HOME › 活動ブログ

2018/12/06
【女木島】11/23(金・祝)鬼ヶ島探検ウォーキングのお手伝いにいきました

毎年この時期、鬼ヶ島探検ウォーキングが開催されます。
その名の通り、女木島をウォーキングするイベントで、島外からのお客さんがたくさん来ます。
今年は11/23(金・祝)勤労感謝の日、こえび隊もお手伝いに行ってきました!
このイベントの名物といえば、島のおかあさんたちが作る「鬼の力汁」です。
女木のお野菜がたっぷり入ったお味噌汁に、豚肉とお団子も入っている「鬼の力汁」。参加者のみなさんにふるまわれる大人気のお汁です!


さっそくお団子作り名人のおかあさんから、美味しい作り方を教わりながらたくさんのお団子を作りました。


粉と水を混ぜる作業は、なかなかの力仕事です。
「力持ちさん、頼むわぁ~」と、この仕事はこえび男子にお任せ!
その後はみんなで協力して丸めていきます。




大勢で作ると、あっという間に準備が整いました!
参加者の方は、島内ウォーキングの後に立ち寄って「鬼の力汁」を食べたり、マルシェでお買い物をしたりします。



島のお野菜・みかんの販売や、おしゃれなお菓子やコーヒーなどなど、楽しいお店がたくさん出店されていました。



港ではこえび隊が青鬼くんに扮してお出迎えをしました!
近くには漁師さんが船から魚の直売をしていて盛況でした。
毎年恒例の探検ウォーキング、来年はどんなイベントになるか今から楽しみです!


Posted by koebi4 at 18:13  パーマリンク

2018/12/06
【小豆島】11/25(日) 瀬戸内海タートル・フルマラソンのお手伝いに行ってきました!

毎年11月最終日曜日は小豆島で「瀬戸内海タートル・フルマラソン」が開催されます。


今年もこえび隊はランナーのみなさんを応援するために、応援に行ってきました!


ランナーのみなさんがゴールされたら、記念のオリジナルタオルやドリンクをお渡しするお手伝いです。


そして、小豆島のマスコット「オリーブしまちゃん」のお手伝いもしました!


Posted by koebi3 at 13:14  パーマリンク

2018/12/01
【大 島】11/23(金・祝)-24(土) 大島のマップづくりワークショップ開催!

高校生を対象にしたワークショップを大島で開催しました。
これまでの瀬戸内国際芸術祭の成果を活かし、アートを切り口とした交流の促進をするため、2016年から高松市主催で開催しています。
今回のワークショップは、参加者のみなさんの視点で大島の魅力を見つけてもらい、それらの素材をもとに大島のマップを作ります。


ワークショップの講師は、ファシリテーターの谷益美さん、グラフィックレコーダーの和波里翠さん。そして大島のマップをデザインする大池翼さん。
谷さんが進行をしながら、和波さんが2日間の様子をイラストとテキストでうまくまとめてくれます。
自己紹介もこんな感じにまとまりました!
開始早々、どんなワークショップになるのか楽しみな予感!


まずは、参加者のみなさんに大島のことを知ってもらうため島内巡りです。
要所を巡ったあとは、気になった場所やモノを撮影してもらいました。
撮影が終わるとみんなで共有タイム。
どうしてその写真を撮影したのか、どう感じたのか、一人一人違う視点や意見をしっかり持って発表していました。


入所者さんに昔の写真を見ながらお話ワークショップが次の日にあるためその準備をしました。
気になった写真を選び、どんなことを入所者さんに質問しようか考えました。



次の日の朝6時半頃。
外へ出てみると西の浜から見える月と東の浜から見える太陽がとても美しかったです。参加者のみんなもカメラに収めていました。泊まらないと分からない、大島から見える瀬戸内の風景をまた見つけることができました。



そして、入所者自治会の森さんと野村さんに来ていただきました。
昔の写真を見ながら当時の生活の様子を聞いたり、入所したときのこと、病気に対する考え、芸術祭のこと、これからの青松園のことなどいろいろなお話を目の前にいる高校生たちに向けて、語り継いでいくつもりでお話をされていました。



午後は、入所者さんから聞いたお話のまとめと、2日間の感想をみんなで共有しました。
今回のワークショップはこれまでにない内容で、参加していた高校生たちとも大島のことをじっくりと話すことができました。
また、みんなが見つけた大島は、私たちにとっても新しい大島を発見することができた2日間でした。




グラレコを見ると今回のワークショップの全貌も明らかになるので、こちらもご覧ください。


Posted by koebi2 at 16:09  パーマリンク

2018/11/27
【玉野市】11/24(土)災害復旧作業のお手伝いに行きました

今年の7月に、玉野市の西日本豪雨災害で被災されたお宅に復旧作業のお手伝いに伺ったこえび隊。今回も社会福祉協議会の呼びかけで集まりました。
今回の活動は、前回と同じお宅の裏に流れ込んだ、土砂や瓦礫を運び出す作業です。
玉野市内の復旧作業が必要なお家は、残すところこちら一軒になったとのこと。
重機や車がまったく入れないので、なかなか作業が進まないそうです。


土砂や瓦礫は、家屋の二階屋根に達していて、完全に窓をふさいでいました。
「少しでも早く、お家の中に風が通るようにしてあげたい」と話す防災士の方の言葉が印象的でした。
この日は、玉野市の高校生がたくさん参加され、とても頼もしかったです。
地元の有志の方、遠方から参加される方、はるばる九州から来てくれたこえびさんもいました!
実際に現場で活動してお話しを伺っていると、まだまだ人の力が必要なのだと感じました。


一日の作業で、二階の軒下が見えるくらいまで土砂・瓦礫を運び出すことができました。
この日、2tトラック2杯半の土砂・瓦礫が出たそうです!
それは全部、人の力でかき出し、運んだものです。
西日本豪雨災害から4カ月が経ちました。
これからも継続的に、少しでもできることをしていきたいと思います。


Posted by koebi4 at 16:23  パーマリンク

2018/11/23
【女木島】11/17(土)女木島名画座上映会がありました

一年に3回女木島で開催されているイベント、女木島名画座上映会が11/17(土)に行われました。心配していた天気、当日は晴れ!寒さもあまり感じない過ごしやすい日になりました。


港に到着するとこえび隊のガイドのもと、女木島のことや瀬戸内国際芸術祭の作品についてお話ししながら会場まで歩いて移動しました。


会場は依田洋一朗さんの作品、ISLAND THEATRE MEGI「女木島名画座」。
到着後、館内の作品を鑑賞し、北川フラムディレクターの映画解説を聞きます。
今回の上映作品は、今年生誕100周年を迎えるスウェーデンの監督イングマール・ベルイマン(Ingmar Bergman,1918年-2007年)の「仮面/ペルソナ」。
失語症に陥ったスター女優と、彼女を看病することになった看護婦のお話。
監督のイングマール・ベルイマンは、映画史に残る数多くの名作を発表した、スウェーデンを代表する世界的な映画監督です。


上映会後は、大竹伸朗さんの作品「女根」に移動して、夜の特別ナイトプログラムを鑑賞。ネオン管をたくさん使った作品なので、本当にかっこいいです!


そして今回のディナーは、食をテーマにした作品を作る現代美術家 EAT&ART TAROさんによる、この日だけのスペシャルメニュー!


前日には女木島に来たTAROさん。島のおかあさんの畑にお邪魔して、お野菜を一緒に収穫しました。もちろん、今回の料理でたくさん使わせてもらいましたよ。


スウェーデン出身の監督の作品、ということで、北欧に因んだお料理が並びました。


北欧で一般的によく食べられるパンを使ったオープンサンドをメインに、秋を感じる2種類のスープ、デザートでレアチーズケーキとキウイのコンフィ。
見た目もとってもキレイで、いろいろなパンをいろいろな食材で食べられ、みなさん笑顔で女木島をあとにされました。
今年の上映会は今回で無事に終了、次回は来年になります。
詳細は改めてお知らせしますので、この機会にお気軽にお越しくださいね。


Posted by koebi4 at 19:24  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ