HOME › 活動ブログ › 大島 › 【大 島】12/7(金) もちつき会を開催しました

投稿日:2018/12/16 カテゴリー: タグ:

【大 島】12/7(金) もちつき会を開催しました

12月7日金曜日、大島で毎年恒例の餅つき会が開催されました。
餅つき会では入所者のみなさんに餅つきのライブパフォーマンスをご覧いただき、つきたてのお餅をその場でふるまいます。


大島へ到着すると午前中は餅つき会の準備です。会場となる大島会館に入所者の皆さんをお迎えできるよう椅子やテーブルをセッティング、カフェシヨルから調理器具やお米を蒸すセイロを運んだり、お餅に餡子を包みやすくするために丸めたり、大量に使うお湯を沸かし続けたり、さつまいもを刻んだりと、こえび隊メンバー8人で手分けをして行いました。(お米とさつまいもを一緒に蒸してつくと喉越し滑らかな、つるんとした食感に仕上がります)

午後になると続々と入所者の皆さんが大島会館へ移動して来られました。


準備が整い、程よくお米も蒸しあがったところで職員さんとこえび隊など有志の方々で「よいしょー!よいしょー!」の掛け声とともに餅つき開始です!


お餅は白餅、餡子餅、よもぎ餅の3種類をつくりました。会場では、餡子、きな粉、砂糖、醤油を用意し、お好みのトッピングで皆さんに召し上がって頂きました。皆さん「美味しい」「美味しい」と昼食後にもかかわらず沢山召し上がって下さいました。


入所者自治会副会長の野村さんが「昔はこの石臼を5つほど並べて真夜中からつきよったんよ」とお話しされていました。


もちつき会の会場には田島征三さん、そして次回の瀬戸内国際芸術祭に大島で作品展示をされる鴻池朋子さんもいらっしゃいました。
せっかくの機会なので、お二人からご挨拶をいただき、鴻池さんは自身が行っているプロジェクト「物語るテーブルランナー」を会場内に展示しました。


展示されていた鴻池さんの作品を入所者のみなさん、職員さんもじっくりと鑑賞されていました。


よもぎ餅のよもぎは、大島で採ったよもぎです


餅つき会がお開きになり片付けも終わった後、こえび隊はもうひと仕事。パック詰めしておいた、お餅を一年間のお礼を兼ねて園内の皆さんに配りました。

皆さまが良いお年をお迎え下さいますように。

文:中島久美子(こえび隊)


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ