HOME › 運営団体

運営団体

特定非営利活動法人瀬戸内こえびネットワークは、瀬戸内国際芸術祭のボランティアサポーター「こえび隊」の事務局機能を担い、芸術祭はじめART SETOUCHI全般を支えるために活動するとともに、島間やそれを取り巻くサポーターネットワーク、行政、民間機関などの媒介者として機能することを目的としています。

具体的な活動内容

  • 瀬戸内国際芸術祭ボランティアサポーターこえび隊運営事業
  • ART SETOUCHI作品管理・運営に関する事業
  • ART SETOUCHIイベントの企画・運営に関する事業
  • 島行事への積極的な参加等の島との相互連携活動事業
  • レストラン(島キッチンなど)運営及び物販事業
  • ガイド事業
  • 他地域とのネットワーク構築及び本法人の質的向上を目指す事業

団体概要

名称 特定非営利活動法人瀬戸内こえびネットワーク
本部 香川県高松市サンポート1番1号
電話 087-813-1741
FAX 087-813-1742
設立 2012年2月23日
役員 代表理事 北川フラム
理事 金代健次郎、三井文博、藤平佳史、大垣里花、藤井彩子
監事 福岡修
顧問 真鍋武紀
職員 9名(2014年9月現在)

沿革

2009年10月
瀬戸内国際芸術祭ボランティアサポーター こえび隊 発足
2010年7月~10月
瀬戸内国際芸術祭2010 開催
2010年12月
任意団体瀬戸内こえびネットワーク 設立
2012年2月
特定非営利活動法人瀬戸内こえびネットワーク 設立
2013年3月~11月
瀬戸内国際芸術祭2013 開催

定款

NPO法人瀬戸内こえびネットワーク定款

設立趣意書

はるか二万年前。半島から、南の海から、イヴの子孫たちは親潮と黒潮がぶつかり大陸の季節風が吹く土と水の豊かな極東の列島に渡ってきました。以来、滋養の多い半ば閉ざされた瀬戸内海は、古くは難波津への水路として、また歴史を彩る源平合戦の舞台として、北前船の寄港地として、いわば列島のコブクロとして存在してきました。

植物の種を携えて、この内海を駆け島に登った先人達、さらに空海や、万葉集に登場する防守や歌人、遣唐使、崇徳上皇、藤原純友ら水軍たち、海を経巡る平家の将士、時代を下って、朝鮮通信使や高田屋嘉兵衛らなど、歴史の表層に登場する多くの人々は、豊饒の海とそこを元気に往き来する海人に支えられてきました。そして1920年代の大大阪を支えた九州、沖縄、アジアからの人々との交流。この列島は、瀬戸の海を孵化器として呼吸しているようでした。

明治にやってきた外国人が、世界一の美しさと驚いた瀬戸内海は、国立公園の第一号として、その美しさを誇っています。しかし、近代になって人々は海の豊かさ、自在さ、冒険を内に含む先史以来人々が持っていた畏れや感謝の念を忘却して、その結果、高度経済成長期には、恐ろしいほどの建築物のために海砂利は根こそぎ採取され、ただの航路になり、島は船や人々の希望の灯りとしての位置を失い、その閉鎖領域としての機能としてだけで扱われ、亜硫酸ガスによる裸の島、産業廃棄物の捨て場、ハンセン氏病隔離の療養所として使われるようになってきました。島々を襲う過疎高齢化、島間航路の廃止など、海は瀕死の呼吸にあえぎ、島は孤独のなかに佇んでいるかに見えます。

海の復権を掲げた2010年の「瀬戸内国際芸術祭」は、アートがもつ場の発見力、相互交換性、協働性、発信力を活かした「ART SETOUCHI」を体現したイベントでした。ここに結集し協働したアーティスト、島の人々、サポーターである「こえび隊」の活動を、芸術祭の時期だけではなく、恒常的に深め、拡げ、かつ淡々とやっていこうと、「瀬戸内こえびネットワーク」が立ち上がり、活動してきました。そして、さらにこのネットワークを基盤とし、将来の展望を見据え、恒常的に国際芸術祭を支え、地域の資源を活かし、他地域と繋がる事により、この地に明るい元気を生み出すべく「NPO法人瀬戸内こえびネットワーク」を設立します。

その活動の中心は、現在あるアート作品の管理・運営・案内、島民の手伝い、島間交流、瀬戸内の歴史・民俗・生活の学習、地域固有の文化を地域活性化の基底にして活動している他地域との交流を、海と向かい合い、楽しみながらやっていくことです。

世界はつながっています。世界の各地から、日本のいたるところから、この芸術祭を楽しむために多くの人が来られたばかりでなく、手伝いに参加しました。その期待を受けとめたいと思うのです。爺ちゃま、婆ちゃまの笑顔を見たい。五感を開放し、働き、遊び、楽しみながら、こえび隊は開かれていきたいと思うのです。

北川フラム

年次報告

平成24年度総会資料

平成25年度総会資料

主なメディア掲載(2014年6月30日現在)

媒体

  • ビジネス香川連載 2010年3月~9月全14回 「おしえて!早わかり芸術祭」
  • 共同通信 2013年1月1日掲載 『産廃イメージ芸術に転換』香川・豊島
  • 読売新聞 2013年1月8日掲載 瀬戸の細道 芸術祭の島を訪ねて6 『市民の支えが元気印』
  • 朝日新聞 2013年4月16日掲載 『縁の下4000人 豊かな瀬戸内』ボランティアこえび隊
  • AERA 2013年4月22日号掲載  進化する瀬戸内国際芸術祭『海をわたってアートに出会う』
  • 朝日新聞 2013年7月12日掲載 『アートな旅 島っしょ!』女子組オススメ「セトゲイ」巡り
  • 朝日新聞 2013年8月13日掲載 『僕が案内 島っす!』「セトゲイ」でボランティア 香川・豊島
  • 朝日新聞 2013年11月25日掲載 社説 過去と観光『セトゲイの成功に学ぶ』
  • 日本経済新聞 2013年12月5日掲載 回顧2013美術『来場者増へ発信力磨く』
  • 日経ビジネス 2014年1月6日発行掲載 『THE 100 2014 日本の主役』
  • 日本経済新聞 2014年5月11日掲載『ゴミ出さず 島の味』産廃…思い込めたレストラン 香川県・豊島

放送

  • JFN 2010年4月10日 「YAJIKITA ON THE RORD 」 『香川小豆島・自然のアートの旅』
  • FM東京 2010年7月12日 Honda Smile Mission
  • NHKラジオ第一 2012年11月 ふるさと元気力

受賞歴

アクセス

〒760-0019高松市サンポート1番1号 高松港旅客ターミナルビル6F

  • 高松駅から徒歩3分
  • 高松港から徒歩3分
  • 高松空港から空港シャトルバスで約60分
島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ