HOME › 活動ブログ › 沙弥島

2016/04/01
【坂 出】スナッフパペッツの作品制作のお手伝いにいってきました!

2015年の夏、ぼくは新潟の「大地の芸術祭」でのスナッフパペッツの公演にいきました。
とても大きな人形たちと、観客が一体となって作り上げる公演は、それまで経験したことない、とても楽しいものでした。
あのスナッフパペッツが瀬戸内に来ると知り、さっそく作品制作のお手伝いにいってきました!

作品制作は、スナッフパペッツのメンバー、上海からきたこえび隊、地元の方々、子供たちと協力しておこないます。
また、スナッフパペッツのメンバーとの意思疎通では、地元の通訳ボランティアの方々にお世話になりました。


作品制作のお手伝いの内容は、とても大きな人形つくりのお手伝いです。
人形の骨組みに、熱したボンドで布を貼り付ける作業は、けがをしないよう十分に注意して行いました。
布をボンドで貼り付けて、骨組みにしっかり固定して、余分な布を切っていきます。





コツをつかむまでが大変でしたが、だんだんとうまくなっていきました!

どんな人形ができあがるのか、またどんな公演になるのか、いまからとても楽しみです!



文・写真:こえび隊 白神基広


Posted by koebi2 at 10:43  パーマリンク

2016/03/27
【坂 出】スナッフパペッツ・ワークショップ上海こえび奮闘!


オーストラリアを拠点に世界各地でワークショップと公演のツアーを継続する巨大人形アーティスト集団、スナッフパペッツ。

今回、瀬戸内国際芸術祭春会期、沙弥島エリアの一環として、坂出市中央公民館(イオン坂出店3階)では地元の方や色んな地域から来られた人たちと、4月9日(土)の沙弥島での公演に向けて共同制作中です!



3月21日から始まったワークショップもこの日で5回目を迎えました。

1回目では、制作するキャラクターや劇のストーリーを練るために、地元の民謡、文化、歴史にまつわるアイデアを皆さんで出し合いましたよ。



また、スナッフパペッツが行うストレッチやゲームは体をほぐすと同時に、楽しく和やかな場を作り上げています。

回を重ねるごとに公演の構想が少しずつ見えてきて、今は実際に巨大人形を作り上げている真っ最中です!



さて今日は、ワークショップ初日からずっと参加してくれていた上海のこえび隊5人の活動最終日でした。

とても明るく積極的に参加してくれていた彼らがいなくなるのはとても寂しいですが、最後のスピーチでアーティストや地元の人たちとたくさん交流できて良かったと言ってくれました。

初めてこえび隊に参加した彼らですが、ほかの日本や海外のこえび隊と素敵な時間を過ごせたようです!



彼らの分まで、スナッフパペッツと一緒に素晴らしい公演を作り上げれるよう頑張っていきましょう!

ワークショップの参加者、まだまだ募集しています!

きっと楽しい経験になると思うので、ぜひ気軽にイオン坂出店の中央公民館に足を運んでみてください。



■これからのワークショップ・スケジュール

3月28日(月)9:00 ー17:00
3月29日(火)9:00 ー17:00
4月1日(金)9:00ー17:00
4月2日(土)9:00 ー 17:00
4月3日(日)9:00 ー17:00
4月4日(月)9:00 ー17:00
4月5日(火)9:00 ー17:00

>>お申し込み
http://www.koebi.jp/news/join1/entry-1483.html

■スナッフパペッツ沙弥島公演
日時:4月9日(土)17:00ー (開場16:30)
場所:沙弥島・ナカンダ浜
チケット:
一 般 前売1000円/当日1500円(パスポート提示で1300円)
小中高 前売・当日ともに800円

※4月16日(土)には本島にてショーイングを行う予定。

>>鑑賞チケットの購入方法などの詳細は瀬戸内国際芸術祭2016のHP
http://setouchi-artfest.jp)へhttp://setouchi-artfest.jp


Posted by koebi3 at 23:16  パーマリンク

2016/02/28
【沙弥島】2/28(日)かわいひろゆきさんのお手伝いに行ってきました

瀬戸内国際芸術祭2016春会期の舞台となる沙弥島でも作品制作が始まっています。
沙弥島は、かつて坂出港の沖合4kmに浮かぶ小島でした。今は埋め立てられ陸続きになっています。

今回は、旧沙弥小中学校で展開されるかわいひろゆきさんの作品制作のお手伝いです。
アーティストのかわいひろゆきさんは、約1年前から沙弥島に入り、地元の方とワークショップなどを通じて交流をしてきたそうです。

まずは、どんな作品に仕上がるのか、そして今日はどんな作業をするのか、アーティストさんから話してくれました。沙弥島は、神戸芸術工科大学がアートプロジェクトを展開していますが、かわいひろゆきさんもそのひとり。「三つの赤」をテーマに、かわいさんは坂出特産物の金時人参を取り入れた作品をつくるそうです。


今回は、前日に運び込まれたなんと14トンもの塩を袋から出す作業でした。
みてください、教室いっぱいに積み重なった袋たちを!!


1袋25kg、これが結構重くて重くて・・
男性のみなさんは軽々と・・



参加者も多く、作業はあっという間に終わりました。
「雪みたい!ここの教室だけマイナス5度の世界みたい!」と、こんなに山盛りになった塩を見る事は滅多にないのでみんな少々興奮気味でした。

最後にみんなで記念撮影。



Posted by koebi4 at 21:47  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ