HOME › 活動ブログ

2016/03/27
【坂 出】スナッフパペッツ・ワークショップ上海こえび奮闘!


オーストラリアを拠点に世界各地でワークショップと公演のツアーを継続する巨大人形アーティスト集団、スナッフパペッツ。

今回、瀬戸内国際芸術祭春会期、沙弥島エリアの一環として、坂出市中央公民館(イオン坂出店3階)では地元の方や色んな地域から来られた人たちと、4月9日(土)の沙弥島での公演に向けて共同制作中です!



3月21日から始まったワークショップもこの日で5回目を迎えました。

1回目では、制作するキャラクターや劇のストーリーを練るために、地元の民謡、文化、歴史にまつわるアイデアを皆さんで出し合いましたよ。



また、スナッフパペッツが行うストレッチやゲームは体をほぐすと同時に、楽しく和やかな場を作り上げています。

回を重ねるごとに公演の構想が少しずつ見えてきて、今は実際に巨大人形を作り上げている真っ最中です!



さて今日は、ワークショップ初日からずっと参加してくれていた上海のこえび隊5人の活動最終日でした。

とても明るく積極的に参加してくれていた彼らがいなくなるのはとても寂しいですが、最後のスピーチでアーティストや地元の人たちとたくさん交流できて良かったと言ってくれました。

初めてこえび隊に参加した彼らですが、ほかの日本や海外のこえび隊と素敵な時間を過ごせたようです!



彼らの分まで、スナッフパペッツと一緒に素晴らしい公演を作り上げれるよう頑張っていきましょう!

ワークショップの参加者、まだまだ募集しています!

きっと楽しい経験になると思うので、ぜひ気軽にイオン坂出店の中央公民館に足を運んでみてください。



■これからのワークショップ・スケジュール

3月28日(月)9:00 ー17:00
3月29日(火)9:00 ー17:00
4月1日(金)9:00ー17:00
4月2日(土)9:00 ー 17:00
4月3日(日)9:00 ー17:00
4月4日(月)9:00 ー17:00
4月5日(火)9:00 ー17:00

>>お申し込み
http://www.koebi.jp/news/join1/entry-1483.html

■スナッフパペッツ沙弥島公演
日時:4月9日(土)17:00ー (開場16:30)
場所:沙弥島・ナカンダ浜
チケット:
一 般 前売1000円/当日1500円(パスポート提示で1300円)
小中高 前売・当日ともに800円

※4月16日(土)には本島にてショーイングを行う予定。

>>鑑賞チケットの購入方法などの詳細は瀬戸内国際芸術祭2016のHP
http://setouchi-artfest.jp)へhttp://setouchi-artfest.jp


Posted by koebi3 at 23:16  パーマリンク

2016/03/23
【宇 野】3/20(日) 「撮り船」フォトコンテスト表彰式開催!

瀬戸内国際芸術祭2016開幕のその日、宇野港では、第1回「撮り船」フォトコンテスト表彰式が開催されました。
このフォトコンテストは宇野港「連絡船の町」プロジェクトで、世界各地新旧様々な船の写真を集めるために昨年1年間をかけて開催していたものです。
最優秀賞は何と賞金10万円!

こえび隊の連絡船勉強会チームは、前日からの表彰式の案内の掲示物作成などの準備から、
表彰式の立て看板作り、そして式に参加する審査員の椎名誠さんと織作峰子さんのお迎え、
記録写真の撮影など、それぞれが大役を担って活動しました。


まだ穏やかな準備風景

今回、こえび隊と一緒に活躍したのは、地元の高校生たち。
受賞者の写真パネルを持って表彰式のステージに立ちます。
こえび隊と一緒に進行確認、リハーサルをして、準備万端!


ハードスケジュールの合間を縫って、はるばる宇野港までかけつけてくれたのは、
フォトコンテスト審査員で作家の椎名誠さんと、写真家の織作峰子さん。
岡山まで、ドキドキしながらお迎えに行ったけれど、無事、表彰式の開会に間に合ってよかった!


お二人からは、この日、表彰式に参加した審査員のみなさん一人一人の写真に講評をいただきました。
「撮り船」のおもしろいところは、単なる船の写真ではなく、そこに関わる人をテーマにしていて、想像力をかきたてられるところ…などと話されていました。

そして表彰式。受賞者の方々に玉野市長から賞状と賞金、記念品が授与されます。


この日は風が強くて、パネルを持つ高校生も風にあおられ大変そうでしたが、
船の行き交う海を背景に爽やかな式典になりました。
表彰式の看板も、倒れないように、裏でこえびがしっかり支えていたんですよ。


受賞者の皆さんにとって、思い出に残る表彰式になっていたらうれしいな。

そして、同じくこの日、第2回「撮り船」フォトコンテストが始まりました!
最後はこえび隊によるPRタイム!
芸術祭で島を訪れるみなさんも、カメラを持って船に乗ってくださいねー。


春会期初日の式典を無事に終えることができました!


そうそう、第1回「撮り船」フォトコンテストの入選写真は宇野周辺の街中に大きく展示されているんですよ。
全部で18点!みなさんぜひ見に来てください。


▼宇野港「連絡船の町」プロジェクトについてはこちら
http://archive.city.tamano.lg.jp/renrakusen/

▼「撮り船」フォトコンテストについてはこちら
http://archive.city.tamano.lg.jp/contest/renrakusen/2/


Posted by koebi2 at 10:01  パーマリンク

2016/03/21
【高松・宇野】瀬戸内国際芸術祭2016開幕

みなさんーー!
待ちに待った瀬戸内国際芸術祭2016がはじまりましたね。


こえび隊、初日は、県内外そして海外から参加があり、総勢100名が島へ渡りました。
高松港では、恒例の朝ミーティング。大巻伸嗣さんの作品近くで毎朝行なっています。


高松港テント広場で開会式もありました。


開会式後は、野良着をまとった切腹ピストルズが船を仕立てあちらこちらの島々を訪問。
高松港に居た彼らは、、


宇野港にやってきた!!


宇野港でもオープニングイベントあり、宇野港「連絡船の町」プロジェクト 第1回「撮り船」フォトコンテストの表彰式もあり、大盛況!!
総来場者数は2800人を超えたそうです。


最後に、参加したこえびさんと「撮り船」フォトコンテストで表彰された写真と一緒に♩


Posted by koebi4 at 00:15  パーマリンク

2016/03/18
【岡山・高松】3/11(金)、12(土)こえびミーティングを開催しました!

芸術祭開幕が目前に迫っています!
ということで、3月11日(土)、12日(日)の2日間、岡山と高松でこえびミーティングを開催しました。
どちらも内容は同じ。
会期直前に知っておきたい作品受付の基礎知識や、島々で展開される作品紹介などです。

まずは、島で活動するときの服装!「動きやすい」「歩きやすい」を心がけましょう。
春先はまだ寒い日も多いので防寒対策必須です。
虫や日射しから身を守るため肌の露出は避けましょう。
飲み物とそれから、お弁当も忘れないで!
荷物はリュックなどに入れていくと、両手があいて動きやすいです。


帽子やてぬぐい(タオル)も持ってきてくださいね

島で自分が出したごみは、必ず持って帰ってくださいね。

続いて、作品鑑賞パスポートの説明です。
今回のパスポートは春・夏・秋、3シーズンを通して使える、一般用、高校生用の2種類のみ。
2013年よりシンプルでわかりやすくなっているけれど、油断は禁物!
渡し間違いに注意しましょう。


一般用が青


高校生用がオレンジ

今回、気合を入れて準備した巨大パスポートは、会期中の朝ミーティングでも大活躍しそうですね。

新アイテムも登場です!(写真ではわかりにくいかな)


ちょっとスマートな仕様になっている鑑賞料領収書と、日付印。
作品受付では、パスポートを持っていない方が作品鑑賞に来たときには現金で鑑賞料をいただくことがあります。

うまくできるかな?と心配な方も安心!
こえび隊が受付をする各作品には、作品案内の仕方や、受付の方法をわかりやすくまとめた「てびき」があるんです。


高松港から島に持っていく、透明のビニールのバッグは各作品に一つずつ。
「受付バッグ」と呼ばれていて、「てびき」のほか、その日の活動に必要なもの一式が入っています。

以上が、今回こえびミーティングで、
事務局スタッフ渾身の演技を披露した寸劇を交えてご説明した内容の一部です。


今回ミーティングに参加できなかったみなさんにも、
会期中毎朝行う朝ミーティングで作品受付の方法や活動の際の注意事項をご説明しますので、
初めての方も、いつからでも活動に参加できますよ。

さあ、いよいよ芸術祭が始まります!
島に渡り、楽しい芸術祭をつくりましょう!


Posted by koebi2 at 03:52  パーマリンク

2016/03/16
【島キッチン】島のお母さんたちやシェフと一緒に活動します!

豊島にある島キッチンは、2010年に建築家の安部良さんによってできた作品です。
島のお母さんたち、丸ノ内ホテルのシェフ、こえびさん、そしてお客さんが集うレストランは「食とアート」で人々をつなぐ出会いの場です。


こえび隊は、瀬戸内国際芸術祭の期間中毎日島へ渡り作品受付をしてお客さんをお迎えしますが、島キッチンも同じくこえびさんたちの存在は欠かせません。
では、こえびさんたちは島キッチンでどんな活動をしているのでしょうか・・

高松港・宇野港で朝ミーティングに参加した後、作品受付のこえびさんたちと一緒に豊島へ渡ります。
初めて島キッチンに入る方には、島キッチン手帖を渡しています。島キッチンのこと、営業中のことなど細かく書いているので、これを常に持っていれば安心です。
島キッチンに着いたら、開店前の準備の手伝いをしたり、スタッフから1日の流れを教えてもらいましょう。

10:00
朝礼開始!みんなと顔を合わせて、今日のメニューや注意事項などの確認をしていきます。
1日のはじまりの大切な時間です。



11:00
営業が始まると、お客さんを席まで案内したり、お客さんのもとへ料理を運んだりします。島で採れた野菜や魚の料理説明を簡単に行ない、ときにはお客さんと会話もして楽しく活動しています。


お客さんが帰られたあとは、席を整え、お盆を下げます。


洗い物をしたり、吹き上げたりするお手伝いもあります。

14:00以降
営業が終了し落ち着いた時間帯になるとお母さんたちと一緒に一旦休憩に入ります。
片付けや洗い物をしたり、お母さんたちの仕込みを手伝ったりしながら、あっという間に時間は過ぎていきます。


さあ、そしてお待ちかねのまかないタイムーーーーー!!!
1日活動したあとのこの時間は至福の一時です(笑)
最後に片付けをみんなと協力して行い帰ります。

お疲れ様でした!


Posted by koebi4 at 11:46  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ