HOME › 活動ブログ › こえび活動 › 【櫃石島】1/28(日)ももて祭りに行ってきました

投稿日:2018/02/08 カテゴリー: タグ:

【櫃石島】1/28(日)ももて祭りに行ってきました

今年で30周年を迎えた「瀬戸大橋」のふもとにある櫃石島・王子神社で行われた、県指定無形文化財「ももて祭」に行ってきました!


瀬戸大橋×王子神社


1年の豊かさや厄除けなどを島の神々に祈願して弓を射つ、お祭り。写真手前の方(的から1番遠い)、大前というベテランの方の構え、少し腰を落として前かがみなのが分かりますか…?


「小笠原古流型」という型で、かつて海上での戦で小船に乗りながら弓を射るためだそう!

村中、そして奉納してくださった方々の祈願を口にしながら、射子さんたちは半日近く弓を射ります。合間合間でお接待として食べ物や酒がふるまわれていました。



葦竹(よしだけ)を使って編んでいている的や、松の若木を削った矢じりがついているズンドウ矢は島の素材を使用しています。的に当たった矢を縁起物としてもらって帰る人もいるそうです。 


他の地方では珍しい白紙に角型の的


ももて祭の会場となる王子神社には、阪神淡路大震災が発生したときも崩れなかった「落ちない石(石灯篭)」や今も少しずつ大きくなっているといわれる「キイキ石(巨石)」など不思議な話がたくさん残っています。こえびガイドチームも興味津々でした(笑)。



珍しい姿の狛犬

王子神社を後にして、瀬戸大橋の下を通れる歩道橋「大浦通こ線橋」を歩き、島の北西部にある花見山を登りました。


大阪城修築の際に越前藩が櫃石島から石を運びだしたときの残石「団子岩」!2つの丸い団子に串がささっているの見えますか


他にも筆の形をした「筆岩」やタイタニックができる?岩も発見~見応えのある巨石や岩だけでなく、素敵な景色も見えました!景観を考慮した雄大なトラス斜張橋(しゃちょうきょう)・トラス吊橋


写真は歩渡島からの眺め

山を下って、櫃石島のかつてのメインストリートを通り、歩渡島(ぶとじま)へ。ちなみにメインストリートにある櫃石の札場「附大井戸」は、歴史上、民俗学上からも貴重な建物だそうで、坂出市の文化財に指定されています。


歩渡島からの瀬戸大橋の眺めはもちろん、巨石マニアには溜まらないスポットも盛りだくさんでした!



今回は坂出市役所にぎわい室、坂出市観光協会の方にご案内いただきました。お接待のウドンも美味しかった~(笑)。関係者の皆様、ありがとうございました!!これからも島の魅力を発見して、伝えていきたいと思います。



島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ