HOME › 活動ブログ › 女木島 › 【女木島】6/24(日)「MEGIめきめき」のお手伝いをしてきました

昨年から女木島で開催しているイベント「MEGIめきめき」のお手伝いをしました。
「MEGIめきめき」とは、お茶席を中心に讃岐かがり手まりなどのワークショップや地元の野菜や魚を楽しむことができるイベントです。
魚釣り体験やゲートボール、折り紙など女木島のみなさんによる体験教室もありました!

瀬戸内国際芸術祭の作品レアンドロ・エルリッヒの「不在の存在」も会場となり、珈琲茶席が行われました。


煎茶席の会場にもなりました。


作品内の図書室では昨年同様、神内俊二さんによる鬼瓦の絵付けワークショップが行われました。
讃岐装飾瓦の伝統工芸士である神内さんは、瀬戸内国際芸術祭2013で制作された「オニノコ瓦プロジェクト」で香川県内3000人の中学生に鬼瓦づくりを指導してくれた方です。「オニノコ瓦プロジェクト」は今でも女木島の鬼の大洞窟に展示中です!


女木島の釣り名人の和田さん家族による釣り体験では、タイやベラなどが大漁で、子どもたちに大人気でした。


ピザ作り体験も大人気!ピザ生地をたたいてのばして、好きな具をトッピングしてピザ釜で焼き上げます。美味しそう!!



こえび隊は「MEGIめきめき」のスタッフのみなさんと一緒に、各教室やお茶席への案内や受付を行いました。


梅雨時期ということで天気が心配だったのですが、良い天気で、たくさんの方が女木島に訪れ、「MEGIめきめき」を楽しんでくれました。


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ