朝10時から夜7時まで。
島から帰った方々にも、鑑賞を楽しんでいたけるような時間設定ですが、
開館時間が長いので、こえび隊は前半、後半と時間を分けて活動中です。


un11「時間屋」

どの作品もみごたえがあります!時間をかけて鑑賞して行かれる方が多いです!
鑑賞後のお客さまの感想を聞くのも楽しくて、話が弾みます。


un12「赤い家は通信を求む」

少し奥まったところにある、un12「赤い家は通信を求む」では、先週、通りで呼び込みをしてくれる元気なこえびさんも登場しました!
小さな家全体を作品にしているため、受付は玄関の外になりますが、
作家さんが受付用の屋根をつけてくれたので、雨の日も安心して活動できるようになっています。


屋根を付けてくれる作家さんとそれを手伝う受付のこえびさん

築100年の西洋建築で、旧医院で展開する作品、un10「実話に基づく」では、ときどき、地元のお母さんたちも受付に入って、デジタルパスポートのQRコードのスキャンや、紙のパスポートについているバーコードのスキャンなど、これまでよりも少し複雑になった受付に果敢に挑戦してくれています。
会場となっている建物についても、昔の様子をよく知っているので、ぜひ声をかけてみてくださいね♪


un10「実話に基づく」

宇野港では、ゴールデンウィーク中も、ゴールデンウィーク明けも、こえびさんをまだまだ大募集しています!
活動の前後に築港商店街のお店を覗いてみるのも楽しいですよ。
みなさんぜひ宇野港の活動にもご参加ください!

▼活動について詳しくはこちら(【宇野】春会期 作品受付こえび隊募集!)
https://www.koebi.jp/news/activity/entry-3126.html

そして、宇野港からはもちろん、島での活動にも参加できますよ!
4月23日(土)には、豊島での作品公開や島キッチンでの活動、直島で開催されるイベントのお手伝いなどで、たくさんのこえびさんたちが宇野港に集まったので、記念撮影しましたー!


島に行くこえび隊大集合!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.20が完成しました。今回のこえび新聞は、船・船・船! 外面は、こえび隊がセレクトした瀬...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI