HOME › 活動ブログ › 伊吹島

2014/11/23
【伊吹島】11/9-10 豊福亮さんの流木ワークショップに行ってきました!

11月9日・10日は豊福亮さん+Chiba Art Schoolによる流木ワークショップがありました。
伊吹島の岸に打ち上げられた流木や漂流物に色を塗り、珊瑚や生き物に見立てて作品を作るというワークショップでした。

まずは、流木探しです!
伊吹島はとても急な坂が多く、海岸に行くにも一苦労です。


とっても急なので、こんなこともできちゃきます。(坂の角度わかりますか?)


やっとのことで海岸に降りると、今度は作品に使えそうな流木を選びます。


拾った流木を持って急な坂をまた登り、旧伊吹小学校まで運びます。


長いものや大きいもの、太いものや変わった形のものなど色んな流木が集まりました。
それぞれ流木を選び、ペンキやスプレーを使って色を塗っていきます。


自分の思うがままに色をつけていきます。とっても楽しかったです。



完成したものは見られていないので、また伊吹島に行ったときにみたいです。
皆さんも、ぜひ!!!


Posted by koebi4 at 19:15  パーマリンク

2014/11/23
【伊吹島】11/10 みかんぐみがワークショップにやってきたぞ!~秋~

少し雨が心配な日曜日、みかぐみのワークショップが開催されました。
夏に実施された、「島づくりラボ」の秋ワークショップです!
夏のブログはこちら→http://www.koebi.jp/blog/activity/entry-1047.html


今回もこえび隊は、はりきってお手伝いをしました!
午前中は、仏生山の岡さんとスタッフの方・こえび隊が協力して会場作りや学校のお掃除です。


午後からは、みかんぐみの曽我さん、加茂さん、そしてゲストの忽那裕樹さん(E-DESIGN)も合流しました。
会場準備ができると、豊福さんたちのバーベキューのおすそ分け(とりたての穴子やお魚♪)もいただきながら、お昼ごはんを食べました!


今回の島づくりラボは、島民の方々に伊吹島の自慢の写真をもってきてもらい、座談会をしました。写真はカラーのものから白黒のものまで、伊吹島の歴史を語る貴重な代物です。
たくさんの写真が集まりました。



「きつねの嫁入りのときの写真や。」
「(亡くなった)おじいさんが写ってるやん。」
「みんなで旅行にいったんよ。」
などなど。
写真をみると、あの時その時の情景が鮮明に浮かんでくるようです。
みなさん、あれやこれやいろいろな話をしていてとても楽しそうでした!



伊吹島の「島づくりラボ」は、まだまだ続く予定です。
次はどんなワークショップになるのか楽しみです!!


Posted by koebi4 at 19:14  パーマリンク

2014/11/14
【観音寺】11/8-16「よるしるべ2014」に行ってきました!

すっかり日が落ちて、月の明かりが夜道を照らし始めた18時。
光と音と香りを道しるべに、観音寺市街地で開催される、夜のまち歩き~よるしるべ2014~が始まりました。
会場マップを案内所の「とんしょキッチン」でもらい、いざ、まち歩きスタートです!

歩いていくと、どこからか音が聞こえてきました。


こちらの映像は、かの有名な寛永通宝とマンホールの絵柄をモチーフにしているようです。
写真では止まっていますが、どんどん変化していきます。

あっ現れました!よるしるべ2014公式ロゴの「よるしるべいべー」です。


このキャラクターが色んなところでちらりと顔を出します。探すのもとっても楽しい!!


この通りは、柳町通りと呼ばれています。昔は車道から向こうは海であって、車道は川が流れていたそうです。その両端に柳の木が立っていたので、柳町通りと名前がついているとのことです。風情を感じられます。

どんどん歩いていくと、今度はいい匂いがしてきました。
会場の一つである「一心寺」に到着です。


きれいです。
さっそく中に入ってみましょう。


まるで水面のようにゆらゆらと流れています。
水の中に人がいるように感じます。


一心寺では19:00~(11/8)トムスマ・オルタナティブさんによるパフォーマンス茶会、「てのり湯。観音寺」が行われました。

どんなお茶会かなと待っていると、地球の帽子「地球着」を着用して現れました。


会場の人たちはびっくり!いまから何が始まるのかドキドキ。


踊りあり


お茶あり


不思議な体験あり


音楽ありの笑いに包まれるあっという間の1時間でした。
茶会は最終日の16日にも開催されるようですよ!


まだまだ見所いっぱいの作品があります。
小一時間でまわれる、ちょうどいいすてきなまち歩きです。
開催期間は11月16日(日)18:00~21:00まで!
15日(土)、16日(日)は一心寺でイベントもありますよ♪
ぜひぜひ、遊びに行ってみてくださいね!!

▼詳しくはこちらをご覧ください。
よるしるべHP
http://yorushirube.tumblr.com/

よるしるべフェイスブック
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%97%E3%82%8B%E3%81%B92014/928661830482465



Posted by koebi4 at 12:13  パーマリンク

2014/10/17
【伊吹島】10/5 伊吹八幡神社の秋祭り

いりこの産地として有名な伊吹島の秋祭りが開催されました。
今年はちょうど台風18号が近づいていましたが、船も出航していて伊吹島に渡ることができました!
そして、伊吹島の港に着くと大漁旗が私たちを迎えてくれました。


よく見ると大漁旗の数は全部で17枚、現在伊吹島には17軒の網元さんがあって順番に神輿船(神霊を船に乗せて海を渡す船)を出す担当が回ってくるとのこと。

今年の神輿船は「伊勢丸」です。かっこいい!!


伊吹港から坂を上がったところにある八幡神社に行ってみると、港と同じく大漁旗が飾られていて、神輿が奉納されていました。


11時30分、神社で礼拝が始まりました。


その後、子供たちを先頭に、神輿行列出発です。



神輿に続き、島の細い道をちょうさ(太鼓台)が練り歩きます。
島には東部、西部、南部の地区ごとにちょうさがあり、3台とも港まで降りるのですが、今年は台風の影響もあってか1台のみ、港に下りていきました。


ドドーっと突然降り出した雨の中、神輿を船に乗せる神事「船渡御(ふなとぎょ)」の始まりです。
神輿を乗せた船は旗をたなびかせて力強く海を走っていきます。


港では西東南の3地区の担ぎ手が力を合わせて、ちょうさを担いで見送ります。
(奥に小さく神輿船が見えます)


神輿船は真浦港の入り口を3回まわり、伊吹島を一周して再び真浦港に帰ってきます。
お祭りは神輿が帰ってきてからがクライマックス!見応えたっぷり、、、なのですが、今回は台風接近中ということで船の欠航の恐れもあって、早めに帰ることになったため、見ることができませんでした。
来年は絶対見たいと思います!!


Posted by koebi4 at 19:47  パーマリンク

2014/08/18
【伊吹島】8/15-16みかんぐみがWSにやってきたぞ!

夏真っ盛りの先週末。
雨が降ったりやんだりで、ムシムシとした空気にイリコの匂いがかすかに香る…。
久しぶりに伊吹島にやってきました!

8/15(金)は、みかんぐみ曽我部さん・仏生山の岡さんとスタッフの方・観音寺市の方・こえび隊が協力して会場づくり。
昨年に制作・展示されていた1/300の伊吹島の模型を組み立てて、掃除しました。


こちらのチームは旗作り。
色々な情報を書き込めるように、白いとレーシングペーパーと楊枝を旗に仕立てていきます。



いっぱいできました!

作業をしていたら、飛び入りで島の方も時々訪れ、懐かしい話が飛び交います。


8/16(土)はワークショップ本番。
前日夕方に、みかんぐみの加茂さん、竹内さん、マニュエルさんも伊吹入りし、みかんぐみ4名が勢揃い!まずは全員でミーティングし、自己紹介と今日の動きの確認です。


開始まで時間があったので、こえび隊一同は玄関の掃除や、入り口のホワイトボードに手書きの看板を描きました。即興のミカン4つが素敵です。これで地元の方をお迎えする準備が整いました。


10時。島の方々が続々と旧伊吹小・中学校にやってきます。
20名以上の方が集まり、口々に昔話や今の話を話し始め、それはそれはとっても賑やかな教室に!

昭和30年代には4000人が住んでいた島。
そこらじゅうで、話題はつきません。

「映画館が3つもあったんや。」
「キャンディーやが2あった。」
「この家の本家はどこだったかねー。」
「ここで“まめ”をみたんじゃ!」   *まめ=伊吹島に伝わる狸のような妖怪?



家々を屋号で呼び交い、子どものころからの記憶を呼び起こしているよう。
たくさんの発見、長い歴史の跡がありました。

そして、こんなにたくさんの旗が!


秋にも愉しいイベントを企画しているそう!
お楽しみに!


Posted by koebi2 at 16:31  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ