HOME › 活動ブログ

2011/05/27
5/25 男木島 作品清掃&メンテナンスを行いました!

5月25日(水曜日)

前日までの雨はどこへやら。この日は朝からとても良いお天気で暑いくらいです。
路地から見上げる青空にはくっきり飛行機雲が!


連日のぽかぽか陽気と、雨によって、作品設置している庭にたくさんの雑草が生えてきました。

午前中、まずは谷口さんの作品「オルガン」が置いてある庭の草刈りです!

Before はこんな感じで、草ぼーぼーです。


いざ!手に武器を持って、さっそく草刈り部隊出動です。


まずは、大きな草をばっさばっさと刈っていきます。


大きな草は根っこがしっかりしてるので、クワで掘り起こします!
なかなか大変です。


みるみる草が刈られてキレイになっていきます。
なんと!大きなゴミ袋に10袋も集まりました!!


After こんなにきれいになりました!スッキリー


草刈り部隊もきれいになった庭を見て、満足そうです。


午後から、高橋さんの作品「SEA VINE」のお部屋の掃除です。
ホコリや、クモの巣がたくさんついていたので、きれいにします。

まずは床とタタミの掃除機がけ。

作品に触れないよう細心の注意を払いながら作品の下に潜り込んで
匍匐前進しながらの作業です
(決して寝転がってサボっているわけではありません・・・)


その後を、ぞうきんがけ隊員が追っていきます。
こちらも匍匐前進でなかなか大変そうです。

最後は床の間もきれいに拭いて完成!ぴかぴかになりました。


床とタタミがキレイになったら、次はクモの巣取りです。


ワイヤーに触れないように、そーっと”特製 クモの巣取り棒”でクモの巣を
取っていきます。

こちらも無事終了して、ほっと一息。


今日の作業はここまで。

刈り取った草を港まで運んで船に積みます。


オンバに積めるだけ積んで、あとは手で運びます。
ちょっぴり積載量オーバーぎみですが、なんとか乗りました。


参加したこえび隊のみなさん。お疲れさまでした!

来週6月5日にも、男木島の海岸清掃があります。ぜひ皆さん参加してくださいね。
エントリーはこちらから!

http://www.koebi.jp/news/entry-166.html


Posted by koebi at 22:07  パーマリンク

2011/05/27
5/21-24 東日本大震災現地ボランティアに行ってきました

こえび隊は、5月21日(土)~24日(火)にかけて、東日本大震災現地ボランティアに参加するため、宮城県石巻市へ行ってきました。

メンバーは瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局とこえび隊、そして全国のこえび隊のネットワークを活かした呼びかけにより新潟・東京などからも参集し、総勢25名の活動となりました。

高松からバスで約15時間。日本を半分くらい横断し、東北へ向かいます。

22日早朝、石巻専修大学に到着。そこは石巻市災害ボランティアセンターとなっており、そこで活動のマッチングをし、初日の現場に向かいました。

震災翌日からボランティアとして活動されている男性の方に誘導され、私たちは湊中学校へ向かいました。そこは避難所になっていて、私たちはお昼の炊き出しのお手伝いと、食堂となっている武道館の掃除をしました。全国から集った若いボランティアが協力し、日々の炊き出しを行っているそうです。毎日200食、量と味、段取りから材料調達などに気を使いながらの調理は大変です。さらに、ガス・電気・水道がなく、水もタンクから使うので、食器等の洗浄も色々な知恵で水を使わない工夫をしていました。

2日目は、1ヶ月前からボランティアをされている女性の方に先導され、石巻市の大街道地区へ向かいました。そこは、家屋の1階部分が津波により浸水し、2ヶ月間、ほぼ手つかずのお家もある場所でした。私たちは2チームに別れ、2軒のお家で作業をさせてもらいました。


海水やヘドロが床下に入り込んでしまっているので、家の床をはがし、その下のヘドロなどをスコップでかき出し、土のう袋にいれてどんどん運んでいきます。一方で、全く手を付けれていないお部屋の中の物を外へ出していきます。アルバムやCDなど思い出が詰まった様々なものが泥と一緒にでてきます。私たちはそれを丁寧に外に並べ、このお家のご夫婦が大事そうに整理をされていました。押し入れの衣服なども出し、奥さんと一緒に整理しました。


たった数時間だけしかお手伝いできませんでしたが、このご夫婦と色々お話させて頂きました。お二人は、私たちが瀬戸内や新潟から来た事に驚き、とても感謝して下さりました。

帰る間際、全員でお夫婦にお世話になったこと、さようならの挨拶をすると、奥さんが、本当にきれいな声で「ふるさと」を唄って下さりました。
帰りのバス、この声を何度も思い出されてなりませんでした。

瀬戸内で培ったこえび隊の団結力と明るさをもって、たった2日間でしたが、被災地で活動をしてきました。しかし、それ以上に私たちがもらったものが大きかったと思います。

なにか1つでも、被災地のためにできることを、私たちが出来る範囲で、これからも続けていきたいと思います。


Posted by koebi at 12:15  パーマリンク

2011/05/24
5/22 男木島 「男木の宝もの探し」表彰式に参加してきました!

5月22日(日)、男木島の男木交流館で、「男木の宝もの探し」の表彰式があり
「こえびカンダダン」の一部メンバーが参加して、お祝いの演奏を行いました。

期間中 172点もの作品が集まり、11名の方が受賞されました。

グランプリの「男木島賞」には、男木島出身の宮下幸雄さん「タイトル:いつの日か」
が選ばれました。おめでとうございます!

表彰式の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.ogijima.jp/blog/entry-180.html

授賞式の様子


演奏中のカンダダン



「こえびカンダダン」メンバー募集中!
興味のある方は以下のリンクからエントリーしてください。
http://www.koebi.jp/news/entry-109.html


Posted by koebi at 17:24  パーマリンク

2011/05/16
5/14【めおんウェディング】女木島・結婚披露宴!

男木島で結婚式を挙げた後は、女木島で披露宴を行いました。
場所はレアンドロ・エルリッヒ作品のレストラン・イアラです。


事前の準備では、こえび隊の手によって会場がお花で華やかになっていきます。



レストランの準備もバッチリ!イアラスタッフの方たちも気合十分です!
ワクワクしながら新郎新婦の到着を待ちます。



さてさて、めおんウェディング御一行が到着。
新郎新婦は特設高砂席へ!美男美女のお似合いカップルです!本当に素敵です!!
頑張ってつくったお花もバッチリ!!



島民の方たちも、たくさんお祝いに駆けつけてくれました!
ありがとうございます!



島民の方が自ら描いた絵をプレゼントしてくれるというサプライズもありました!



島の方のリクエストで“瀬戸の花嫁”をまたまた大合唱。
すると、30年前に女木島で結婚式や披露宴を最後に行ったご夫婦が名乗り出てくれました!
そのご夫婦と新郎新婦との、感動の記念写真です。



もちろんウェディングケーキもいただきました。
新郎新婦からの、幸せの甘い甘いお裾分けです。



最後は、こえびカンダダンから楽しい演奏をプレゼントしました!!



こうして、男木島と女木島での壮大な結婚式が無事終了しました。
結婚式、披露宴とも初めてのことばかりででしたが、時に楽しく、時には感動もあり、本当にチャーミングで島中に笑顔溢れた一日になりました。
新郎新婦はじめ、ご両家の皆様、島の皆様、本当にありがとうございました!



そして、ご結婚おめでとうございました!
毎年毎年の結婚記念日には、再び男木島・女木島に来て下さいね!!



Posted by koebi at 20:18  パーマリンク

2011/05/16
5/14【めおんウェディング】男木島・結婚式!

5月14日、男木島の男木交流館で初めての結婚式がありました。
昨日までの悪天候はウソのように、気持ちいい青空が広がる最高の快晴となりました!

新郎新婦が芸術祭期間中に男木島を訪れた際に「こういう場所で式を挙げれたらいいね。」とかわした会話から始まった、本日のめおんウェディング。こえび隊も全面バックアップをさせて頂いて、式に臨みました。

朝からの準備で、お昼には交流館はすでに会場の飾り付けも終わり、立派な結婚式場に変身!
新郎新婦も着替えを済ませ、灯台や豊玉姫神社で写真を撮ります。


オンバ・ファクトリーさんから、すてきなウエルカムボードをご提供頂きました!
めおんオンバにはハート型の風船もついています。


そして、いよいよ式の始まりです!
新郎新婦、ご親族、友人方をはじめ、地元のおじいちゃま、おばあちゃまも大勢集ってくれました!
新婦入場はこえびカンダダンのファンファーレです!ドキドキの本番!
小学生こえび隊の川田くん兄弟が、オンバさん作“てんとう虫のオンバ”で結婚指輪を運んでくるという演出や(もちろん曲はてんとう虫のサンバ♪)、大西高松市長からのメモリアルカードの贈呈など、とても温かいアットホームな式になりました。


最後は、シャボン玉シャワーで退場です!
晴れ渡った青空に、シャボン玉がキラキラ光ってとてもきれいでした。
全員で“瀬戸の花嫁”を合唱し、2人の門出を祝いました。



大勢の方に囲まれて、新郎新婦も幸せそうです。


式が終わったら、次ぎは島中をお練りしました。
かつては「男木伊勢音頭」を歌いながら、荷物を担いで島中をお練りし、豊玉姫神社までお参りしたそうです。
今回の結婚式をするにあたり、事前に男木の方々に色々と助言をを頂いて、お練りをすることになりました。飛び入り参加の島のお母さんたち、威勢のいい「男木伊勢音頭」で盛り上げてくれます!年季の入り方が違います!きまってます!


島のメインストリートの路地をお練りして、川島猛&ドリームフレンズ作品まで移動、しばし休憩し、また港まで練り歩きます。


そして、新婦はめおんにウェディング姿のまま乗船。披露宴会場の女木島へ向けて出発です!
出港と同時に、こえびカンダダンのファンファーレが鳴り響きます。めおんも祝福の汽笛をポーッとならしてくれました!


たくさんの島の方たちに集まっていただき、盛大な紙テープの贈り物。
昔もこうやって送り出していたんでしょうか。
見えなくなるまで、ずっと手を振ってくれていました。感動の瞬間です!!



さあ、披露宴会場の女木島に移動です!


Posted by koebi at 20:01  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ