Archive

【こえび寮】3/8(金)~5/26(日)までオープンしています!

遠方から瀬戸内国際芸術祭の制作活動、運営に参加していただく方のために、こえび寮を開設します。長期の宿泊大歓迎です!

■こえび寮について
こえび寮は、こえび隊が円滑に瀬戸内国際芸術祭2019作品制作や運営等を行えるよう、活動に参加される方のみ“無料”で滞在していただける施設です。寮は共同生活になりますので、以下申込方法や使用方法をよく読み、ルールを守ってご利用ください。
個室はなく、相部屋や大広間に布団を並べて寝ます。寮にお風呂はありませんので近くの入浴施設をご利用ください。

※共同生活に慣れていない方や個室をご希望の方は、高松市内のホテル・ゲストハウス・民宿等をご利用ください。高松周辺宿泊施設の紹介はこちら(https://www.koebi.jp/news/events/entry-2440.html

 

■宿泊者のこえび活動について
寮に宿泊している方の日々の活動は、こえび隊事務局で決めていますので申し込み不要ですが、希望の活動・行きたい島などがありましたら、申込時に備考欄に書いていただくか、気軽にご相談ください。(しかし必ず希望が反映されるわけではありませんのでご了承ください)また長期滞在の方は、4日に1日程度、定期的にお休みしていただけます。

 

■こえび寮 開寮期間(春会期)|3月8日(金)~5月26日(日)

宿泊は5月26日(日)まで。翌27日10:00チェックアウトとなります。7月以降の募集開始は、わかり次第ウェブサイトでお知らせします。 

4月27日(土)~5月4日(土)、女性の宿泊は定員に達したため、申込みの受付を締め切りました。

4月27日(土)、29日(月)30日(火)、男性の宿泊は定員に達したため、申し込みを締め切りました。

 

■こえび寮の場所、周辺情報|高松市内の市街地にあり商店街も近く、レストラン、食堂、スーパー、コンビニ、薬局、100均一、コインランドリーなども近くにある便利な場所です。受入れ時に周辺地図をお渡しします。

■こえび隊事務所(高松港近く)〜こえび寮までの移動
距離は、徒歩約20分/自転車約10分程度です。こえび隊事務局で無料で貸し出せる自転車があります。(20台限定・先着順)
※自転車が不足した場合、高松市レンタサイクル(高松駅前広場地下/有料/免許証など本人確認要)をご利用ください。受付時間:7:00-22:00 料金:200円(24時間以内)

■車でお越しの方|こえび寮に車は駐車できません。こえび隊事務局駐車場をご利用ください。場所、利用方法等は申込み時に確認ください。

■寮チェックイン|17:00~21:00(こえび事務局)
チェックイン時間は申込時に記入していただきます。チェックインが21時を過ぎる場合や時間が変更になる場合は事前に必ず連絡ください。

※活動当日朝に到着の場合、チェックインは活動後になりますが、大きな荷物は集合場所にてスタッフが受け取り、事務局内でお預かりいたします。荷物を寮に運んでもよい方は預けるときにスタッフに申し出てください。

■寮チェックアウト|10:00
当日活動に行かれる方、大きな荷物は寮にて受け取り、事務局まで運搬しお預かりいたします。チェックアウト前日までに申し出て、チェックアウト時に荷物を寮スタッフにお預けください。

■門 限|22:00、消 灯|23:00

■持ち物|ホテルのようなバスタオルやフェイスタオル、寝間着、歯ブラシ、アメニティ(基礎化粧品)等はありません。必要なものはご用意ください。
寮にあるもの:布団とシーツ一式、銭湯で使うシャンプー・コンディショナー・ボディーシャンプー、洗濯洗剤

■洗濯機と風呂
洗濯機と衣類乾燥機が2台づつあります。使用後は速やかに他の方に譲っていただくようご協力ください。近くにコインランドリーもございます。
寮内にお風呂はありません。近隣の入浴施設をご利用ください。(400円程度~)

■食事
寮では食事の提供はありません。自由に使える共同キッチンがあります。
冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、調味料等使っていただけます。

■申し込み
下記リンク先のフォームよりこえび寮へお申込みください(活動への申込みは不要)
https://goo.gl/forms/R6DJd0jMpPj7EIGg2

■問合せ
NPO法人瀬戸内こえびネットワーク 
電話:087-813-1741 mail:info@koebi.jp


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.16が完成しました。 外面の特集は、みなさんの身近にある「瀬戸内国際芸術祭」。2010年か...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI