HOME › 活動ブログ

2018/08/23
【男木-女木-高松】8/20(月)-21(火) 高校生のための瀬戸内アートサマープログラム

1日目:高松港での開講式

夏休みも終わりに近づいた8月20日と21日の二日間、香川県教育委員会主催の「高校生のための瀬戸内アートサマープログラム」が開催されました。

参加した高校生は約100名!

高校生は学校も学年も違う10人で一つの班を作ります。(10班できました!)
そして各班に、こえび隊事務局や瀬戸内国際芸術祭実行委員会のスタッフが一人ずつ、チューターとして付き添い、一緒に課題に取り組みます。


男木島散策

このプログラムで、高校生たちに与えられた課題は、「島を元気にする方法を考える」。
みんなで男木島・女木島の応援団となって、「元気にする」ということの意味もしっかり考えながら、1日目は実際に男木島・女木島を歩き、二日間かけて島の課題や自分たちにできることは何かを考えて話し合い、最後は班ごとに発表するのです。


女木島散策

チューターもこの課題を踏まえて、まずは島での案内役を務めます。
出会ったばかりの仲間と歩く島々。高校生たちの目にはどう映っていたのでしょうか。。


話し合いスタート!

島から帰ると、一日の終わりの短い時間に、早速班ごとに車座になって話し合いが始まりました。

島の案内役にはある程度慣れているこえび隊も、ここからは高校生たちの話し合いを見守り、意見を引き出すチューターとしての、全く初めての挑戦です!!
高校生が帰った後も、チューターどうしで一日を振り返り、それぞれが翌日の議論の進めなど一所懸命に考えました。


2日目:講義の時間

そうして迎えた2日目。
この日はまずは瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター北川フラムさんの講義から。
瀬戸内国際芸術祭がどうして始まったのか、何を目指しているのか、そして島に住んでいる人の気持ちに寄り添うことの大切さについても話していましたね。


グループでの話し合い

講義のあとは、班ごとに話し合いを再開。
昨日、家に帰ってから考えたこと、講義を聞いて改めて気づいたことなども確認しながら、島を元気にする具体的な取り組みについて、みんなで意見をまとめていきます。


発表準備

発表会の開始時間は午後1時。
会場にはお昼ご飯もそこそこに、制限時間ギリギリまで発表準備に励む高校生たちの姿がありました。


発表会!

発表の時間になりました。
広い会場で大勢の人が見守る中、二日間ともに行動し意見を出し合った仲間とステージに立ちます。(会場の一番前、スクリーンの下で発表をする高校生たちの姿が写っているのですが…見えるでしょうか!?)

どの班も時間内に自分たちの考えをまとめ、しっかりと発表することができました。ゲームなどのイベントをする、SNSを駆使してPRする、カフェを作る、花を植える、特産品を使った商品開発など、たくさんのアイディアが出ました。

みなさんお疲れさまでした!


最後は全員で記念撮影

閉講式で、教育長の工代祐司さんが言っていました。
今回は「島の元気」がテーマでしたが、これからは「島」を「自分」や「自分の住む地域」などにも置き換えて考えてみよう。きっとそれが、困難な時代を生き抜くみんなの力になるはず。
今回のプログラムにはそんな思いも込められていたのですね。

チューターとして、手探りながらも全力で参加した私たちにも、たくさんの学びがあった貴重な二日間となりました。
高校生のみんなの新しい出会いや、新しいものの見方・考え方を見につけるお手伝いが、少しでもできていれば嬉しいです。


Posted by koebi2 at 19:07  パーマリンク

2018/08/23
【本 島】8/11(土)-19(日) 中川達彦『ライトハウス号が行く~瀬戸内本島編~』が開催されました!

8月11日(土)~19日(日)に、中川達彦さんによる『ライトハウス号が行く~瀬戸内本島編~』が開催されました。
ライトハウス号とは、正面に周りを電球で囲まれた鏡が取り付けてある移動式の小さな小屋で、鏡はマジックミラーになっていて小屋の中から撮影することができます。


作家の中川達彦さんは約一週間本島に滞在し、ライトハウス号ととも本島中を巡り、撮影を行います。


海水浴場や、木鳥神社、小・中学校などの島内の色んな場所や、各地区の盆踊りなどの行事にも訪問し、撮影を行いました!



撮影した写真は、本島パークセンターに随時展示していきます。


撮影していない時は、ライトハウス号も展示します。


期間中の土日には、瀬戸内国際芸術祭2016で制作された眞壁陸二さんの作品「咸臨の家」も開館し、こえび隊が作品受付を行いました!


本当に暑い、暑い夏でしたが、お盆には海水浴や帰省客などで大賑わいの本島でした。


Posted by koebi3 at 15:44  パーマリンク

2018/08/23
【女木島】8/18(土)-19(日) MEGI HOUSEでイベントが開催されました。

8月18日(土)-19日(日)に女木島のMEGI HOUSEでイベントが開催されました。

8月18日(土)には井上尚子(いのうえ ひさこ)さんによる「KUNKUNISLAND-探訪島の記憶と島の匂い」というワークショップが開催されました。



まずはアーティストの井上尚子さんから「におい」についてのお話しを聞きました。



そして女木島のにおいを集めにを散策します。においを意識しながら散策することで、急に潮や植物の香りがしたりと、普段では気がつかない発見も多くありました。



植物などは指先ですりつぶして、事前に配られた「くんくんボトル」に入れていきます。色んな植物を入れて、オリジナルの「くんくんボトル」を作ります。



最後にみんなの「くんくんボトル」のにおいを比べあいます。みんなほとんど同じ植物のにおいを集めたはずなのに、全く違うにおいになっていてびっくりです。



参加者の方たちのにおい談義を聞いていると、においは記憶や体験と深く結びついているんだなと改めて感じることができたりと、においに敏感になった一日でした。

そして8/19(日)、NOK Saxphone Quartetによる「真夏のMEGI HOUSE炎のサックスカルテットコンサート」がありました。
名古屋や大阪、京都で活躍する4人組「NOK(ノック)」は、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンのサックスカルテットです。



この日も朝から快晴!暑さが和らぐ16:30からスタートです。



演奏されたのは、みなさんがよく知る曲からNOKオリジナルのもの。
夕暮れが近づく港の近くで聴く演奏は、何ともいえない素晴らしさで、贅沢なひとときでした。



そして、ひとつひとつ楽器の音の違いなどもわかりやすく説明してくれました。
同じサックスでもこんなに違うものなのだと、お客さまも納得の表情!



海水浴帰りの方が浮き輪を持ってご来場!
島の方、島外からの方、みなさん一緒に笑顔で鑑賞されていました。

次回のコンサートは9/30(日)、Bestimezzoによる「秋空のMEGI HOUSE 爽やかなブラスクインテットコンサート」です。
12:30~と14:30~の2回演奏があります。
MEGI HOUSEでお待ちしていますので、お気軽にお越しください。

▼詳細はこちら
https://setouchi-artfest.jp/event/detail291.html

その他にも展覧会など予定しています。この機会に是非!

▼詳細はこちら



Posted by koebi3 at 14:36  パーマリンク

2018/08/23
【こえび寮】8/11(土)~14(火)こえび寮がオープンしました!

今年の夏もこえび寮がオープンし、東京や大阪、福岡などからこえびさんが活動に参加してくれました!
今回のこえび寮では、これまでに何度も寮に宿泊したことがあるというこえびさんが多く、受付後は慣れた様子で寮に移動し、割り当てられた部屋に布団を敷き、夕食、銭湯へと出かけて行きました。



二日目の夜には毎度お馴染みの夕食会が開催されました!
今回も料理を作ってくれたのはこえび隊の藤岡美佐保さんです。



出来た料理はみんなで盛り付けていきます。



みんなで乾杯して豚しゃぶサラダなど美味しい料理を頂きました。
ワイワイと楽しい夕食会でした!




残ったご飯はおにぎりをつくり、翌朝やお昼のお弁当になります。



もちろん日中はこえび活動です。豊島や女木島、男木島などに渡り作品受付を行いました。大島ではカフェシヨルのお手伝いをして、入所者の方たちと楽しく交流もしました。



今後もこえび寮はオープン予定です。
日程が決まればこえび隊のホームページで募集しますので、ぜひご参加ください!


Posted by koebi3 at 12:43  パーマリンク

2018/08/22
【大 島】8/8(水)-10(金)大島に行こう!アートと自然を楽しむ子どもサマーキャンプがありました

今年も高松市主催の「大島アーティスト・イン・レジデンス事業」の企画でアーティストと子どもたちが大島に滞在しながら創作活動を行なう「大島に行こう!アートと自然を楽しむ子どもサマーキャンプ」を実施しました。
県内の小中学生21名が参加しました。



1日目は、小学5年から中学生までが参加します。最初のプログラムは、大島に住む入所者からお話を聞きました。今回は大智慶巳(おおちよしみ)さんから、入所した経緯(病気が分かったときのこと)、入所したあとの生活と今の生活や趣味のことを中心にお話をしていただきました。
お話を聞いたあとは、納骨堂や解剖台の見学をしました。



午後は、2010年にカフェ・シヨルを立ち上げ、2013年まで名古屋から大島へ通いカフェの運営をしていた、泉麻衣子さんと井木宏美さんによる「大島のおやつをつくろう」です。2人は、2008年頃から大島に通っているので、大島のみなさんが昔どんなお菓子やご飯を食べていたのか、よく知っています。そのお菓子の一つが栗のかたちをした「くりまんじゅう」です。
あんこを薄い生地に包んでいくのと最後形成するのが難しいんですよね。


みんなそれぞれの「くりまんじゅう」ができました。




1日目は中学生のみ宿泊。2日目は小学5,6年生も宿泊です。
夜は、お決まりの夕焼け鑑賞にキャンプといえばトランプ。
ジオラマに使う大島の松づくりも行ないました。


朝は、ラジオ体操から。天気は曇り。夏のキャンプらしい空ではなかったですが、過ごしやすい一日の始まりでした。


2日目からは小学1〜4年生のみんなも合流し、全員そろって活動です。

大島の象徴的な「松」を観察する「丸ごと発見大島のマツ」のワークショップ。先生は、樹木医の井上修さんです。2015年のときも来てくれました。
高学年のみんなが低学年の意見を引き出すような場面があったり、観察したメモには自分の気づきを松の絵と一緒に描いてまとめていたり、みんなそれぞれ工夫しながら大島の松に触れていました。



「【大 島】8/8(水)-10(金)大島に行こう!アートと自然を楽しむ子どもサマーキャンプがありました」の続きを読む

Posted by koebi4 at 16:33  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ