HOME › 活動ブログ › 大島 › 【大 島】ジオラマプロジェクト-制作編①-

投稿日:2018/03/10 カテゴリー: タグ:

【大 島】ジオラマプロジェクト-制作編①-

1月下旬。

コンセプトが確定し、ジオラマの全体像も決まりました。
みなさんの生活の様子を伝えるため、人もジオラマに設置していきます。
その様子を伝えられる人の大きさ、ジオラマ全体の縮尺、展示室の大きさやどの位置に配置するかを考えた上で、ジオラマは6.2×2.4メートル、縮尺は150分の1サイズになりました。

まずは、ジオラマの基礎部分の制作に取りかかります。

大島の等高線が印刷された用紙(A2サイズ)を実際に制作する大きさに貼り合わせていきます。事務局の卓球台もフル活用。
とにかく大きいので、貼る作業も大変。




次は、等高線1本1本に蛍光ペンで色をわけてなぞります。
用紙だけでも想像以上の大きさのはずなんですが、この時点ではまだ全貌は見えず・・。



翌日、早速貼り合わせた巨大な用紙を持って、大島へ。
既に運んでおいたスタイロフォームを使って地形の切り出し作業です。

スタイロフォームの大きさに合わせて用紙を切り、
蛍光ペンでなぞった等高線の線に合わせて、スタイロフォームにも同じく線を入れます。



熱線カッターを使いながらスタイロフォームを切って重ねていくと、だんだんと地形が見えてきました。


この日は、監修担当の金代さんも登場。
入所者のみなさんが昭和30年代に住んでいた建物の模型を作って来ていたので、仮置きすると、なんだかそれらしくなってきました!




そして、大工さんたちの土台づくりも始まりました。



土台もとにかく大きい!!


切り出した地形を乗せると、ようやく全貌が見えました!


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ