HOME

【大 島】5/19(金)ハンセン病市民学会のお手伝いに参加しました

ハンセン病問題について考える第13回ハンセン病市民学会総会・交流会が香川県と岡山県で行なわれ、こえび隊もお手伝いに行ってきました。
私たちは、午前と午後に参加したみなさんを納骨堂や風の舞などへご案内しました。
参加者は全体で約300人。北海道から沖縄まで全国各地から、そして台湾からも参加していました。(台湾の参加者は、2015年に台湾で大島の取り組みを紹介したときにお会いした方でした)

午前のグループのみなさんをガイドした後は、参加者と入所者の方との交流会があり、私たちも入所者の方のお話を聞いてきました。
みなさんが大島にいつ来て、どのような生活を送ってきたのか普段のこえび活動ではなかなか聞くことのない内容も今回伺うことができました。


午後はシンポジウムがあり、過去・現在について大島青松園入所者の磯野さんと森さんから、未来については大島青松園でボランティア活動をしている四国医療専門学校の学生らの発表がありました。みなさん熱心に話を聞いていました。



夜は、高松へ会場を移し、交流会が行なわれました。

こえび隊の松岡理沙ちゃんは去年亡くなられた入所者の山本隆久さんのこと書いた作文を発表し、私はこえび隊の取り組みについてお話しました。

今回お手伝いに参加して、他の療養所でボランティアガイドをしている方とどんな取り組みをしているのかお話を聞くことができたり、日本財団の方とも大島のことについてお話することができました。
また新たな縁をつくることができ、このような機会をいただいたハンセン病市民学会のみなさんに感謝しています。


【豊 島】5/21(日) 豊島の運動会に参加しました!

絶好の運動会日和の5月21日(日)に豊島地区連合運動会が開催されました。
この運動会は毎年この時期に全島をあげて開催されます。
豊島小中学校のグラウンドを使って、保育所のこどもたち、小中学生、保護者のみなさん、地域のみなさんが白熱した競技を繰り広げます。


こえび隊は運営のお手伝い、競技への参加をさせてもらいました!
これはパン食い競争の準備をしています!


準備をした後は…そのまま競技に参加します!


みんなで食べるお弁当も運動会の醍醐味ですね!


今年はだいこんも大活躍でした!


【男木島】5/20(土)男木島大運動会に参加しました!

夏日となったこの日、「男木島大運動会」が開催され、こえび隊が今年も参加しました。
男木島の小中学校体育館で行われ、島中のみなさんが応援にやって来ます。



いろいろな競技が午前の部、午後の部とあり、島のみなさんはもちろん島外からこの日のために帰って来た方たち、そしてこえび隊が一緒になって競技しました。
小中学生による白熱の徒競走、幼児たちの演技、親子リレーなどは応援にも熱が入りました!



こえび隊が考えた種目「エビしっぽとり競争」では、その名の通りエビのしっぽを取り合います。
たくさんしっぽを取った人の勝ち!
自分のチームのしっぽをみんな必死で守ります。
この日出会った人とチームを組んで、大盛り上がりでした!
白タイツを着ての種目は「男木島の作品これなあに?」
組体操で男木島の作品を演じてクイズ形式にするもの。
みなさん結構当ててくれて、とても嬉しかったです!
ちなみにこの写真の作品、みなさんはわかりますか?



男木中学生による「男木中ソーラン」では、三人の中学生の演技を小学生のみんなが「どっこいしょ~どっこいしょ!」と掛け声で応援します。
迫力満点!本当にかっこよかったです。


老人会のみなさんは「おさるのかごやだホイサッサ」という演技です。
会場みんなで応援します。
島の方たちはこんな素敵な笑顔で参加されていました。



最後はみんなで男木島の盆踊りを生歌で踊ります。
私たちも見よう見真似でがんばりました!
しかし何度チャレンジしても難しいです。。


お子さんこえびも参加してくれていたので、頑張った一日のご褒美です。
美味しくいただいて、この日の活動は終了。
今年も笑顔いっぱいだった男木島大運動会、来年も参加したいです!

(photo:石川 裕介、大島 よしふみ)


【女木島】5/5(金・祝) 女木島名画座上映会、大成功の巻

5月5日の子どもの日、女木島名画座上映会が開催されました。
まずは高松港に集合してみんなでめおんに乗船し女木島に向かいます。
女木島に到着したら作品を巡りながら女木島名画座到着。


港周辺の作品を鑑賞


まずは案内人の北川ディレクターから名画座や依田洋一郎さんについての紹介や解説があり、依田さんの作品「 Last days of 42nd street」が上映されました。その後、いよいよ「釣りバカ日誌」についてのお話しの後、上映開始です。


島の皆さんも集まり、女木島のシーンではどよめきがおきたり、一緒に「わはは」と笑ったり。その場に居合わせた色んな所から集まった人が一つになる瞬間が幾度もあり、時間と場所を共有する楽しさの相乗効果を改めて感じた上映会でした。


その後はお楽しみのお食事の時間です。
今回の料理は2016年に小豆島坂手地区の食プロジェクト「本から生まれる一皿」を企画・実施して大人気だった岸本等さんにお願いしました。


こちらは前菜

お料理の内容も映画の中で釣られたお魚が使われていたり、女木島の柑橘を使ったり、
前菜からメイン、椀モノ、デザートまで大満足のコース料理でした。


小旅行の最後はナイトクルーズ。
女木島から夜景を眺めながら高松に戻ってきました。


女木島側から見る高松の夜景

気候も良く、楽しい、おいしい、会となりました。
夏はまた、新企画を構想中です。
お楽しみにっ!


【大 島】5/13(土)よもぎを収穫しました

先月、濃霧で中止となってしまったよもぎを収穫するワークショップ。リベンジということで行ってきました。



午前中は収穫です。
1年前と風景がガラリと変わってしまった場所もありました。
風の舞へ行く途中の道は工事が始まっていて、去年野村さんと一緒によもぎを穫った場所がなくなっていました。
よもぎを見つけるのも少し苦労しつつ、葉の柔らかい部分を穫っていきました。


午後は、シヨルに戻って加工作業。


今年の年末もよもぎ餅ができそうです。



そして、今月からシヨルで出している「甘夏マーマレードジャムのチーズクランブルケーキ」。
2月に収穫した大島の甘夏を使ったケーキです。濃厚で食べ応えのあるチーズの中に香り豊かな甘夏が入っています。今回もまちのシューレ963さんで作っていただきました。


【今月の1枚】
よもぎ収穫ワークショップに参加したキッズこえびのゆうすけくんが将棋を持って来ていまいした。入所者の浜口さんと一緒に対局。当たり前ですが2人とも真剣!ちなみに勝ったのは浜口さんだったようです。


「【大 島】5/13(土)よもぎを収穫しました」の続きを読む

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ