HOME › 活動ブログ › 高見島 › 【高見島】10/13(日)「探検!発見!高見島!」が開催されました!

10月13日(日)に「探検!発見!高見島!」というイベントを開催しました。
このイベントではまず、高見島応援団さざえ隊代表の西山市朗さんのガイドによる島内散策を楽しみます。


島を歩きながら、高見島の民俗や文化などについてたくさんのお話しを聞かせてくれました。
急な階段の坂では「かつて幕府からオランダに留学生として派遣された山下岩吉さんの生家のがあるので、オランダ坂と呼んでいる」と、西山さん独自のお話もありました。


続いて、アート作品の鑑賞です。
瀬戸内国際芸術祭の作品「うつりかわりの家」、「時のふる家」をアーティストの中島伽椰子さんの解説で鑑賞しました。作品の解説だけでなく、制作時のお話などを聞きながらの鑑賞は贅沢な時間でした!


内田晴之先生からは京都精華大学のこれまでの高見島での活動のお話や、来年の芸術祭に向けてのプロジェクトについてお話しを聞かせてもらいました!


お昼は多度津のわっぱ会さんによるオリジナル弁当です!
多度津産オリーブ入ったちらし寿司や、オリーブ牛のステーキなど、大満足!


さざえ隊のお母さんたちもお味噌汁や、天ぷらを作ってくれて、参加者の人たちをおもてなししてくれました!

ガイドの西山さんから人口が20人を切ったとお話がありましたが、過疎の進む高見島ですが、さざえ隊や京都精華大学のみなさんの活動によって島が支えられているのだなと感じることのできる一日でした。
来年の芸術祭では高見島にどんな変化があるか楽しみです!


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ