HOME › 活動ブログ › 小豆島

2015/12/19
【小豆島】12/13こえび土建部、竹切出し作業に再登場!

過去2回の瀬戸内国際芸術祭で大人気だった王文志(ワン・ウェンチー)さんの作品が小豆島に帰ってきます。
その名も「オリーブの夢」!
これまでと同様に大量の竹を使うとのこと。
こえび土建部、今回は地元の中山集落の人たちと一緒に4000本の竹の切り出し作業に加わります。

小豆島に着いたら、ミーティング。本日の作業内容を確認です。


作業の流れは、まず竹の切出し。



6~12メートルの長さに揃えたら、枝の切り落とし。
最初はうまくいかなかったけど、だんだんと手際よく。


終わったら、トラックで積み出しやすいように、それぞれの長さごとに運び出し。


休憩の都度、みんなで作業内容を細かく打合せ。
午後は自然と作業が流れるように、手伝うことができるようになりました。


山を上がったり下りたり、竹を担いで運んだり、作業は大変でしたが、それゆえに、1月からの制作作業が楽しみです。
最後は差し入れの生姜湯でほっこりして、充実感たっぷりのこえび土建部だった白石隊長なのでした。


文・写真:白石隊長


Posted by koebi2 at 12:48  パーマリンク

2015/11/29
 【小豆島】11/22(日)「おおぬで村の収穫祭」お手伝いに行ってきました!

まだ薄暗い早朝、高松港に集合しました。
6:25に出発する土庄港行の始発フェリーに乗り込み、小豆島の大鐸(おおぬで)地区へ向かいます。
2012年から毎秋開催されている「おおぬで村の収穫祭」で地元婦人会の方たちが出品するお餅やおにぎりを作るお手伝いに、こえび隊も参加しました!


会場に着くと、すでに婦人会のお母さんたちがお餅を作っていました。
下準備を含めると前日から、当日も私たちが集合した時間と同じくらいの早朝から作業を始められたそうです。



この日私たちが任されたのは、おにぎりを作ることでした!
まずはお母さんにお手本を見せてもらい、みんなで覚えます。
中身は梅と昆布です。お昼頃まで、なんと約15升分のおにぎりをひたすら握りました。


新米だけあって、とっても美味しいおにぎりが出来上がりました!


お母さんたちが作っていた紅白のお餅もたくさん準備できました!
一息つく間もなく、来場されたお客さんにふるまわれる豚汁を作りに、大急ぎで取り掛かっていました。
手際よく慣れた手つきで、具材を煮込んでいきます。
その間に、販売されるテントの前にはすでに行列が!みなさん豚汁を楽しみに待たれていました♪
そして出品したおにぎりとお餅、ふるまわれた豚汁はすぐになくなって、大盛況で終わりました!




少し落ち着いたところで、私たちも会場を少し見て回りました。
収穫祭とあって、地元で採れたたくさんの野菜やみかん、お米などが並んでいました。


そしてお楽しみ♪来場者全員が参加できるビンゴ大会が始まりました!


なんと!こえび隊もみかんとたこ焼きが当たりましたよ!!嬉しい~☆



お待ちかねのお昼ご飯です!
ふるまわれた豚汁と、私たちも一生懸命作ったおにぎりをみんなで一緒にいただきました♪


みんなで食べると美味しいですね。にっこり笑顔になります。
お母さんたちに、豚汁を作るコツや嫁入り前の花嫁修業のお話や、いろいろ聞くことができました!
本当に楽しい活動となりました!また来年も参加したいです。


Posted by koebi4 at 07:51  パーマリンク

2015/05/21
【小豆島】5/9(土)わりご弁当作りのお手伝いに行ってきました!

緑の匂いを乗せたやさしい風の吹く小豆島。
今回は小豆島・肥土山音楽祭「風が吹いてきたよ」で販売されるお弁当作りのお手伝いに行ってきました!
地元のお母さんたちと一緒に“わりご弁当”を作ります。


“わりご弁当”とは、木製の専用容器に入ったお弁当で、小豆島で農村歌舞伎やお祭の際に作られる全国的にも珍しいスタイルのお弁当です。
お弁当の中に入っている具材の味付けから、全て手作りです!


お母さん手作りの具

台形の弁当箱に、まるで仕切りがあるかのように、整然とご飯やおかずを詰めていきます。



完成したわりご弁当はこちら!


お母さんたちの愛情たっぷりのわりご弁当。色とりどりで見た目もとーってもおいしそうです!!!

お弁当作りが終わった後は一緒に「風が吹いてきたよ」を見に行きました。


わりご弁当もおいしくいただきました!!


わりご弁当作り、音楽祭!とってもたのしいお手伝いとイベントでした。
またお母さんたちに会いに行きたいです!!


恒例の持ち投げもありました!


Posted by koebi4 at 15:30  パーマリンク

2014/12/01
【小豆島】11/23 肥土山の恵み堪能!秋の収穫祭!

小豆島の秋といえば紅葉!山一面が黄色や赤のじゅうたん、とてもきれいです。

そんな山のふもと、肥土山の大鐸(おおぬで)収穫祭がありました。
朝早くから婦人会のみなさんは、お客さんに喜んでもらうための準備です!私たちもお手伝いをしました。




つやつやしたおにぎり!中身は昆布のおにぎりと梅干しのおにぎりです。
もちろん具材も手作りです。お母さんの愛情を感じます。


さすが収穫祭、地元でとれたお野菜や果物たちがずらっと並んでいます。
どれも新鮮で大きい!おいしそう~。

お昼には、つきたてのおもちと豚汁が無料で振る舞われました。
ぺったんぺったん、大人も子どもも頑張ってつきます!



50人前くらい作れる大きな鍋で、お母さんたちが豚汁作ってくれます。
とってもおいしくって「おかわり!」と言いたくなりました。
豚汁のお味噌はお母さんたちの手作り。販売もしていたので、もちろんゲットです!!


「【小豆島】11/23 肥土山の恵み堪能!秋の収穫祭!」の続きを読む

Posted by koebi4 at 15:31  パーマリンク

2014/11/24
【小豆島】こえび土建部「小豆島の光」撤収作業に登場!

瀬戸内国際芸術祭2013が終わった後も継続展示されていた「小豆島の光」いよいよお別れの日が来ました。
かなり大きな作品を撤去するので、作業もハードワーク、準備物も多いです。


現場はこんな状況。重機が入って、取り壊しです。
島の紅葉を背景にちょっと悲しいね...




足元に気をつけながら、中に分け入り、竹材を引っ剥がし、さびてしまった番線を切り、バールで釘を抜き、バラバラにしていきます。



竹の廃材は、粉砕機まで運んで、最後はチップにします。
長いもので5m以上、かなり重いです。
ひたすら黙々と運ぶ…というより、ひきずってる状態(笑)


これで、また土に戻っていくんでしょうね。


撤収作業は大変な作業でしたが、それゆえに、製作時の苦労が身にしみて分かります。

今日は、小豆島でこえび土建部だった 白石隊長でした。


Posted by koebi2 at 12:34  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ