HOME › 活動ブログ › 男木島

2016/11/14
【男木島】11/13(日)こえび隊男木島で泣く泣く撤収作業する!

男木島では、「昭和40年会男木学校」と「オルガン」の撤収作業でした。
昭和40年会は、今回、元旅館だったところを借り受けて作品展示していました。
今日は作家さんの展示物の後片付けと清掃です。

展示物は、大事なものですから、丁寧に梱包して、各地へ送り返し。


暗室にしていた有馬純寿さんの展示部屋の照明を外したり、元の部屋の状態に。



昭和40年会では、作家さんが1ヶ月間滞在制作を行ったり、多くのワークショップを開催しましたので、たくさんの画材や工具を使いました。
手際よく、使えるものは持ち帰り、使えないものは、廃棄します。


最後に、板材等を綺麗に塗装し直したり、隅々まで清掃して、部屋はさっと元通りに!


谷口智子さんのオルガンは、2010年の瀬戸内国際芸術祭で制作されて、毎年丁寧にメンテナンスされてきた作品ですが、いよいよ撤去の日が来ました。
このように、入り組んだ場所に設置されたパイプが伝声菅の役目を果たし、お客さんを楽しませてきました。


撤去作業は、パイプを切り、地面と固定していた金具の取り外しから。



地面と固定していた支柱はかなり深くまで差し込んでおり、男二人で力ずくの掘り出し作業。



こうして取り出されたパイプは、港まで運ばれていきました。



最後に、作家の谷口智子さんから、「この作品は6年前に制作され、こえび隊の皆さんが、いつもメンテナンスしていただき、周りの庭とともに良い空間となりました。ありがとうございました」との言葉をいただきました。

おしまい…

(文&写真:こえび隊 白石幸一)


Posted by koebi4 at 18:07  パーマリンク

2016/07/09
【男木島】7/2-3「昭和40年会」の作品制作と会場の整備にこえびリフォーム部が登場!

2013年の瀬戸内国際芸術祭で、男木島を沸騰させた「昭和40年会男木学校」が、夏から再開されます。
前回使用した小中学校が復活したことから、今回は元旅館だった場所を改装して、作品を展示します。

作家の1人パルコキノシタさんが、作品制作とワークショップの準備に向け、男木島にやって来ました。
同時に展示場の改修も進んでいますので、今回、こえびリフォーム部も手伝いました。

朝のフェリーでパルコキノシタさん登場、すっかり島の人たちとも顔なじみ!


まずは、夏会期中のワークショップ用の材料にする流木を、海岸で集めます。



その間に、パルコさんは、作品の構想を練り練り。


一方で、旅館だった場所を展示場にリフォームするために角材、コンパネ、足場板、カーペット等を搬入。現場合わせで裁断して、据え付け。三年前に大阪から移住した福井さんの指導も受けて、こえびリフォーム部員は奮闘。エアコンは、粉塵を吸込むと故障の原因になるってことから、今回は使用せず(大汗)



部屋の中も作家さんの構想に合わせて、カーペットを敷き、壁を塗装。
最後に畳を戻してほぼ完成!


予想以上に順調な仕上がりにパルコさんも楽しそうです!


後もう少しで完成です!



Posted by koebi2 at 20:31  パーマリンク

2016/06/06
【男木島】6/4(土)-5(日)作品会場の整備がありました!

瀬戸内国際芸術祭2016夏会期、男木島に昭和40年会の「男木学校」が復活します!
会場となるのは、もともと旅館だった建物。
作品制作が始まる前に会場の整備をしました!


作業前に念入りに打ち合わせ

《6/4(土)》
まずは入口付近です。「壁がぐらぐらする」と、島の方たちからも聞いていたので、思い切ってドーン!
ものの数秒でこの通りです!


崩れた入口の壁


得意の剪定作業です!


見晴らしがよくなった入口

伸びきっていた木も切り、草もきれいに抜きました。
そして門は高圧洗浄機を使って洗いました。びっくりする位汚れが落ちていきました!


一気に汚れを落とします!

そしてきれいになった入口がこちら!


長いあいだ放置されていたとは思えないくらいきれいになりました!
そのほか、建具を洗ったり、畳を全部あげて掃除をしたりしました。


洗剤等を使ってゴシゴシ

《6/5(日)》
会場内の掃除がメインです。
前日あげていた畳を敷くため、電気の上やカモイの上のホコリを落とし、床の上を一斉に掃除します。


ここの汚れも見逃しません!


柱など木製のものを油で丁寧に、床はモップや雑巾で何度も何度も磨きました。


とっても楽しそうに作業しているこえびさん!


何年分のホコリでしょう…

きれい掃除したところに畳を敷いて、畳もきれいに掃除します。
そして前日洗った建具に新しい障子を張って、今回の作業は終了です!


畳もピカピカです


障子張りも得意です!

ピカピカになった会場で、新しい作品がどんな風に展示されるのか、今からとても楽しみです♪


最後に集合写真!おつかれさまでした


Posted by koebi4 at 16:39  パーマリンク

2016/03/08
【男木島】2/27(土)3/5(土)こえび土建部、開幕に向けてラストスパート!

男木島では、春会期開幕に向けて、既存作品のメンテナンスと新規作品の会場整備の作業が展開中です。
まずは、2/27(土)谷口智子さんの「オルガン」のメンテナンス。パイプの汚れを落としてから、
マスキングして、白・青・黄色のペンキで塗り直し。



乾燥させてマスキングを外せば、鮮やかさが復活!なんともワクワクの瞬間!


きれいになった谷口さんの作品を男木島に見に行ってみては…?


続いて3/5(土)、男木島にはなじみの深い大岩オスカールさん新作の会場整備は、2トントラック2台分の砂利を運び込むことから。

このリズミカルで息の合った、こえび隊ならではな作業を下記URLからご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?
v=03jLLKIXL-w



男木島は、狭くて急な坂道ばかりなので、途中で2トン車から軽トラックに移し替えて
最後は、一輪車で運び込みます。


四駆の軽トラックでも立ち往生することがしばしばです、ここは人力の出番!


庭まで運んだ土建部員は、早くも大汗。最後は丁寧にならしていきます。


いよいよ、春会期の開幕まであと少し、ガンガン追い込んでいきます。


今日も夕陽に向かって、開幕後のスタートダッシュを誓い合った、こえび隊土建部
なのでした!

文・白石幸一さん、写真・白石幸一さん、石原宗祐さん


Posted by koebi4 at 21:07  パーマリンク

2016/01/27
【男木島】1/24(日) こえび土建部&造園部、男木島で花を咲かせる!

瀬戸内国際芸術祭2016では、男木島に松本秋則さんの作品が再び登場します。
その作品展示場入口の庭を整備して、きれいな花を咲かせて、お客さまを出迎え
ようということで、島の人たちの作業にこえび土建部&造園部がお手伝いです。

この日は、40年ぶりの大寒波襲来との予報でしたが、部員全員、気合は十分です。


まずは、コンクリートの斫りから。餅つきの要領で息を合わせて、うりゃ!


続いて、大きい石を掘り出し、うりゃ!
でも、実は途中で人間が負けました…大地は強い…


土を掘り返して柔らかくして、うりゃ!
慌ててミミズがたくさん出てきて、ちょっとびっくり!


25kgの砕石を運び、うりゃー!


そして、作品への小径と庭が、何とか仕上がりましたー!


お昼は、島の人たちから、イノシシ肉のおもてなしをいただきました。
丁寧に下処理がされてて、なんとも美味しい!


あとは、春に向け、どんな花を植えていきましょうか?色とりどりの花で、
お客さまをお出迎えする松本秋則さんの「アキノリウム」お楽しみに!


Posted by koebi4 at 15:24  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ