HOME › お知らせ › お知らせ › 【女木島】9/1(土) 「女木島名画座上映会」開催

投稿日:2018/07/13 カテゴリー: タグ:

【女木島】9/1(土) 「女木島名画座上映会」開催

キャンセル待ちも出た人気企画!映画×ディナー×夜景

【女木島名画座上映会】 ★案内人:北川フラム氏


photo Shintaro Miyawaki


瀬戸内国際芸術祭作品での上映会とイベント限定の特別ディナーを楽しみませんか?

今回の映画は四国遍路の旅に出た少女の姿を、ロードムービー風に綴った作品、『旅の重さ』。瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクター北川フラムがご案内します。まネオン管を使った大竹伸朗の作品「女根」も特別に夜間鑑賞頂けます。

 

日  時|2018年91() 17:0020:35

場  所|女木島 [046ISLAND THEATRE MEGI「女木島名画座」

料  金|8,000 円(食事代、往復船代、アート作品鑑賞料込)※ドリンク代別

定  員|30

申  込|新日本ツーリスト()にて発売中 087-823-5678  

https://www.kotobus-tour.jp/tour/s/s299.html

<行程>

【行き】高松港15:40集合 高松港16:00雌雄島海運「めおん号」女木島(鬼が島)16:20

【帰り】20:15女木島発→20:35高松港着(チャータ-船)

<タイムスケジュール

        16:50 開場

          北川フラム総合ディレクターによる案内・解説

17:10 上映会「旅の重さ」(90分間)

18:50 「女根/めこん」ナイトプログラム鑑賞

19:00 ディナー@レストランイアラ女木島

20:15 女木島発(チャーター船)



<上映作品>
『旅の重さ』(カラー、90分)(1972年公開) 監督:斎藤耕一 原作:素九鬼子 脚本:石森史郎 音楽:よしだたくろう 出演:高橋洋子、高橋悦史、岸田今日子、三國連太郎 ほか 配給:松竹株式会社 ロケ地:四国
 
概要:

四国遍路の旅に出た少女の姿を、ロードムービー風に綴る。山間や田園風景の中をひたむきに歩き、海を目の前に生まれたままの姿になるヒロインの姿をとらえた映像は流麗で美しい。撮影は坂本典隆。少女の軌跡をなぞる主題歌は、吉田拓郎の「今日までそして明日から」フォトジェニックな映像と融合することで、忘れえぬ瑞々しさを獲得した。
 
あらすじ

16歳の少女は家と学校にうんざりし家を出る。様々な人々に出会いながら、四国を巡礼する。足摺岬の近くでは、旅芸人一座と出会い一緒に過ごす。少女にとっては初めて知る人生経験豊かな顔ぶれ。10日足らず一緒に過ごしたのち、再び旅を続ける少女は、風邪をこじらせ路傍に倒れる。少女を助けたのは魚の行商人、木村であった。二人は奇妙な新婚生活を始め、少女は行商に出るようになる。 


<料理人>

松内 日出男

知る人ぞ知る、女木島の隠れ家的お店「鬼旬(きしゅん)」を経営。女木島出身。

大阪の料亭で腕をふるっていたが、日本一の魚の宝庫、瀬戸内海の旬の魚をおいしく食べてもらいたいと、島に帰って「鬼旬」を開店。採れたての旬の食材を味わえる創作和食のお店として人気。

 

<案内人>

北川フラム:「瀬戸内国際芸術祭」総合ディレクター。

地域づくりの実践として、「ファーレ立川アート計画」(1994/日本都市計画学

会計画設計賞他受賞)、2000年にスタートした「大地の芸術祭 越後妻有アート

トリエンナーレ」(第7回オーライ!ニッポン大賞グランプリ〔内閣総理大臣賞〕他

受賞)、「水都大阪」(2009)、「にいがた水と土の芸術祭2009」

「瀬戸内国際芸術祭2010、2013、2016」(海洋立国推進功労者表彰受賞)等。

2007年度国際交流奨励賞・文化芸術交流賞受賞。2010年香川県文化功労賞受賞。

2018年朝日賞受賞

 

 

<主   催>瀬戸内国際芸術祭実行委員会

<お問合せ>瀬戸内こえびネットワーク 087-813-1741 (9:00-18:00)


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ