HOME › 活動ブログ › 本島

2018/08/23
【本 島】8/11(土)-19(日) 中川達彦『ライトハウス号が行く~瀬戸内本島編~』が開催されました!

8月11日(土)~19日(日)に、中川達彦さんによる『ライトハウス号が行く~瀬戸内本島編~』が開催されました。
ライトハウス号とは、正面に周りを電球で囲まれた鏡が取り付けてある移動式の小さな小屋で、鏡はマジックミラーになっていて小屋の中から撮影することができます。


作家の中川達彦さんは約一週間本島に滞在し、ライトハウス号ととも本島中を巡り、撮影を行います。


海水浴場や、木鳥神社、小・中学校などの島内の色んな場所や、各地区の盆踊りなどの行事にも訪問し、撮影を行いました!



撮影した写真は、本島パークセンターに随時展示していきます。


撮影していない時は、ライトハウス号も展示します。


期間中の土日には、瀬戸内国際芸術祭2016で制作された眞壁陸二さんの作品「咸臨の家」も開館し、こえび隊が作品受付を行いました!


本当に暑い、暑い夏でしたが、お盆には海水浴や帰省客などで大賑わいの本島でした。


Posted by koebi3 at 15:44  パーマリンク

2018/07/10
【本 島】7/8(日) 雨上がりのシーボルトガーデンで草抜き

7月8日(日)、造景家の川口豊さんと内藤香織さんが2013年から守り続けている作品「シーボルトガーデン」のメンテナンスがあり、芸術祭実行委員会のみなさんと一緒にお手伝いをしてきました。



いつもは2日かけて草抜きをするのですが、活動初日は大雨で中止。
1日限りの活動となってしまいましたが、できるだけたくさんの雑草を抜こうとがんばりました!



実は、この日も午前中は少し雲行きが怪しかったのですが、午後はスッキリ晴れました!陽射しが強くなると、暑い!!



川口さんが草刈りや枯れ木の伐採に精を出す間、私たちは内藤さんと一緒に草抜きです。
今回抜いたのは、セイタカアワダチソウ、ヨモギ、ツユクサの3種類が中心。
庭には、たくさんの草が生えていて、どれがツユクサ?と最初は戸惑いましたが、そこは内藤さんが丁寧に教えてくれます。



お庭はアジサイが見頃でした。



最後に、内藤さんとアジサイの挿し木もして活動終了!
また色鮮やかなアジサイが増えていくのだと思うとワクワクします。
毎年、春と夏の年2回、シーボルトガーデンはこうして作家さんが手をかけ、ゆっくりと育てているのです。

アジサイのドライフラワーの作り方も教わり、よい花を選んでもらって持ち帰りました。



家に帰っても楽しみは続きます。きれいなドライフラワーになりますように!


Posted by koebi2 at 21:13  パーマリンク

2018/04/05
【本 島】4/1(日)-2(月) シーボルトガーデンの草抜きをしました!

春爛漫!桜満開の本島に、作品メンテナンスに行ってきました。



真っ白な椿もきれいでした。


今回メンテナンスをしたのは、シーボルトガーデン。
シーボルトガーデンのメンテナンスといえば…
そう、草抜き大会です!

作家の川口豊さん、内藤香織さんに、草木の名前など教えてもらいながら、みんなでわいわいと、そして時には黙々と草抜きをしました。


一日目:ひたすら草抜きです。


二日目:ほとんど草抜きです。


初夏のような日差しの下で、久しぶりにいい汗を流しました!


お昼ごはんは桜の下で!


二日目の午後は、川口さんと内藤さんが浜辺で見つけたハマヒルガオを庭の中央、島々と瀬戸内海に見立てたエリアの周りに植え付けました。


川口さんと内藤さん。


これがハマヒルガオです。


草抜きとそっくりですが、植え付けの様子です。


さて、砂地に生えていたハマヒルガオは庭の土に馴染むでしょうか!?

シーボルトガーデンは、メンテナンスのたびに、毎回、実験的に種をまいたり、植え付けをしたりしている、成長中の作品なのです。



今月、開通30周年を迎える瀬戸大橋の下もくぐりましたよ!



Posted by koebi2 at 18:31  パーマリンク

2017/10/07
【本 島】9/29(金) アレクサンドル・ポノマリョフさんの作品の片付けをしてきました!

夏の間公開していた、アレクサンドル・ポノマリョフさんの作品「水の下の空」の片付けをしてきました。スタッフから今日の作業の説明をしっかりと聞きます。


まずは鏡板の表面についているホコリを、ブロアーを使って吹き飛ばします。箒を使用すると、鏡板にキズがついてしまうので、出来るだけブロアーを使用してます。


続いて、鳥の糞や水垢などの汚れを洗い落とします。


ピカピカになりました!


鏡板にホコリや雨水等がつかないように、シートを貼り付けていきます。
空気が入らないように丁寧に貼ります。


時間がかかりましたが、上手に貼れました!


次にコンパネで作った蓋で鏡板をカバーします。


最後に漁網やロープが風でからまったりしないように、結束バンドで固定します。


これで、強風時も一安心!
次回の公開はまだ未定ですが、これで厳しい冬も乗り切ってくれることでしょう!



Posted by koebi3 at 20:28  パーマリンク

2017/07/19
【本 島】山寺の夏祭りに行って来ました!作品開館もスタート!

7月16日(日)本島の正覚院(山寺)で夏祭りが行われ、こえび隊も行って来ました。
古くから伝わるこのお祭りは、火渡りなどの荒行もあり、参加した人は夏の厄を落として大いなる幸せを招くと言い伝えられています。


火つけの儀の前に、ほら貝を吹きながら山伏さんが登場。
結界から弓矢が放たれ、その弓を取りに行く人たちが集まっていました。
この弓を取ると、ご利益があるそうです。



いよいよ松に火が点きました!
パチパチと燃え盛る火の音はダイナミックで、離れた場所にいても温度が伝わってきました。



炎が落ち着いてから、火渡りをする道を竹で押し固めて作り、一番最初に和尚さんが歩いて参加者が渡ります。今年の夏も、みんな幸せに過ごすことができそうです!


暑い日にお接待でいただいたそうめんはとっても美味しかったです♪


咸臨の家の受付


産屋から、殯屋からの受付


水の下の空

そして、昨年の芸術祭が終わってからお休みしていた本島の作品も開館が始まりました!
8月27日(日)までの、土・日・祝日と有料作品がオープンします。

眞壁陸二作品「咸臨の家」
古郡弘作品「産屋から、殯屋から」

こえびさんも元気に受付中!

そして屋外作品は、アレクサンドル・ポノマリョフ作品「水の下の空」が公開中です。
この夏、本島にも遊びに来てくださいね♪


Posted by koebi4 at 18:00  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ