HOME › 活動ブログ › 大島 › 【大 島】3/10(土) ジオラマプロジェクト-制作④-

投稿日:2018/04/12 カテゴリー: タグ:

【大 島】3/10(土) ジオラマプロジェクト-制作④-

今回のブログは、10日のジオラマ制作、11日の大島の開館日にガイドの活動に参加したこえび隊のメンバーにブログを書いてもらいました。

******************************************************

3/10、11と国立ハンセン病療養所大島青松園のある大島でのこえび活動に参加してきました。
冬の寒さも少し和らぎ、春の兆しが見え隠れする大島での活動を綴ります。



この日は、大島ジオラマ作りの活動です。
こえび隊総勢7名、それに高松市役所の職員さんにもお手伝いいただき、大島ジオラマには欠かせない松の木の制作を行いました。

ジオラマが150分の1サイズなので約5センチの松の木を針金と鉄道ジオラマの部材で作成していきます。


右側:白石制作監督

松の木の制作監督は、こえびのお父さんこと、こえび土木部隊長こと白石さんです。
なんでも、白石さんプラモデルが趣味とのことで、並々ならぬ意気込みでこの日の活動に参加したそうです。


今回は人数が多かったこともあり、針金の曲げ、下地塗り、上塗り、松の葉っぱ付け、そして最終の検品と分担を行い流れ作業で行いました。




松作りに手馴れたこえび隊が指導役となり、どんどん松の木を量産していきます。


僕自身も針金の曲げや松の葉っぱ付を行いましたが、なかなか松の木に見えるような作品が出来上がりません。しかし、昼頃にはコツを掴み松っぽく作れるようになりました。



今回出来上がった松の木は約200本、ジオラマにはなんと約1000(!)本の松の木が必要なのでこの松の木作りはしばらく続きそうです。



みんなで、松をイメージしながら、大島をイメージしながらの楽しい活動となりました。
翌日の活動はこちら http://www.koebi.jp/blog/oshima/entry-2127.html

文:宮崎 佑貴


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ