HOME › 活動ブログ › 高見島 › 【高見島】MuDA衝突運動ワークショップ!

投稿日:2015/09/25 カテゴリー: タグ:

【高見島】MuDA衝突運動ワークショップ!

絶好の秋晴れ!シルバーフィークもピークの9/22(火)、高見島でART SETOUCHI秋イベントが開催されました。今回やってきたのはMuDA(ムーダ)という京都を中心に国内外で活躍しているパフォーマンス集団。筋肉が凄い男子6人組です!

多度津港から9時の定期船に乗って一路、高見島へ。
すでに桟橋から人がたくさん!こえび隊もやる気満です!

高見島には6時便で前入りしていたMuDAのメンバーがお出迎えしてくれました。
関係者みんなでまずは打ち合わせ。


さあ、いよいよ準備です!
旧高見小中学校に戻ると、、、
おお、何か黒い物体が校庭に現れましたよ!
一体なんでしょう。
こえび隊は、教室をお掃除したり、看板を設置したり、海岸清掃に行ったりと準備を進めます。


午後2時便で多度津港からワークショップに参加する方々がやってきます。
たくさんの参加者が来てくれました!
こえび隊が先頭で小中学校まで誘導します。


さあ、3時になりました。いよいよ本番です。

MuDAのメンバーがやってきて、校庭の朝礼台で選手宣誓。
おもむろに黒いTシャツを脱ぎ「こい!」とばかりに体を差し出すメンバー。
参加者は筆に黒いインクを浸し、じゃんじゃん裸体に描いていきます。
体が真っ黒になるぐらいどんどん描いていきます。丸尾多度津町長も描いていきます。




脇の下や額まで真っ黒になったところで、黒い球体を担いで、全員で浜辺へ移動。
いや〜ダイナミックな展開です。


瀬戸内の海と志々島や淡島を背景にした絶景の浜辺で、MuDAのパフォーマンスを鑑賞。
凄い迫力に、鑑賞者も引き込まれていきます。


その後「じゃあ、みなさんもやってみましょうー!」というリーダーのクイックさんの呼びかけに、参加者も一抹の不安を抱えつつ、、体を動かしていきます。


地面とぶつかる。


地面にあらがう。


人間とぶつかる。


物体とぶつかる。


他のものとぶつかる時に勝つでもなく負けるでもなくお互い拮抗するのが大事だそう。
奥が深いですね〜。

最後にみんなで記念写真。
定員の2倍近くの参加者が集まり、秋のにぎやかでMuDAな1日となりました。





島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ