HOME › 活動ブログ › 男木島

2018/02/27
【男木島】2/25(日) 水仙ウォークに行ってきました!

灯台に向かう道端にもたくさんの水仙が

男木島の港から30分程歩いたところに、男木島灯台があります。そこから山を登っていくと男木水仙郷があり、この時期見頃を迎えます。そんな水仙を見る為、「水仙ウォーク」というイベントが毎年行われており、こえび隊も行ってきました。
今年の冬は気温が低かったためか、男木島の水仙はなかなか大きくならなかったようです。当初の予定では1/28だった水仙ウォークも1ケ月ほど延期になりました。

目の前にはキレイな海と豊島が見えてきました。


歴史ある男木島灯台は、水仙ウォークの日限定で内部の見学ができるのです。
限られた人だけなので、行列ができていました。
今回は残念ながら中に入ることができなかったので、次回再チャレンジしたいと思います!


さて、水仙郷を目指して歩きます!


5分程登ると、冷たい海風が吹くところに、小さめですがたくさんの水仙が咲いていました!




今回は、第2水仙郷までしか行かなかったので、第1水仙郷に行くのを楽しみに来年も行きたいと思います。



Posted by koebi4 at 16:42  パーマリンク

2017/11/24
【男木島】11/16(木)作品周辺のメンテナンスをしました!

ART SETOUCHI2017男木島の作品が閉館し、また来年きれいな状態で開館できるように作品周辺のメンテナンスをしました。
この日は風が強く、ビュービューと風に吹かれながらの作業になりました。


こちらは、昨年まで谷口智子作品「オルガン」があったお庭です。今でもこえび隊がきれいに管理していますが、、、あっという間に草は伸びるものですね。



草を刈って耕し、新しいお花の苗や球根をどんどん植えていきます。そして作業後は…


こんなにきれいになりました!来年の春にはきれいなお花が咲くそうです。今から楽しみですね♪


大岩オスカール作品のお庭にも球根を植えました


川島猛&DFGの入口もこんなにきれいに


川島猛&DFGのお庭もスッキリ!


リン・ティェンミャオ作品のお庭もキレイになりました

午後からはその他の作品周辺をきれいにしました。これで安心して、来年の春を迎えることができます!


帰る頃にはこんなにきれいな夕日が見れました。。贅沢ですね!
次回の開館まで、男木島の作品たちもしばらくお休みしますが、今から再開の日が待ち遠しいですね。


Posted by koebi4 at 10:37  パーマリンク

2017/11/10
【男木島】11/8(水)男木島文化祭に行って来ました!

男木小中学校の体育館で、11月8日(水)男木島文化祭が開催されました。
男木島の方たちの作品をはじめ、女木島の方たちの作品、そしてこえび隊の作品も展示してあります。



入口を入ってすぐ目に飛び込んで来たのは、長ーい紙に何やら書いてあるもの。
こちらは、男木島郷土唱歌の歌詞です。
男木島郷土唱歌は、昭和7年に橋本仙太郎さんによって作られました。
歌は何と43番まであります!それを全て、小中学校の校長先生がまとめられたそうです。
34番から先の歌は、平成26年以降に小中学生や男木島の人達が作詞したそうです。


島の方たちの作品がずらりと並ぶなか、、ありました!こえび隊の出展作品です。




たくさんのこえびさんから素敵な作品が届きました。どれも目を引くものばかりで、観覧に来たお客さんも手に取って見てくれていました。


続いて、男木保育所、小中学校の生徒たちが作った作品です。


あるアプリをダウンロードして小中学生の作品にスマートフォンを向けると、そこには作者のこどもの画像が!作品の説明をしてくれます。近代的になった文化祭にびっくりしました。


お昼ご飯にはカレーの炊き出しがあり、美味しくいただきました。もちろん、お替りもしましたよ。


午後から、島の人たちが続々と集まり始めました。小中学生、保育所のこどもたちの音楽発表会があるからです。


小中学生は合同でミュージカル「男木島サウンドオブミュージック」を発表しました。
みんな一生懸命練習したようで、とても上手でした!
「ブラボー!」の声も飛び交い、みんな笑顔に包まれました。


その後、滝宮ハーモニカクラブのみなさんが、素敵な演奏を披露。
大小さまざまな大きさ、形のハーモニカ。こんなに種類があるのだと初めて知りました。
男木島のお母さんたちも、そのメロディーに合わせて楽しそうに歌っていました。

こどもたちの楽しそうな顔と、島のお母さん、お父さんたちの嬉しそうな顔でいっぱいだった男木島文化祭、来年も是非参加したいと思います!


Posted by koebi4 at 15:48  パーマリンク

2017/06/22
【男木島】6/17(土)リン・ティェンミャオ作品のメンテナンスをしました


昨年の瀬戸内国際芸術祭2016で、男木島に新しい作品が加わりました。
中国の作家さん、リン・ティェンミャオ作品「自転-公転」です。
築150年のお家を使っているため、芸術祭会期終了と共に建物のメンテナンスをしていましたが、工事も終わり、いよいよ作品開館する準備が始まりました。
今回の作業は、主に作品や作品展示場のお掃除でした。



作品を照らすライトや、作品にたまったホコリを丁寧に落とし、きれいにしていきます。
もちろん床も隅々まで掃除します。
お家が大きく、作品もたくさんあるので大変!



その後、床にはワックスをかけてピカピカにしました。作品も息を吹き返したように元気に動いていました。これで開館の準備はバッチリ!



「自転-公転」は7/1(土)から開館予定です。
きれいになった作品を見に、ぜひ男木島に遊びに来てくださいね!


Posted by koebi4 at 21:13  パーマリンク

2017/06/10
【男木島】5/27 (土)男木島ではじめよう!はじめてのこえび活動を行いました!

5月27日(土)に「男木島ではじめよう!はじめてのこえび活動」を行いました!
今回の先生こえびさんは、2010年の芸術祭からこえび隊に参加し、主に男木島・女木島で活動している白石先生にお願いしました。
白石先生は先日の男木運動会でも大活躍でした。


白石先生は先日の男木島運動会でも大活躍です!


今回の「男木島ではじめよう!はじめてのこえび活動」では新しく、東京から岡山に転勤になったのをきっかけに活動に参加してくれた方、地元高松の高校生の2名がこえび活動デビューをかざりました。



高松港から男木島までの乗船時間を使って、白石先生から丁寧に作品受付について説明してもらいました!男木島到着までは約40分時間があるので、ゆっくりと説明を聞くことができます。

そしていよいよ、こえびデビュー!



最初は少し緊張気味でしたが、すぐに慣れて元気に受付を行いました!

参加してくれた二人のこえびさんは最初少し不安だったようですが、白石先生の丁寧な説明があり、安心して活動できたようで、「ぜひまた参加したい!」といってくれました。

「男木島ではじめよう!はじめてのこえび活動」は今後も行っていきますので、こえびデビューしたいけど、なかなか思い切れないという方はぜひ参加ください!


Posted by koebi3 at 20:03  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ