Archive

【せとうちばなし2023】12/9(土) 第3話「豊島美術館ができるまでとその後」ゲスト:笠原良二さん、竹之内千夏さん

せとうちばなしは、瀬戸内海や瀬戸内国際芸術祭にまつわる話題について、様々な切り口のテーマで届けるイベントです。最後は豊島で開催します!オンライン参加も可能なので、遠方の方もぜひご参加ください。

第3話は、公益財団法人福武財団の笠原良二さん、竹之内千夏さんをお迎えします。2010年にオープンした豊島美術館。今や豊島美術館を目指して世界中からたくさんのお客さんが豊島にやってきます。
「豊島美術館ができるまでとその後」をテーマに、笠原さんからは豊島美術館ができるまでの歩みを中心に、竹之内さんからは美術館ができた後の地域のみなさんの変化とどのように関わり続けているのかお話いただきます。
豊島美術館についてたっぷりとお届けします。ぜひお楽しみに!
場所は、家浦港から歩いて15分の豊島エスポワールパークで開催します。せとうちばなしが終わったあとは、一緒に豊島美術館へ行きませんか。希望者の方は、申し込み時の備考欄でお知らせください。

第3話「豊島美術館ができるまでとその後」
ゲスト:笠原良二さん、竹之内千夏さん(公益財団法人福武財団)

●開催日時:12月9日(土) 13:30-15:00 13:00開場
●場所: 豊島エスポワールパーク 香川県土庄町豊島家浦514 家浦港から徒歩15分
豊島エスポワールパーク公式サイト https://teshimaespo.com/
Googleマップ https://maps.app.goo.gl/ime3d7eCY14Y3Zi76

●参加費:
会場参加:1,500円(豊島エスポワールのドリンク付き)
オンライン参加:1,000円

●船便:
《宇野から参加の方》
行き 宇野発12:00→家浦着12:25 
帰り 家浦発16:25→宇野着16:50 または 家浦発18:40→宇野着19:19
《高松から参加の方》 
行き 高松発9:07→家浦着9:57 帰り 家浦発17:20→高松着17:55 

●申し込み方法 *会場は当日参加も可能です
以下から事前にお申し込みください。会場参加の定員は30名、先着順です。
【会場参加の方】申込フォームからお申し込み可能です。*事前決済を希望の方は、ピーティックスからも申込可能です。
https://forms.gle/2pKGQjpXbGQhkJf79
【オンライン参加の方】ピーティックスからお申し込みください。
https://peatix.com/event/3757021/view

ゲスト
笠原良二(かさはらりょうじ)公益財団法人福武財団事務局長
1968年生まれ、岡山県総社市出身。1991年株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセホールディングス)入社。1993年より同社の直島開発プロジェクト(現・ベネッセアートサイト直島)に携わる、同社直島事業室長、公益財団法人福武財団アートマネージメント部長、株式会社直島文化村代表取締役社長等を歴任。2023年4月1日より現職。2008年頃より豊島美術館設立にも携わる。

竹之内千夏(たけのうちちなつ)公益財団法人福武財団 美術館運営・地域支援部 部長
1977年生まれ、東京都北区出身。2009年財団法人直島福武美術館財団(現・公益財団法人福武財団)入社。
2010年5月に豊島に移り住み、豊島美術館の開館に携わる。その後、豊島と直島の施設を交互に担当。2023年4月1日より現職。

【せとうちばなし2023】第1話「瀬戸内国際芸術祭2010前夜を振り返る」 
▼当日の様子はこちら
https://www.koebi.jp/news/report/entry-3575.html

【せとうちばなし2023】第2話「香川県の文化芸術の土壌について」 
▼当日の様子はこちら
https://www.koebi.jp/news/report/entry-3602.html


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.22が完成しました。 外面は、瀬戸内国際芸術祭のパフォーミング・アーツ大特集!そもそも...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI