HOME › 活動ブログ › 大島 › 【大 島】6/1(金) ジオラマプロジェクト-制作⑥-

投稿日:2018/06/05 カテゴリー: タグ:

【大 島】6/1(金) ジオラマプロジェクト-制作⑥-

現在、大島では昭和30年代のジオラマを制作中です。
5月はジオラマ制作強化月間!
北側と南側の山、西側の浜と海はプラスタークロスが既に貼り終わっていたので、陸地と東側の浜と海のプラスタークロス貼りから開始です。


強化月間なので、大島に泊まり夜まで黙々と集中作業。
ほとんどの場所にプラスタークロスを貼り終えたところで、一旦終了。
この平らな場所に、建物が設置されるんですよ。


真っ白なところに、地面、宅地、道、畑などの色を塗っていくと、どうでしょう!
だんだんと全貌が見えてきたように感じませんか〜?


ジオラマ監修担当の金代さんも参戦し、崖や浜などの作り込みです。



こちらは入所者の方が住んでいた建物を再現。
以前ワークショップで参加者のみなさんが組立てたものを金代さんが仕上げました。



電気も点灯できるようになっているんですよ!影まで!

作業中は、入所者の方をはじめ、施設見学の方や職員さんたちも覗きにきてくれます。この日は、入所者の森さんや脇林さんが来てくれました。
当時の植生、道、畑の位置などを細かく教えてくれました。目の前にジオラマがあると、入所者のみなさんも当時のことを説明しやすいんだ、と実感しました。聞いていた私たちもとっても分かりやすかったです。


強化月間のクライマックスは、みんなで海づくり。
20キロの木工用ボンドを瀬戸内の海に流し込んでいきます。
あとは乾くのを待つのみです。


こえび事務局では、コツコツと松づくり。
今回は葉っぱをつける作業をメインに行ないました。




ジオラマに松を植えていくとこんな感じになります。
さっそく、松の木の下で土を耕そうとしている人がいますね。

つづく・・


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ