HOME › 活動ブログ › 大島 › 【大 島】12/8(金)もちつき会を開催しました

投稿日:2017/12/11 カテゴリー: タグ:

【大 島】12/8(金)もちつき会を開催しました

2010年に始まったシヨルの前(旧シヨルは現在公園になっています)でのもちつき会。
今年はかたちを変えて、職員のみなさんの協力のもと、大島会館で盛大に行ないました。
もちつきは、この一年お世話になった大島のみなさんに毎年振る舞いをしているイベントです。


午前中は午後の本番に備えて、みんなで準備です。
さつまいもを切ったり(お餅を柔らかくするために入れています)、あんこを丸めたり、配布用のパッケージにのしをつけたりしました。

もち米を蒸し始めたら、餅つきの準備は万端。会場も仕上がっていました。


そして、いよいよもちつき。
まずは、会場で振る舞うおもちをついていきます。
お餅をついていると、入所者のみなさんも続々とやってきました!
お友達、ご夫婦、職員さんたちと一緒に来てくれ、用意していた席もあっという間にいっぱいに。

大島会館の入り口では、2臼目(白餅)、3臼目(大島のよもぎを入れたお餅)とついていきます。

つきたてのお餅を入所者の方にお渡しすると、みなさんの顔もほころんでいました。


やさしい美術プロジェクトの高橋先生と山川さんも来島していたので、こえび隊と交代しながら餅つきに参加してくれました。
青松園の職員さんたちも駆けつけてくれたり、庵治第二小学校の児童も!
みんな一体となってぺったんぺったんとついていきます。



入所者の野村さんもうずうずしていたのか、ついに杵を握り参戦!

みんな大盛り上がり!!

「よいしょ、よいしょ」という掛け声も自然に出ます。
入所者のみなさんも手を叩きながら楽しそうにそして懐かしそうに見つめていました。


もちを丸めていく作業も不安でしたが、職員さんたちが手慣れた様子で手伝ってくれました。

できあがった、つぶ餡入りの白餅とよもぎ餅は入所者のみなさんにパックに詰めてお届けしました。


翌日の土日はシヨルのオープンの日。
入所者のみなさんがシヨルに来るなり「お餅おいしかったよ」「朝ご飯に食べたよ」という声をたくさんいただきました。
早速写真をプリントアウトしてシヨルに持ってきてくれたのは、脇林さん(大島の公式カメラマン)。

今年の餅つきは、入所者のみなさんをはじめ職員さんやアーティストのみなさんと一緒に楽しむことができました。
また来年も入所者のみなさんの大好きな「もちつき会」を開催したいと思います!


おまけ:お正月用に大島神社のお餅も作りました!(今は冷凍中とのこと)


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ