HOME › 活動ブログ › 伊吹島 › 【イベント】12/16(土)ソコソコ想像所ワークショップに参加して来ました!

瀬戸内国際芸術祭2013から、粟島で展開されている日比野克彦さんの瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト「ソコソコ想像所」。今回はじめて、このプロジェクトが粟島を飛び出し、伊吹島でワークショップを開催!。。。の予定だったのですが当日風が強く伊吹島に渡るのを断念し、仁尾マリーナでワークショップが行われました。


アーティストの日比野さんご自身が伊吹島近海で海底探査を実施。その昔、海賊がお宝を隠していたという伝説の伝わる伊吹島の「合戸の穴」や、現在は無人島となっている股島・小股島の周辺などから約140点を引き揚げました。

その伊吹島近くの海底から引き揚げたものを見て、「これは何に使われていたものだろう?」「いつの時代のものだろう?」と想像をふくらませます。


伊吹島の三好さんから伊吹島ってこんなところだよ。というお話を聞いて、それから遺物をよく見てスケッチ。よーくみて、よーくみてスケッチしていると遺物の欠けている部分やくっついているフジツボから物語が生まれてきます。

30人の参加者から30のお話しが生まれました。


完成したら発表会の後に、仁尾マリーナに陸揚げされている海底探査船美術館「一昨日丸」に遺物とキャプションを持って展示しに行きます。



客観視と想像力って両輪でどちらも大事だなと楽しみながらも実感できるワークショップでした。


島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ