Archive

【男木島】12/11(火)-19(水) サラ・ウェストファル 滞在サポートをしました

12/11(火)~19(水)のあいだ、ドイツの作家 サラ・ウェストファルさんが男木島に滞在し、来年の芸術祭で展示する作品の構想を練る作業をされました。
サラさんが滞在中、言語のサポートをメインに、かんたんな作業のお手伝いをこえび隊が行いました!



島の方も駆けつけてくれ、少しのあいだお手伝いしてくれました。
作品に使用する素材の撮影には、漁師さんも協力してくれました!
もちろん、あいだで通訳をしたのはこえびさん。
島の人やスタッフともコミュニケーションが取りづらいなか、大変心強いサポートでした!


展示会場の予定場所では、窓枠の長さを測ったり暗幕を付けたりと、何やら楽しそうです♪一体どんな作品が仕上がるのか、今からワクワクしますね。


活動の帰り道、きれいな夕焼けを見ることができました。
この場所では今の時期しか見れない夕焼け、少し得をした気分になった日でした。
来年また男木島に帰ってきてくれるサラさんと再会するのがとても楽しみです!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.16が完成しました。 外面の特集は、みなさんの身近にある「瀬戸内国際芸術祭」。2010年か...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI