HOME › 活動ブログ › 高松港 › 【高 松】7/8(土) せとうちばなし〜第1話〜

投稿日:2017/07/11 カテゴリー: タグ:

【高 松】7/8(土) せとうちばなし〜第1話〜

2010年から開催してきた「こえびミーティング」が心機一転!
「せとうちばなし」として、瀬戸内や芸術祭にまつわる、より広い話題を、多くのみなさんで楽しめる会にしようと生まれ変わりました。

今夜は、第一話。
高松中央商店街・丸亀町にある「まちのシューレ963」で開催です。
リラックスした雰囲気の店内。フリードリンクや軽食もあり、満員御礼の会場は始まる前から賑やかです。


今夜のゲストは、NPO法人アーキペラゴの理事長三井文博さんと瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局(香川県職員)で働く増田敬一さんをお迎えしました。


2010年の第1回目の芸術祭から早7年。
今では、3年に1回の芸術祭やこえび隊の名前も地元に根付いて、気がつけば私達は気軽に島へ渡ることもできます。

でも以前は島へ渡る方法もわからなかったり、どこに何島があるかも知らなかったり。。

2004年ごろから芸術祭開催へ向けて尽力されてきたお2人の当時の話しから始まり、瀬戸内国際芸術祭の立ち上げにこぎつけるまでは長〜い歴史がありました。また「そもそも、なんで香川県で芸術祭?」という疑問を丁寧に紐解くようなお話しに、参加者もウンウン頷き、メモを取りながら熱心に聞いていました。


「ベネッセアートサイト直島」「香川県職員」「市民有志」がそれぞれで始めた活動が段々と絡まり合い、文字通り1つの大きな川となって瀬戸内国際芸術祭開催へ向かっていく過程は、現在、島に通って活動しているこえびさんにとって初めて聞くお話。大変刺激になったようでした。


初めて参加する方も多く、アンケートには芸術祭へ向けての個人個人の思いや活動が3回の芸術祭を経て今や日本を代表する国際芸術祭になっていることに、驚きと感動を持って聞いたという感想もありました。終了後、こえび隊に登録してくださる方も◎

1時間はあっという間。
それでもまだ2008年まで!
続きを聞きたい!と期待の声も♪

ゲストトークが終わっても活気で溢れた会場はフリートークの時間もさまざまな交流があり、あちこちのテーブルで盛り上がっていました。


せとうちばなし〜第2話〜は、宇野港uzで開催します。
写真家の青地大輔さんをゲストに、「写真」と「瀬戸内」にまつわるお話をします。
乞うご期待。

「せとうちばなし〜第2話〜」
日 時:2017年7月22日(土)18:00-20:00(開場17:30)
場 所comuni space 「uz」
ゲスト:青地大輔
写真家、ブルーワークス PHOTO & DESIGN Office 代表。
瀬戸内の風景を主にジャンルを問わない写真撮影及びデザイン業を営むとともに2004年より12年間瀬戸内の離島で人材の育成と発掘に取り組みながらアートプロジェクトなどを開催。
2009年 岡山芸術文化賞功労賞、2013年 福武文化奨励賞、岡山市文化奨励賞を受賞。
写真コンテストの審査員や写真教室なども行なっている。


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ