HOME › お知らせ › お知らせ › 【大 阪】締め切りました!11/2(金) せとうちばなし-第5話-

投稿日:2018/10/07 カテゴリー: タグ:

【大 阪】締め切りました!11/2(金) せとうちばなし-第5話-

せとうちばなしは、瀬戸内海や瀬戸内国際芸術祭にまつわる話題について、様々な切り口のテーマでお届けしていきます。こえび隊に登録していない方もお気軽にご参加ください。

________________________________________

せとうちばなし-第5話-は「作品制作からみた瀬戸内国際芸術祭」がテーマ。

2010年から始まった3年に1度の瀬戸内国際芸術祭。これまでの芸術祭を経て、会場となる島々にはその島の魅力を伝えるアート作品がたくさんあり、多くの来場者を魅了しています。それらのアート作品はいかにしてつくられたのでしょうか。
今回のせとうちばなしは、第1回目の瀬戸芸の作品制作に携わった木坂葵さん、高坂玲子さんをゲストに、作品制作に関するエピソード、島民やアーティスト、こえび隊との協働によって生まれたエピソードをお話していただきます。作品制作から見える芸術祭の楽しみ方についてお届けします。
 
日 時:11/2(金) 19:30スタート(19:00開場) 21:00終了
会 場:CaloBookshop&café  550-0002大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階
Googleマップ:https://goo.gl/maps/4hGoaDCMYgt 
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅 6・7番出口より1分
地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 12番出口より5分
 
参加費:1,000円(1ドリンク付)
定 員:25名 席に限りがあるため、事前にお申し込みが必要です。
 
▼下記のお申し込みフォームからお申し込みください *受付終了しました。
*定員に達し次第募集終了となります。
*お申し込みいただいた方のお席を確保しているため、直前のキャンセルはご遠慮ください。
 
▼ゲスト
木坂葵(きさか あおい)|一般財団法人おおさか創造千島財団 事務局長
神戸大学文学部哲学科卒業。在学中よりアートNPO勤務、その後「水都大阪2009」「瀬戸内国際芸術祭2010」「おおさかカンヴァス」などでコーディネーターを務めた後、渡仏。2016年千島土地(株)入社、主に「MASK(Mega Art Storage Kitakagaya)」など千島財団の事業を担当。
 
高坂玲子(こうさかれいこ)|大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco] 企画部門 チーフディレクター
大阪生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士前期課程修了。2007年より大阪府立現代美術センターに勤務し、「大阪・アート・カレイドスコープ2008」「水都大阪2009」などの展覧会やプロジェクトに携わる。その後、「瀬戸内国際芸術祭2010」「おおさかカンヴァス」において制作・マネージメントを担当し、2012年4月の開館時よりenocoに勤務。現在はenocoと大阪成蹊大学非常勤講師と京都のギャラリー勤務の3つの現場を行き来する。

前回の様子


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ