HOME › 活動ブログ

2018/06/20
【こえびガイド】6/10(日)伊吹島の神楽祭鑑賞ツアー

江戸時代より続く伝統行事「伊吹島の神楽祭(夏越神事)ツアー」を香川県観光協会さんや地元ガイドの三好兼光さんと協力して催行しました。



このツアーでは、島の歴史をよく知る伊吹島研究会の地元ガイドさんの解説をききながら島を巡り、伝統行事である神楽祭や、島の歴史や人々の暮らしぶり等を見学することができます。



観音寺港からフェリーに乗船して約25分。伊吹島の表玄関口「真浦港」へ近づくにつれ、伊吹いりこの加工場(イリバ)が海岸沿いに見えてきます。


地元の方々がお見送りしてくれました@観音寺港



イリバの前にて、地元ガイドさんから「伊吹いりこ」の特徴や、いりこ漁が解禁された際の様子、漁獲から加工までの一貫した体制など「伊吹いりこ」が完成するまでを学びました。



イリバの見学後は、創業100年をこえる春日旅館さんへ。伊吹いりこの釜揚げや旬のサヨリ、新鮮な刺身など内容盛りだくさんの昼食をいただきました~♪



昼食後は、昼神楽の会場である伊吹島八幡神社へ向かいます。



今回特別に島の神事にも参加させてもらえました。
夏越の祓として、自分の穢れ(けがれ)を移して、神社に納めたり、川に流して、自分の代わりに祓い清めてもらう「人型(ひとがた)」をおさめます。今年前半分の邪気をはらい、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。



茅(ち、かや)で作った大きな輪をくぐって穢れを落とす茅の輪くぐりも体験!



そしていよいよお神楽の鑑賞です。伊吹島のお神楽の特徴といえば、近世以降、香川県の四国本土から、神職が島に渡って演じていることです。民間で伝承されることが多い神楽ですが、伊吹島では島民が神楽を演じることはないそうです。



途中、雨が降りだし、雨足は強まる一方でしたが、貴重な機会に参加者の方も食い入るように鑑賞されていました。



実は神楽祭は、島の人たちが有志でお金を集めて毎年開催しているそうです。伊吹島で舞うために受け継がれてきた演目もあり、島民の方々にとって大切な行事で、毎年の楽しみでもあります。島の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。



今回は昼神楽のみ参加だったのですが、夜神楽やトリ(夜神楽)終了時の松明投げの行事、戻し神楽など伊吹島の神楽ならではの特色を楽しめる、夜神楽も一押しです。

固有の伝統文化が残る、伊吹島。6月13日より解禁のイリコ漁の様子も気になりますね!引き続き、島の魅力をお伝えしていきたいと思います!


Posted by koebi4 at 11:38  パーマリンク

2018/06/20
【大 島】6/9(土)恒例の梅祭を開催しました

梅雨の貴重な晴れ間となったこの日。今年も大島で梅仕事をしてきました。
「かんきつ祭」や「梅祭」のときに必ず来てくれる入所者の野村さん。今回も一緒に大島を歩きました。

梅祭のいちばんの醍醐味といえば、梅の木を探しながら梅を収穫すること!
去年は少ない量でしたが、さて今年はどうだったのでしょうか。


ここ何年かは風の舞(大島の北部にあるモニュメント)のところにある梅の木から収穫しているのですが、野村さんのアドバイスのもと、今年は収穫する木を変えました。


これまで気づいていなかった梅の木になんと大きな実が鈴なりについていたのです。


背の低い木は穫りやすく、みんな収穫できて嬉しそう!


大島神社にも背の高い梅の木がありました。
野村さんが用意していた竹を使い、木の枝をつっつきながら実を落とします。


最後に、風の舞でも収穫。


終わってみると、予想以上の収穫!しかも大きく綺麗な実ばかりが揃いました。


シヨルに戻り、加工作業です。


今回は、梅シロップ、梅サワー(米酢とザラ糖で漬けます)、梅ジャムをつくりました。



シヨルで加工作業をしていると、入所者さんや職員さんたちも
「なにつくっじょんな〜?」
「どこにあった梅なん?」
と話しかけてくれます。
ホワイトリカーやブランデーに漬けていた入所者さんも懐かしそうにお話していました。


2013年の梅酒からつくった梅ゼリーととれたての梅で甘露煮に


梅祭の最後はおやつの時間。
参加したこえびさんや入所者さんに梅の甘露煮や梅ゼリーを振る舞いました。

翌日の10日もお客さんに梅ゼリーを振る舞っていると、2013年の梅祭に参加したというお客さんが偶然来店!梅ゼリーはそのときにお客さんが漬けた梅酒を使っていたので感動していました。



梅ジャムはパウンドケーキに、梅シロップと梅サワーは来月からドリンクとして提供します!
大島の梅をぜひ味わいにいらしてくださいね!

写真:★は宮崎佑貴(こえび隊)、★以外は白神基広(こえび隊)


Posted by koebi4 at 08:20  パーマリンク

2018/06/18
【男木島・高松・櫃石島】6/9(土)-10(日)切腹ピストルズ「瀬戸内御免」

6月9日土曜日、天気予報は曇り後雨。。どうなるかしらと気を揉みながら迎えた当日。
午前中は曇っていましたがお昼前からは晴れ間も見え、なんとも切腹日和。
男木島に上陸しながらの演奏。そのまま小中学校までの練り歩き。
かっこいいです。。。やっぱり。。かっこいいです。。。



今回の男木島は今までと趣向を変えてのぼり旗を作って一緒に練り歩こうと相成りました。参加者は思い思いの言葉や名前を入れてオリジナルのぼり旗を作成します。
こえび隊も一緒にのぼり旗作成のお手伝い。


写真:★坂口 祐

男木島の小中学生たちは前日に午後の授業の時間をもらって既に旗ができあがっています。子ども達も昨日作った旗を持って集まってくれました。
1時間ちょっとの時間でしたが約40本ののぼり旗が完成しました!
島内のみなさんも島外からの参加者もみんなでハイチーズ。


さて、これをもって豊玉姫神社までレッツ練り歩き!神社到着したらまた演奏。ドドン!
ハイ。わかってるけど、、かっこいいです。


やり切った!と思うのはまだ早い。その後は高松にとって返して丸亀町、南新町、トキワ街と練り歩き。音につられて人が集まってきます。お練りがはじまるとまるでハーメルンの笛吹き男についてくる子ども達のようにゾロゾロと老いも若きもウキウキついてくる。なんと不思議な現象でしょう。


そして天気予報では完全に雨だった10日日曜日。なんということでしょう!晴れないまでも曇り空で持ちこたえてくれています。今ここぞ!とばかりに櫃石島へ上陸です。
到着した時には櫃石島の皆さんが既に待っていてくれました。あいさつがわりに早速ドドンとひと暴れ。からのお練り。やっぱりみんなつられてそぞろ歩きます。


櫃石島では島のお母さん達がおいしいお弁当を作ってくれていました。
カサゴがまるまるはいったお味噌汁。うっ、うまい!



そんな切腹ピストルズ「瀬戸内御免」な二日間でした。

と。。。実は「瀬戸内御免」に先駆けて6月8日金曜日、「切腹ピストルズ」またの名を「江戸一番隊」の有志が土佐に上陸。三十番札所から三十三番札所まで歩き遍路に行ってきました。


総距離約24キロ、山を2回登りました!
最後の最後に雨に打たれましたが、それまでは霧雨程度で持ちこたえてくれました。


納経後にはすべてのお寺で奉納演奏させてもらいましたよ。
お寺で見る彼らもまた、普段と少し違ってとってもかっこいいです。


そして日曜日の午後には弘法大師のお膝元、善通寺で行われた大師市にも出没。
こちらでもハーメルン効果は絶大。お参りの後、お寺の中を練り歩いて五重塔までやってくる江戸一番隊にゾロゾロと引き寄せられるように人が集まってきます。
五重塔(ステージ前)のパフォーマンスに皆さん釘付け。


大師市の目玉、福投げにも参加し、餅は投げるわ、演奏するわ、八面六臂の大活躍な江戸一番隊でございました。


次回は秋に「瀬戸内御免」を計画中です。乞うご期待!


写真:★以外  石川 裕介


Posted by koebi4 at 20:41  パーマリンク

2018/06/12
【豊 島】6/10(日) 6月のお誕生会は楽しい音楽会!

6月の「島のお誕生会」は、〜クラシックって楽しい!みんなで歌えば心もはずむ!〜と題して、みんなが楽しめる音楽会を開催しました!



素敵な演奏を披露してくれたのは「愛知県立芸術大学のゆかいな音楽隊」のみなさん。音楽隊を取りまとめる矢澤先生の指揮のもと、サックスとコントラバスの演奏にテノールの美しい歌声が響きます。


みんな知っている「ふるさと」「瀬戸の花嫁」を合唱します。
サックスとコントラバスの伴奏がゆったりと響き、会場はいい雰囲気です。


6月生まれのみなさんにバースデーカードのプレゼント。


今日のデザートは「オペラ風チョコレートケーキ」でした。

写真:こえび隊 宮崎佑貴、田中美句登


Posted by koebi3 at 18:15  パーマリンク

2018/06/05
【大 島】6/1(金) ジオラマプロジェクト-制作⑥-

現在、大島では昭和30年代のジオラマを制作中です。
5月はジオラマ制作強化月間!
北側と南側の山、西側の浜と海はプラスタークロスが既に貼り終わっていたので、陸地と東側の浜と海のプラスタークロス貼りから開始です。


強化月間なので、大島に泊まり夜まで黙々と集中作業。
ほとんどの場所にプラスタークロスを貼り終えたところで、一旦終了。
この平らな場所に、建物が設置されるんですよ。


真っ白なところに、地面、宅地、道、畑などの色を塗っていくと、どうでしょう!
だんだんと全貌が見えてきたように感じませんか〜?


ジオラマ監修担当の金代さんも参戦し、崖や浜などの作り込みです。



こちらは入所者の方が住んでいた建物を再現。
以前ワークショップで参加者のみなさんが組立てたものを金代さんが仕上げました。



電気も点灯できるようになっているんですよ!影まで!

作業中は、入所者の方をはじめ、施設見学の方や職員さんたちも覗きにきてくれます。この日は、入所者の森さんや脇林さんが来てくれました。
当時の植生、道、畑の位置などを細かく教えてくれました。目の前にジオラマがあると、入所者のみなさんも当時のことを説明しやすいんだ、と実感しました。聞いていた私たちもとっても分かりやすかったです。


強化月間のクライマックスは、みんなで海づくり。
20キロの木工用ボンドを瀬戸内の海に流し込んでいきます。
あとは乾くのを待つのみです。


こえび事務局では、コツコツと松づくり。
今回は葉っぱをつける作業をメインに行ないました。




ジオラマに松を植えていくとこんな感じになります。
さっそく、松の木の下で土を耕そうとしている人がいますね。

つづく・・


Posted by koebi2 at 17:47  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ