HOME › 活動ブログ › 男木島 › 【男木島・高松・櫃石島】6/9(土)-10(日)切腹ピストルズ「瀬戸内御免」

6月9日土曜日、天気予報は曇り後雨。。どうなるかしらと気を揉みながら迎えた当日。
午前中は曇っていましたがお昼前からは晴れ間も見え、なんとも切腹日和。
男木島に上陸しながらの演奏。そのまま小中学校までの練り歩き。
かっこいいです。。。やっぱり。。かっこいいです。。。



今回の男木島は今までと趣向を変えてのぼり旗を作って一緒に練り歩こうと相成りました。参加者は思い思いの言葉や名前を入れてオリジナルのぼり旗を作成します。
こえび隊も一緒にのぼり旗作成のお手伝い。


写真:★坂口 祐

男木島の小中学生たちは前日に午後の授業の時間をもらって既に旗ができあがっています。子ども達も昨日作った旗を持って集まってくれました。
1時間ちょっとの時間でしたが約40本ののぼり旗が完成しました!
島内のみなさんも島外からの参加者もみんなでハイチーズ。


さて、これをもって豊玉姫神社までレッツ練り歩き!神社到着したらまた演奏。ドドン!
ハイ。わかってるけど、、かっこいいです。


やり切った!と思うのはまだ早い。その後は高松にとって返して丸亀町、南新町、トキワ街と練り歩き。音につられて人が集まってきます。お練りがはじまるとまるでハーメルンの笛吹き男についてくる子ども達のようにゾロゾロと老いも若きもウキウキついてくる。なんと不思議な現象でしょう。


そして天気予報では完全に雨だった10日日曜日。なんということでしょう!晴れないまでも曇り空で持ちこたえてくれています。今ここぞ!とばかりに櫃石島へ上陸です。
到着した時には櫃石島の皆さんが既に待っていてくれました。あいさつがわりに早速ドドンとひと暴れ。からのお練り。やっぱりみんなつられてそぞろ歩きます。


櫃石島では島のお母さん達がおいしいお弁当を作ってくれていました。
カサゴがまるまるはいったお味噌汁。うっ、うまい!



そんな切腹ピストルズ「瀬戸内御免」な二日間でした。

と。。。実は「瀬戸内御免」に先駆けて6月8日金曜日、「切腹ピストルズ」またの名を「江戸一番隊」の有志が土佐に上陸。三十番札所から三十三番札所まで歩き遍路に行ってきました。


総距離約24キロ、山を2回登りました!
最後の最後に雨に打たれましたが、それまでは霧雨程度で持ちこたえてくれました。


納経後にはすべてのお寺で奉納演奏させてもらいましたよ。
お寺で見る彼らもまた、普段と少し違ってとってもかっこいいです。


そして日曜日の午後には弘法大師のお膝元、善通寺で行われた大師市にも出没。
こちらでもハーメルン効果は絶大。お参りの後、お寺の中を練り歩いて五重塔までやってくる江戸一番隊にゾロゾロと引き寄せられるように人が集まってきます。
五重塔(ステージ前)のパフォーマンスに皆さん釘付け。


大師市の目玉、福投げにも参加し、餅は投げるわ、演奏するわ、八面六臂の大活躍な江戸一番隊でございました。


次回は秋に「瀬戸内御免」を計画中です。乞うご期待!


写真:★以外  石川 裕介


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ