HOME › 活動ブログ

2014/08/23
【全島】8/13-14 納涼!島の夏祭り!!

今年も参加しました島の夏祭り!
いつもは夕方までに島から帰るこえび隊も、この時ばかりは夜の島々を満喫!
島のみなさんと一緒に楽しむ、ドキドキワクワクの夏の特別な体験をまとめてご報告します。


【豊 島】

8月13日(水)は豊島夏祭り!
祭りの会場は家浦です。
子どもたちのために保護者のみなさんが中心になって屋台を出します。
おもちゃや、フライドポテト、唐揚げなどなど。
こえび隊も子どもたちと一緒にお手伝い。
翌日の作品受付と合わせて、島に泊まり込みでの参加です!


わーい!フライドポテト屋さんになりました~!お祭り気分は急上昇!!!

さらに!今年は島キッチンからも屋台を出しました!
その名も「出張!島キッチン」
この夏キッチンファームで収穫したじゃがいもの素揚げも大好評。


そして、なんと!
今年のスペシャルゲストは、島キッチンテラスイベントでもおなじみの「かのんぷ♪」さん。


島のみんなが大好きな「豊島のうた」を、ライブで聞けるなんて!
こえびもしばしうっとり、贅沢なひと時。

翌日、8月14日(木)は島キッチンのある唐櫃岡の盆踊り!
島のおじいちゃんの唄う音頭に合わせ、みんなひたすら踊ります。


シンプルですが風情があります。
日本の夏ですねー。

【女木島】

8月14日は女木島の盆踊りにも参上です!
お盆ということで、島に帰省中のファミリーや、
キャンプを楽しむ島外からのお客さんも参加していて、とっても賑やかでした!


いつもは島でほとんど見かけることのない子どもたちもいっぱいいて、
瞬く間に女木島のおじいちゃん、おばあちゃんのアイドルになっていました。


女木島でも、櫓(やぐら)を囲んで、太鼓の音や音頭に合わせて、ひたすら踊ります!


こえび隊も、島の方の踊りを見よう見まねで必死に踊りについて行きましたが、
これがなかなか難しい!
どの島にも、それぞれの島ごとに、踊り継がれてきた盆踊りがあるんですねぇ…

来年には、踊りをマスターして、かっこよく踊りたいです!!

【男木島】

こえび隊、8月14日は、男木島の盆踊りにも出没です!
今回は通常の島の盆踊りに加え、「瀬戸内おどり2013」を踊ってみたい!という声をいただき、
こえびカンダダンと芸術祭の閉会式のステージで瀬戸内踊りのレクチャーサポートをしてくれた
金崎さんと一緒にいざ男木へ!

と、その前にカンダダンは高松港で練習です。
ギャラリーも現れ、プチコンサート。


到着後、薄闇の中まずは男木島の盆踊りから。
この盆踊り、お母さん達の足元、手元を見ながら見よう見まねで踊るのですが、
スローなテンポの中に変則リズムツーステップ、クロスステップ、踏みかえ…
とEXILEばりのステップバイステップ!

それを悠々と踊るお母さん達に驚愕しつつ、
マスターできぬまま、男木島伝統の盆踊りが終了。無念。


引き続いて「瀬戸内おどり2013」
みんなで練習して踊りを覚えたら、さあ、輪になって踊りましょう!



里帰りの方、遊びに来ている客さん、お母さんたちと一緒に楽しく
「せーとうちっ!」と踊りました。

そして盆踊り会の最後はお楽しみ抽選会。
配られたうちわに抽選番号がついていて、商品が当たるというもの。
なんと!踊りの先生、金崎さんが1位当選!やったー!

来年こそは男木島の盆踊りをマスターするぞ!と心に誓いつつ、
夜の男木島を後にしたのでした。


Posted by koebi2 at 22:53  パーマリンク

2014/08/19
【小豆島】8/16-17「目」のワークショップ「ダンボール大作戦!」

西へ東へこえび隊!小豆島に迷路を作るワークショップのお手伝いに参戦。

アーティストグループ「目」が、「捨てられるはずのものがアート作品に生まれ変わる驚きと感動を伝える」をコンセプトに、参加者と協力し、ダンボールを使った巨大な迷路アートを創りあげる!というもの。

まずは、「目」の制作メンバーからワークショップの流れや目的について説明を聞きます。


その後、受付を作って受付開始!


最初は、参加者が少なくてハラハラしていましたが、
一人増え、また一家族増え…と、会場となった空き家にどんどん子どもたちがやってきました!


初日は参加者に「ダンボール」という素材について感じてもらおうと、
組み立てて。。。。重ねて。。。。


こちらの動画をご覧ください↓
https://docs.google.com/file/d/0B2GCRhe1PQWsMS01ZGpZMjl3Q0U/edit?usp=docslist_api

ドーン!
この体当たりでダンボールの強さや弱さを感じてもらうというもの。

その後はみんなで家の中を探検し、どんな迷路にするか??アイディア出し大会です。
3人よれば文殊の知恵!おもしろいアイディアが続々。


最後に、実際にダンボールを使って「プロトタイプトンネルメイロ」を作成。
(プロトタイプとは「試作」というような意味があるそうです)


次の日は昨日のプロトタイプやアイディアを活かして家の中にどんどん迷路を展開しました。
17日も家族連れがたくさん参加してくださり、子どもと共に熱くなるお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが続出。
やり始めたら止まらない。。。。
ちょっとだけ見学。。。と言っていた方もすっかりハマって没頭!
最後にみんなで迷路を探検してワークショップは終了しました。


実はこのワークショップで作った迷路を、これから「目」が発展させていき、
9月13日(土)~23日(火・祝)には完成作品が公開展示されます。
9月27日(土)には解体・廃棄まで行い、「ダンボール大作戦」は終了となります!

展示もどうぞお楽しみに!


Posted by koebi4 at 19:59  パーマリンク

2014/08/18
【伊吹島】8/15-16みかんぐみがWSにやってきたぞ!

夏真っ盛りの先週末。
雨が降ったりやんだりで、ムシムシとした空気にイリコの匂いがかすかに香る…。
久しぶりに伊吹島にやってきました!

8/15(金)は、みかんぐみ曽我部さん・仏生山の岡さんとスタッフの方・観音寺市の方・こえび隊が協力して会場づくり。
昨年に制作・展示されていた1/300の伊吹島の模型を組み立てて、掃除しました。


こちらのチームは旗作り。
色々な情報を書き込めるように、白いとレーシングペーパーと楊枝を旗に仕立てていきます。



いっぱいできました!

作業をしていたら、飛び入りで島の方も時々訪れ、懐かしい話が飛び交います。


8/16(土)はワークショップ本番。
前日夕方に、みかんぐみの加茂さん、竹内さん、マニュエルさんも伊吹入りし、みかんぐみ4名が勢揃い!まずは全員でミーティングし、自己紹介と今日の動きの確認です。


開始まで時間があったので、こえび隊一同は玄関の掃除や、入り口のホワイトボードに手書きの看板を描きました。即興のミカン4つが素敵です。これで地元の方をお迎えする準備が整いました。


10時。島の方々が続々と旧伊吹小・中学校にやってきます。
20名以上の方が集まり、口々に昔話や今の話を話し始め、それはそれはとっても賑やかな教室に!

昭和30年代には4000人が住んでいた島。
そこらじゅうで、話題はつきません。

「映画館が3つもあったんや。」
「キャンディーやが2あった。」
「この家の本家はどこだったかねー。」
「ここで“まめ”をみたんじゃ!」   *まめ=伊吹島に伝わる狸のような妖怪?



家々を屋号で呼び交い、子どものころからの記憶を呼び起こしているよう。
たくさんの発見、長い歴史の跡がありました。

そして、こんなにたくさんの旗が!


秋にも愉しいイベントを企画しているそう!
お楽しみに!


Posted by koebi2 at 16:31  パーマリンク

2014/08/12
【夏休み特別企画】2泊3日!嵐のこえび寮滞在記。

8月8日からこの夏2回目の、2泊3日限定こえび寮がオープンしました!
今回は、文字どおり波乱のスタート。
台風11号の到来で8月8日の時点で週末の作品公開が中止となってしまい、
こえび寮宿泊のこえびさんの活動もすべて中止になってしまったのです。

とはいえ、遠方からはるばる参加してくれるこえびさん、
中止が決まった時点ではすでに瀬戸内に到着している人がほとんど。

寮長の地元こえび夫妻のサポートを受けて、
こえび寮生6名(+家に帰れなくなってしまった岡山在住の事務局スタッフ1名)が、
台風が高松を通過するまで、こえび寮で生活を共にすることになりました。


今回は、寮生6名のうち、なんと5名が新人こえびさん。
初めての活動が、すべて中止になってしまったことはとても残念なのですが、
こえび寮では、いつものように、みんなあっという間に打ち解けていました。
台風通過までの運命共同体みたいな感覚が、みんなの絆を強めたのかもしれませんね。

台風の直撃前のわずかな時間を利用して、
寮長さんと朝うどんも堪能できたみたいです。


2日目の夜は、寮長夫妻によるそうめん大会!
事務局スタッフも参加しての、にぎやかな食卓となりました。


活動はできなかったけれど、
こえび隊の活動の様子や雰囲気が少しでも伝わっていたらうれしいです。


今回寮に泊まったこえびさんも、台風のため参加を断念したこえびさんも、
ぜひまた瀬戸内に来てくださいね!
次回は必ず、島に行きましょう!


Posted by koebi2 at 19:04  パーマリンク

2014/08/12
【女木島】夏休みお楽しみ企画 ファミリープラン 始まっています!

夏休みだけの特別企画始まっています!
お子さんやお孫さんたちと一緒にこえび活動に参加しませんか?
これまで2組が参加してくれたので、ご紹介します。

8/3(日)女木島のMEGI HOUSEの受付にお孫さんと一緒に参加してくれました。
去年の瀬戸内国際芸術祭のお手伝いにも参加してくれたので、受付業務も手慣れています。


が・・あいにくの雨の中での受付・・お客さんも少なかったので、作品をきれいにしてくれましたよ♩
このプランに参加すると、夏の思い出の一つとして絵日記を書いてもらっています。作品と掃除の大変さが絵と文章から伝わってきますね。


続いては、8/8(金)に長野県から参加してくれたこえびさんを紹介します。
早速、昨年のスタッフTシャツを着て気合い十分です!


高松港からフェリー(めおん)で20分のところにある女木島に到着。
船内では、他のこえびさんともすっかり馴染みたくさん話をしたようです。
まず最初のお手伝いは、めおんから降りてきたお客さんにカフェ・イアラのチラシを渡します。


その後、MEGI HOUSEに移動して開館準備と受付です。
初めて見る作品や受付など、女木島でのこえび活動を楽しんでもらえたかな!?


夏休みも残り2週間をきりました。
島でこえび活動をしてみたい!
ちょっと変わった夏休みを過ごしたい!などなど・・
保護者の方と一緒に参加可能であればOKです。ぜひお申し込みください。
詳細はこちらをご覧ください。 http://www.koebi.jp/news/join1/entry-1011.html
女木島、男木島限定での活動となりますが、参加してくれたお子さんたちはみんな楽しそうでしたよ☆


Posted by koebi4 at 00:30  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ