HOME › 活動ブログ

2018/12/16
【大 島】12/7(金) もちつき会を開催しました

12月7日金曜日、大島で毎年恒例の餅つき会が開催されました。
餅つき会では入所者のみなさんに餅つきのライブパフォーマンスをご覧いただき、つきたてのお餅をその場でふるまいます。


大島へ到着すると午前中は餅つき会の準備です。会場となる大島会館に入所者の皆さんをお迎えできるよう椅子やテーブルをセッティング、カフェシヨルから調理器具やお米を蒸すセイロを運んだり、お餅に餡子を包みやすくするために丸めたり、大量に使うお湯を沸かし続けたり、さつまいもを刻んだりと、こえび隊メンバー8人で手分けをして行いました。(お米とさつまいもを一緒に蒸してつくと喉越し滑らかな、つるんとした食感に仕上がります)

午後になると続々と入所者の皆さんが大島会館へ移動して来られました。


準備が整い、程よくお米も蒸しあがったところで職員さんとこえび隊など有志の方々で「よいしょー!よいしょー!」の掛け声とともに餅つき開始です!


お餅は白餅、餡子餅、よもぎ餅の3種類をつくりました。会場では、餡子、きな粉、砂糖、醤油を用意し、お好みのトッピングで皆さんに召し上がって頂きました。皆さん「美味しい」「美味しい」と昼食後にもかかわらず沢山召し上がって下さいました。


入所者自治会副会長の野村さんが「昔はこの石臼を5つほど並べて真夜中からつきよったんよ」とお話しされていました。


もちつき会の会場には田島征三さん、そして次回の瀬戸内国際芸術祭に大島で作品展示をされる鴻池朋子さんもいらっしゃいました。
せっかくの機会なので、お二人からご挨拶をいただき、鴻池さんは自身が行っているプロジェクト「物語るテーブルランナー」を会場内に展示しました。


展示されていた鴻池さんの作品を入所者のみなさん、職員さんもじっくりと鑑賞されていました。


よもぎ餅のよもぎは、大島で採ったよもぎです


餅つき会がお開きになり片付けも終わった後、こえび隊はもうひと仕事。パック詰めしておいた、お餅を一年間のお礼を兼ねて園内の皆さんに配りました。

皆さまが良いお年をお迎え下さいますように。

文:中島久美子(こえび隊)


Posted by koebi2 at 15:02  パーマリンク

2018/12/13
【岡 山】12/8(土) せとうちばなし-第6話-

第6回目の「せとうちばなし」は、岡山で開催。
会場は表町商店街の中にあるヒバリ照ラスです。


ヒバリ照ラスは、2階にはゲストハウスも併設した、さまざまな人が集う複合施設です。入口を明るく照らす、提灯のような、たくさんの灯りが目印。
1階のカフェスペースをお借りしました。

今回の「せとうちばなし」は岡山での開催ということで、「犬島」がテーマです。
ゲストは公益財団法人福武財団で犬島統括部長を務める岩下洋子さん。
開始時間直前、岩下さんに、今回は「みんなで犬島のことをよく知ろう」という合言葉で進めたいと相談すると、頼もしい答えが返ってきました。
「どんな質問に答えますよ!」

ということで、「せとうちばなし-第6話-」はりきってスタート!!


まずは参加したみなさんに、初めて犬島に行ったときのことや感じたことなどを少しずつ話してもらいました。

瀬戸内国際芸術祭がきっかけで犬島に行った人、精錬所美術館ができるずっと前「西部警察」のロケ地を見るために犬島を訪れた人、犬島で毎年キャンプをしていた人、気になりつつもまだ行ったことがないという人などなど…参加者もさまざま。
みんなが少しずつ話をすると、会場の雰囲気もほぐれてきますね。


岩下さんからは、犬島の概要や歴史などからお話しいただきました。

江戸時代は採石で賑わい、第一次世界大戦中は銅の精錬で沸き、その後化学工業が行われていた過去があり、荒廃した犬島を、医療廃棄物の処理場としようという計画から島を守ろうという思いから、2008年に犬島精練所美術館ができ、現在に至っているのだそうです。


そして、犬島精錬所美術館はもちろん、「集落全体を美術館に」との願いを込めた家プロジェクト、「植物とともに暮らす歓び」をテーマに、新しい暮らし方を考える犬島くらしの植物園などについても解説していただきましたよ。


途中、参加者からの質問が飛び交い、その一つ一つに丁寧な回答をいただきながら会は進み、盛りだくさんながらも、あっという間に終了の時間となりました。

お話をいただいた岩下洋子さん、どうもありがとうございました!
参加者のみなさんも、また改めて犬島を訪れてみたくなったのではないでしょうか。
来年の瀬戸内国際芸術祭2019での犬島の展開も楽しみですね♪


Posted by koebi2 at 07:50  パーマリンク

2018/12/07
【女木島】11/25(日) アンサンブル瀬戸内のコンサートが開催されました!

11月25日(日)に女木島にある愛知県立芸術大学アートプロジェクトチームの作品MEGI HOUSEでアンサンブル瀬戸内のコンサートが開催されました!
アンサンブル瀬戸内とは、愛知県立芸術大学を卒業し瀬戸内で活躍する若手演奏家を中心に結成され、今回で3回目のコンサートとなります。

昨年も出演してくれたメンバーに加え、ゲスト演奏者としてサクソフォーン奏者の加藤和也さんが出演してくれました。加藤さんは2013年の芸術祭依頼もう何度もMEGI HOUSEで演奏をしてくれています!


ピアノの波多翼さんは高校時代に一回目の瀬戸内国際芸術祭が開催され、その時にMEGI HOUSEのコンサートに訪れ、愛知芸大の先生たちと交流し、高校卒業後は愛知芸大に進学し、大学卒業後もMEGI HOUSEに関わり、演奏してくれています!


今回のコンサートでは「空間のキラメキ感」をテーマにドビュッシーなどクラシックの名曲をコンピュータでアレンジし、空間表現として体感することができる仕掛けもありました!


11月後半でしたが、ポカポカ陽気で気持ちよくコンサートを楽しむことが出来ました!


アンサンブル瀬戸内は今後もMEGI HOUSEでコンサートを行う予定ですので、ぜひMEGI HOUSEに遊びに来てくださいね!


Posted by koebi3 at 11:45  パーマリンク

2018/12/06
【伊吹島】11/26(月)敬老会に参加しました!

2013年の瀬戸内国際芸術祭で島のお母さんたちと料理で交流し始めて、早2年。
最初は豪華なお弁当のメニューづくりから始まり、伊吹島の郷土料理を教えてもらったり、実際に作って一緒に食べたり。
「食」を通して、伊吹島の豊かさを知り、お母さんたちの知恵をたくさん教えてもらっています。


先日、お料理教室をお母さんたちとして盛り上がったばかりですが、
2018年11月17日:盛り上がった料理教室の様子

「ぜひ敬老会があるので、こえびさんに協力してもらえないかなあ?」と、相談がありました。
そんな楽しいことのお誘いを受けるなんて感激!
「ぜひ行きます!」と即答しました。


敬老会というのは、毎年島で開かれている高齢者対象の催し。
昨年は演歌ショーやうどんのお振る舞いがありました。

「今年は何をしようかな?」

こえび隊で練りに練ったアイデアが「ちくわ笛」の名人・住宅正人さん。
豊島のお誕生会でも老若男女に大人気でした。
練りに練ったちくわを使って伊吹島でもいい音を響かせてくれるはず!とお呼びしました。

当日は50名以上が公民館に集まりました。
秋のやさしい日差しが窓からこぼれ、おばあちゃんたちも会話が弾みます。


まずは、こえび隊による健康体操!
みんなで手遊びをしたり、膝を使ったリズム体操をしたり、だんだん会場が温まっていきます。


次はじゃんけん大会!
「瀬戸内国際芸術祭2019」のかっこいいタコと穴子と鯛のポスターをかけた戦いです!
こえび手ぬぐいが当たった方もいました。


そして、待ってました!ちくわ笛!
登場するなり拍手喝采。


まずはちくわをおもむろに取り出し、端っこをパクッと食べて笛にします。
住宅さんにかかるとちくわが素敵な音色の出る笛に大変身!
おじいちゃんおばあちゃんたちは興味津々です。


いろんな種類のちくわ


ちくわ笛が奏でる綺麗な音に合わせてみんなで歌を歌いました。

さらに3本100円のちくわを1人1本分け合い、みなさんもちくわ笛にチャレンジ!
「ふー、すー、ひょー」
なかなか音がでません。
せっかちなおじいちゃんたちは早速ちくわを食べてしまいました。


瀬戸内の民謡や唄も織り交ぜた、住宅さんの伸びのあるきれいな声が島に響きます。

あっというまの時間。
伊吹島のおじいちゃんおばあちゃんたちととっても楽しい時間が過ごせました。

いつも一緒に料理教室をしているお母さんたちは、敬老会に参加した方々の一つ下の世代なので、裏方で準備やうどんのお接待をしてくださりました。
私たちもご相伴に預かりました。美味しかった。

ゆったりと、そしてじっくり、年齢を超えた交流、大事な時間です。


Posted by koebi2 at 19:58  パーマリンク

2018/12/06
【男木島】12/1(土)作家宿舎の掃除をしました

瀬戸内国際芸術祭2019の制作活動を前に、作家さんを受け入れる準備です。
男木島の作家宿舎となる場所の掃除をしました。
ここは前回の芸術祭で、作品展示会場の一つとなった場所です。



もともと旅館だったので、とにかく広い!
部屋の数もたくさんあります。みんなで手分けして掃除しました。



壁から畳の上、障子、窓の外側まで拭いて拭いて拭きまくる!
キレイになると外からの光の入り方が変わり、部屋の中が明るくなりました。



お庭の木もきれいに剪定しました!
これで一階のお部屋にも日差しが入り、気持ちよく過ごせそうです。

準備万端!いつ作家さんが来ても大丈夫ですね。
滞在される作家さんがどんな作品を作られるのか、今からとてもワクワクします♪



Posted by koebi4 at 18:17  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ