HOME › 活動ブログ › 豊島

2010/05/01
塩田千春さんの作品で使用する建具の運搬!

今日は塩田千春さんの作品で使う建具を直島から豊島へ運搬する作業です。
塩田さんの作品で使用する建具はなんと木製!
直島の三菱マテリアルの古い従業員宿舎(もしかしたら戦前の建物だったかも)が取り壊しになる際に出た木製の建具をご提供いただきました。
藤原建設の松田さんのご好意でトラックもお貸しいただいて運搬します!



積めるだけ積んで、紐でしっかり固定します!

ガラスが入っている建具もあり、かなりの重量に。
何方向にも紐掛けして安全第一!



積み込みが終了したらフェリーの時間まで小休止。
お昼を食べに港近くの食堂に行きました。
なんとそこには伝説の「007『赤い刺青の男』記念館」が!
ここは007の小説『赤い刺青の男』に直島が登場したことを記念して造られたショールームなのです。

こんな楽しいパネルあり。



今回の活動の特徴は直島から豊島への移動です。
宇野を経由しての運搬となります!
直島から宇野港経由で豊島に移動します。



ここが作品となる公民館あとです。雰囲気がありますねー。



がっつり積んできた建具を講堂に搬入します!
ガラスが入っているものはけっこう重いです...



公民館近くでいちご農家をされている藤崎さんです。
ハウスの中に入ると甘い香りが!
おいしいいちごをいただきました!ありがとうございました。



この後直島へトラックを返却しに帰り、高松へ戻ります。
豊島発宇野港経由で直島へ。
なんと今日一日で3時間以上フェリーに乗っています!
天気のいい瀬戸内海をのんびりクルーズの一日でした。



文+写真:こえび隊 高


Posted by koebi at 15:36  パーマリンク

2010/04/29
豊島で棚田の草刈り活動!

4/24に豊島の棚田の草刈り活動に参加しました!
この日は本当に気持ちのよい快晴!
会場となった豊島の唐櫃の棚田からは、遠くまで澄み渡った空や、岡山方面の山々、そして海を滑っていく船が沢山見えます。



今回は地元の水利組合の方々、直島福武美術館財団のスタッフの方、そしてこえび隊の総勢50名以上で行いました!
参加者全員、長靴に履き替え麦わら帽子をかぶって、さあ開始!



地元の方が、次々と草刈り機でのびのびと育った雑草をなぎ倒して刈っていきます。
その後ろを若者達がぞろぞろと追いかけ、刈られた草をくまでやほうきで集めて、一輪車に積み、畑に捨てていきます。



それにしても、凄い量の草です!刈っても刈っても、運んでも運んでも尽きません!参加者全員で協力して、草を集める人、運ぶ人、刈り残った草を鎌で刈る人、と自主的に分かれていきます!


しばらくがんばったので、ちょっと休憩。
絶景の瀬戸内海を眼下に、疲れも一気に吹き飛びます!それにしても気持ちのよい日です!



なんとか午前中で作業が終わり、さあ次はお昼です!
地元のお母さん方が作って下さった美味し〜いカレーを頂きました!
みんな、カレーの良い匂いでニコニコ!



トッピングはゆで卵と豊島で採れたいんげんとお漬け物。
みんなお腹ぺこぺこだったので、おかわりする人が続出!!




本当に美味しかったです!お母さん方ありがとうございました!


帰りはきれいに長靴をそろえて、帰りました!
皆様、お疲れさまでした!



文+写真:こえび隊 甘利


Posted by koebi at 16:39  パーマリンク

2010/04/21
豊島 トビアスとスーの作品展示場所の空家掃除は大変!

豊島 空家掃除をしました!

4月17日(土)、18日(日)
前日までの寒さと、降り続いた雨はどこへやら。
気温も回復して晴天に恵まれ、気持ちのいいお掃除日和。
きっと、こえびさんに晴れの人が多いんでしょう。



高松港から豊島までは、こんな高速艇で渡ります。



小型でスピードも速く、なかなかアドベンチャーな感じの船です。途中、見慣れた女木島、男木島のすぐ横を通り、30分ほどで豊島港に到着。
豊島の作業は、高松のほかに宇野、土庄から直接来るこえびさんと現地合流することになっていて
先に着いた高松チームは、17日メインのトビアスさんの空き家へ向かいます。



今日1日で、建具類や古い配線、水周り設備などの撤去、荷物の運び出しなどを行います。



運び出した荷物は、別の集落にトラックで運んで移動します。




お昼は、たまたま満開になっていた桜を見ながらランチタイム。
よく体を動かしたので、ゴハンがおいしい!

午後も何度か往復して、荷物を運びました。

18日は、前日よりもたくさんのこえびさんが集まり、トビアスさんチームとスーさんチーム、二手に分かれて同時に作業を進行します。
トビアスさんチームは先日に引き続き、天井や余分な柱などの撤去作業。



スーさんチームは、大量にあるゴミの仕分けから始まります。



まずは、燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみなどに分類したり



家電製品、建具、家具などは別の場所に運べるようにひたすら分別を行います。



途中、再利用する食器を洗うチームにさらに分かれて同時進行で作業が進みます。このほかにも、裏の庭に大量にあるごみの山をひたすら運び分別分別・・・さすが人数が多いだけあって、みるみるゴミの山が小さくなっていきます。

フェリーの時間ぎりぎりまで、1日かけてほとんどのゴミを処理することができました!



4月17日(土)、18日(日)参加のみなさん、お疲れさまでした。


文+写真 こえび隊 小野


Posted by koebi at 09:02  パーマリンク

2010/03/16
豊島 続・作品展示場所の天井の解体と空家掃除!

3月13日(土)、14日(日)、今週も豊島での作業は続きます。

13日もなぜか雨。5名のこえび隊が高松から、3名が岡山からの参加です。
作業場所は豊島の甲生という集落で 塩田千春さんの作品を展示する建物の天井の解体作業の続きです。

ひたすら、くぎを抜く作業が続きます。



島の方が何人か駆けつけて下さり、色々話をして下さいました。奥さんが作ったドーナツを差し入れして下さったり、木屑を持っていってくれたりもしました!みなさん、ありがとうございました!



途中何回か休憩し、みんなで色々な話をしました。おやつのチョコレートが大人気!あっという間になくなってしまいました。そして、作業は続きます...。



14日は朝から待ちに待ったに快晴!
こえび隊のやる気も一段と高まります!
この日は10名と大人数だったので2チームに分かれて作業しました。

こちらは、引き続きのくぎ抜き作業チーム。




こちらは、アーティストが滞在する空家のお掃除チームです。3年間空家だったので、ほこりや汚れがすごい!それを徹底的に掃く!拭く!トイレから台所、お風呂までみんなで手分けしてピカピカにしていきます!



ラジカセがあったので、ラジオを聞きながら作業をしました。結構はかどります。



近所の方が来て下さって、お布団干しを手伝って下さいました。とってもよいお天気のおかげで沢山布団を干しました。



午前中のうちに、ほぼ空家掃除は完了!さあ、お昼ご飯です。
本日も豊島のおかあさん方お手製のお弁当!
すっきりきれいになったお部屋で全員で食べました。
海からの暖かい風もとっても気持ちよく、会話も弾み笑いが絶えません。



午後も、2つのグループに分かれて作業の続きです。
空家掃除チームは台所にあった食器を全て洗いました。
アーティストの方々がなるべく快適に滞在できる様にみんなでがんばりました。



そして作業は終了。
集会所もこんなにきれいに片付きました。



帰りに時間があったので、みんなで檀山へ。絶景の瀬戸内海の風景に感動しました。



4日間の作業にご参加頂いたこえび隊のみなさん!
大変ご苦労さまでした!


文+写真 こえび隊 甘利


Posted by koebi at 09:59  パーマリンク

2010/03/08
豊島 作品展示場所の天井の解体!

3月6日(土)、7日(日)は小雨の降るどんよりした週末でしたが、こえび隊は元気に空家掃除に行きました!

朝7:40発 豊島・家浦行の船に乗ります。
作業場所は豊島の甲生という集落。
そこの元集会所の様な建物の天井の解体作業を行いました。
ここはドイツ在住のアーティスト 塩田千春さんの作品を展示する場所です。

ピンクの外見の建物は吹きさらしで、所々非常に痛んでいる場所もあります。
脚立を使って講堂の様な場所の天井の板を一枚一枚外していきます。



その天井板をまとめていきます。
破片もあるので、すごいホコリです。マスクと手袋、頭のタオルは必須!



午前中の一休憩。自治会長さんとお話しながら、ござの上でくつろぎます。



お昼は地元のお母さんの手作り弁当!ご飯が温かい〜!
こえび隊のみなさん、食らいついています!
お茶やオレンジ、お漬け物も頂き、さらに!近くのイチゴ農家の方にも美味しいイチゴをお裾分け頂きました!




そして、午後は再び作業。
天井の枠組みを外して、そこに無数についている釘を抜いていきます。
これが意外と大変。。。



2日目も同じ作業。
ひたすら天井の木を切って、釘を抜きます。



ほぼ天井裏が見えてきました!



また、来週も同じ作業があります〜!
参加する、こえびさん達!がんばりましょう!



文+写真 こえび隊 甘利


Posted by koebi at 17:34  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ