HOME › 活動ブログ

2012/07/28
7/15 伊吹島の「港祭り」に行ってきました!

暑い夏が始まりましたね!
今年の梅雨明けは7月17日でしたが、その少し前の7月15日に伊吹島の熱いお祭りにこえび3匹で参加してきました。

まず、伊吹島について簡単にご紹介致します。
観音寺市の沖合約10kmに浮かぶ香川県で一番西の有人島です。島の周囲は約5km、現在は約700人、300世帯が暮らしています。
漁業の盛んな島で、さぬきうどんの出汁に使われるイリコが特産品として有名です。若い人が多く大変活気のある島です。

お祭りが始まる前に網元さんの加工場を見学させてもらいました。写真は大きな冷凍庫のです。



イリコや小さいイカの煮干を試食させて頂き、あまりの美味しさについついその場でお土産イリコを買ってしまいました!




漁協ではタオルやTシャツ、のぼりなどのイリコグッズも販売してあります。



さて、今回参加したお祭りはイリコ漁の最盛期の合間に行われるお祭りで「恵比寿さま」の木像を漁船に乗せて伊吹島とその周辺の無人島を巡る勇壮なお祭りです。
伊吹島では「恵比寿さま」のことを訛って、「ヨベッサン」と呼んでます。伊吹島の方言は独特な言い回しが多く金田一春彦先生が全国に紹介した事もあるそうです。

神社での神事の後、網元の跡継ぎさんがヨベッサンを抱えて漁船まで歩きます。
中は空洞ですが、結構重く大変そうでした。



これが漁船です。大漁旗をたくさんつけてカッコイイ!



御座船とお供船数隻で船団を組んで伊吹島の周りを走ります。
大きな漁船を二隻横抱きして燧灘を全速航行です!



乗ってすぐに茹でた小エビをご馳走になりました。



漁船団はしばらく走ると無人島の股島沖に仮泊します。
ここで船同士をつなぎ、小型のボートに乗り換えて島に上陸となります。




なんとなく海賊気分になってきます。

股島もかつてはイリコの加工場があり、最盛期では200人くらい住んでいました。この島にもヨベッサンが祠に祀られていて、このお祭りでは伊吹島のヨベッサンが漁船に乗ってご挨拶しに股島へお越しなのです。



この後、円上島へも同じように乗り付けてお参りをしてきました。

漁船団は再び伊吹島へ戻ります。
ここからお祭りのクライマックス、タオル廻しの始まりです。
漁船の上と網元の加工場でお互い色とりどりのタオルを振ります。




簡単そうに見えますが、風が強くて中々きれいに振ることができません。




頑張って振ろうとしますが手にタオルが巻きついてキレイに振れません。
来年は練習してから是非チャレンジしたいと思います。

文:こえび隊 有田 翼


Posted by koebi at 19:49  パーマリンク

2012/07/15
7/15 傾き者、まかり通りました!

ART SETOUCHI 夏 七変化「傾き者まかり通る」が7/15に開催されました!
中山の舞台で行われたこのイベントは中山歌舞伎保存会の方がた総出演という豪華ぶり!そこに輪を掛けて地元の太鼓チーム橄欖(かんらん)さんも出演で生太鼓が舞います。


このイベントは中山に残る宝物である歌舞伎舞台、衣裳、小道具、それから連綿と受け継がれる中山の農村歌舞伎の芸をファッションショーを通して広くみなさんに観て頂くという企画です。その企画にあわせ演出家の明神慈さんが歌舞伎の演目をベースに宝物をより輝かせる脚本を書き演出をつけてくれました。プラス、木並和彦さんというプロの作曲家にも入っていただき、現場でその場その場にあわせて曲を作っていただきました。
より良い作品をお客様に観て頂く為に、ギリギリまで各パートで最終調整!


もちろんこえび隊も衣裳着付け、メイク、受付、会場案内、誘導、くるくる隊(まわり舞台班)、黒子!!と大活躍です。



お天気にも恵まれ、いざ、開幕!
幕が開くと籠が登場。さて中には?


町長登場です


中山の子供達も白波五人男で登場し、瀬戸内国際芸術祭2013の宣伝「渡り台詞」で会場を沸かせます。


他にもあの手この手で攻めの演出。



観客参加型演出で観客のみなさんにも団扇で音を出してもらったり、観客のいる桟敷席を役者が走り回ったりする中でスタッフも含め会場全体に一体感が生まれ、今日のこの時にこの場所にここにいる人たち(観客も含め)誰一人が欠けてもこの世界は生まれなかった。という空間が立ち上がりました。これぞ生の醍醐味。


最後は観客も全員立上がり、紙テープの雨でフィナーレとなりました。




まだまだ、これは夏の始まり。
これにて暑い夏の幕開けです。


Posted by koebi at 00:10  パーマリンク

2012/07/09
7/8 男木島「オンバファッションショー」お手伝い!

7/8に、男木島で「オンバファッションショー」が開催されました。
心配していたお天気も無事回復。

こえび隊は、準備のお手伝いのため8時便で男木島に渡ります。
島に着いたら、すぐ会場設営の準備です。


会場へパイプ椅子を運んだり、前日の雨で池に貯まっていた水をかき出したりと
予想外の作業がたくさんありましたがなんとか、予定通りの時間で終了。


舞台も着々と準備が進んで、最後にレッドカーペットが敷かれました!
白い建物に赤いカーペットがまぶしい!!準備はバッチリです。


リハーサルも予定通り終わり、いよいよ本番!会場は満員です!
本番を待ち構えたかのように、まぶしいばかりの青空が広がります。


報道陣と、たくさんのカメラマンも注目です!


いよいよモデルさん登場!!!

オンバに合わせてオーダーメイドした服を華麗に着こなして、モデルウォークと
パフォーマンスを披露!!みなさん、キマッテマス!



応援に来ていたお孫さんも飛び入り!!いっしょにオンバを押してウォークです。


今度は、作った学生さんと共に登場して、服の材料に使った生地にまつわる
お母さん達の想い出話も交えながらインタビュー。けっこう細かいところまで
こだわって作られていることが分かります。



最後はみんなでならんでバンザーイ!!


真夏のような暑いお天気の中、出演したお母さん、スタッフのみなさん、こえび隊のみなさん、お疲れさまでした。


毎年、男木島の恒例イベントになるといいですね!


Posted by koebi at 18:34  パーマリンク

2012/07/09
7/8 女木島一斉清掃に参加してきました!

女木島の一斉清掃に、こえび隊も参加してきました!

こえび隊は、海水浴場のすぐ近くにある、松原の清掃をしました!
今年は冬から春にかけて、強風の日が多かったこともあり、例年よりたくさんの松の葉や枝が落ちてました。


島民の方とワイワイとお話ししながら、ひたすら軽トラや一輪車に落ち葉などを積み込みます。



みるみる落ち葉が減っていき、あっと言う間に松原はスッキリ、綺麗になりました。
みんなで、協力して作業したので、当初計画してたより早く作業が終わりました!



作業終了後は、女木島の長老から女木島について色んなお話が聞けました!

来週にはいよいよ海開き!毎年女木島には、たくさんの海水浴のお客さんがいらっしゃいます!(船も増便します)いよいよ女木島にもアツーい夏がやってきます!!


Posted by koebi at 17:05  パーマリンク

2012/07/07
7/7 小豆島 中山の虫送り

映画「八日目の蝉」のロケ地にもなった中山の虫送りに参加してきました!
日本の棚田100選にも選ばれている「中山の棚田」は田植えも終わり一段と美しい景観を見せてくれます。


さぁ、いよいよ住職が虫送りに使う火を前にご祈祷されます。
この火を参加者が持つ「火手(ホテ)」という松明に灯し、棚田をゆっくり下りてゆきます。


今年も参加者が大勢集まっています。
島外、県外からも多数の参加者がいらっしゃいました。


もちろんこえび隊も「火手」を持たせてもらいましたよ!
棚田の上から下へと、稲穂につく虫を追ってゆきます。


棚田を下りきった所にある「中山の舞台」では自治会の皆さんが頑張った子供達にお菓子のプレゼントです。
みんなで「おつかれさまでした!」


Posted by koebi at 00:11  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ