HOME › 活動ブログ

2011/02/24
2/11(金)大島「かんきつ祭」を行いました!

2月11日(建国記念日)。大島では「かんきつ祭」が行なわれました。

この日、高松では交通規制がかかるほどの積雪。聞いた話だと25年ぶりだとか…。それでも有難いことに大島行きのフェリーは時刻通りに運行していました。

「かんきつ祭」とは、大島で生活されている入所者の方が栽培された柑橘類を収穫し、皮と実に分ける作業をみんなで楽しくやりましょう!というお祭りです。皮と実に分けられた柑橘類は、カフェ・シヨルの井木さんと泉さんによって、ママレードなどに加工された後、お菓子やお料理に使用されシヨルのメニューとなり、訪れるお客様に提供されます。

大島に到着してからもお天気はスッキリせず…。外の作業は、とっても寒いので、厚生会館で、事前に収穫しておいた文旦(ぶんたん)を洗ってむく作業をしましょう!ということになりました。

お湯で洗っていると文旦のいい香りが漂いはじめ、むく作業に入ってからは、香りが室内に充満していました。


外側の皮は、内側にある白い柔らかいところを、なるべく残さないように薄くはがします。中の実も、薄皮がなるべく残らないように取り出します。


やさしい美術プロジェクトの高橋先生、泉さん、大島ファンのお客様、こえび隊、あわせて10名程。そこに入所者の浜口さんが加わり、談笑しながら作業をしました。


作業が終わるとシヨルに移動してみんなでランチ。
シヨルのお二人がちらし寿司を用意してくださいました。

お花の形と扇の形。錦糸玉子ではなく、シヨルちゃん型とひょうたん型の薄焼き玉子が載せてあります。食べるのが勿体ないくらいの可愛らしいお寿司!風味付けに柑橘果汁も絞ってあり、とてもさわやかです。この地方のちらし寿司に習い、茶福豆が入っていて、それが良いアクセントとなり、とても美味しかったです。



午後。
お天気が回復してきたので、入所者の野村さんが栽培する甘夏の木の下へ。
午後から新たに2名のお客様が加わり収穫作業です。

野村さんに「育てるのにどんな手入れがいるんですか?」とお聞きしたところ
「何もしてない。」とのこと(笑)。大島は土がいいから特に手入れをしなくても充分育つのだそうです。


野村さんにお借りした枝切りハサミと高枝切りハサミを使い、「甘夏を切る係り」、「それを受け取る係り」と自然に役割分担し、収穫しました。



ここで隠れた才能を発揮したのは、こえび隊の平井さん!ささっと木に登り、そのまま甘夏を切り取り、下で待機する入所者の浜口さんに的確に渡していく。
みんなから「みかん農家の奥さん」なる称号まで頂いて大活躍でした!!


緑に黄色のドットが鮮やかだった野村さんの甘夏の木は、最終的には緑一色になりました。果実を全て収穫しきって、一輪車に山盛り2杯分。


「鳥が食べるから、少し残しといたらええ。」と野村さんはおっしゃっていたのですが、誰の耳にも届いてなかったようです…。

厚生会館に持って帰った甘夏は、フェリーの時間もあったので皮むき作業は断念し、洗うだけにしました。



野村さんによると、今の時期に収穫すると少し酸味が強いそうです。
その酸味が加工食品には丁度よいとのこと。今年はどんなメニューとしてお目見えするのでしょう。楽しみですね!


写真・文 中島久美子


Posted by koebi at 11:24  パーマリンク

2011/02/21
2/19(土) 男木島 文化祭のお手伝いと凧あげをしてきました!

2月19日 土曜日

この日は、風のないおだやかなお天気に恵まれました。
普段ならうれしいお天気のはずなんですが、今日は午後から凧揚げです。果たしていい風は吹くのか!?


恒例の、めおんの中でえいえいおー!
今日はいつもの作品受付に加えて、文化祭のお手伝いと凧作り・凧揚げする
みんなが乗り込んでいるので、いつもよりにぎやかです。


男木島に到着したら、その足ですぐ文化祭の展示会場に向かいます。


先日、ワークショップで制作した凧たちはこんな風にきれいに展示されていました。


大きな凧(トイカとヨマイイカ)は、なんと交流館の中にででーんと展示されていました。かっこいいです。


まずは、文化祭の会場を見学します。
書や掛け軸からはじまり、生け花や押し花、パッチワークに絵画・彫刻など
バラエティに富んだ展示です。昔の男木島の写真も展示されていて、たくさんの人が
興味深そうに見入っていました。



いよいよ待ちに待った凧作りワークショップの時間がやってきました。
子供たちがたくさん参加してくれて、会場は人でいっぱいです。
こえび隊も、先週覚えたての凧作りの方法を思い出しながらレクチャーします。
ちょっと記憶が怪しいところもありましたが、そこは島のお父さんがしっかりフォローしてくれました。



集中して凧づくりをしていたらあっという間にお昼になりました。

お昼ご飯は、島のお母さんたちが作ってくれたバザーをいただきます。
メニューは男木の味噌で作った「しっぽくうどん」と「おいなりさん」です。
おいなりさんにはジャコが入っていて具だくさん!おいしかったです。
ごちそうさまでした!!
やはり、うどんにおいなりさんは黄金の組み合わせです。


おなかも落ち着いたところで、さっそく完成した凧のテスト飛行です。


最初はおそるおそるあげていた人たちも、少しづつコツをつかんできて
風はあまり吹いていませんでしたが、結構いい感じで高くあがっていました。


冬の穏やかな空にカラフルな凧がたくさん舞っている風景がとてもステキでした。


Posted by koebi at 16:43  パーマリンク

2011/02/08
2/6(日) 女木島の文化祭に参加してきました!

2月6日 日曜日。今年で16回目となる、女木地区文化祭が女木島で開催されました。


この日、こえび隊として「作品展示」「バザー出店」「芸能発表」の機会をいただきました。

バザー出展用のグッズ作りは数日前から。
制作部隊が、仕事帰りに集まってコツコツと作ってくれました。



完成したグッズたち。クオリティ高し!


前日の土曜日は女木島に渡り、会場づくりをしている島の方たちの
お手伝いをしました。


こんな感じで無事、展示会場が完成しました。


そして迎えた文化祭当日の日曜日。
穏やかなお天気に恵まれて絶好の島日和。


まず作品展示の会場を見学します。



こえび隊から出品した作品の数々。
焼き物や生け花、染め物など、バラエティ豊富です。


こちらは、”こ”こえび隊員制作のこもれびBOX。
「こもれびプロジェクト」に参加した隊員が、自ら原理を勉強して
縮小版を制作したそうです!


お昼から、「芸能発表会場」の体育館に移動します。
会場に向かう「こえびBOYS」たち。

芸能発表会が始まりました。
楽器演奏や踊り、体操など、こえび隊も参加して盛り上がります!



そしていよいよ「こえびBOYS」出演本番!
体を張ったパフォーマンスを繰り広げます。


組み体操で女木島の作品を作り、それが何かを当てる
ゲームです。観客席からは次々に回答が飛び出します。


発表会も無事終了して、お片付け。
手際よく撤収のお手伝い。


その後、甘~いおしるこをいただきました。
冷えた体に染みこみます・・・

お口直しのたくあんが、これまたおいしかったです。


参加したこえび隊のみなさん。
そして「こえびBOYS」のみなさん、お疲れさまでした!!



Posted by koebi at 12:25  パーマリンク

2011/02/04
1/30(日) 男木島 たこ作り&お勉強会!

1月30日 日曜日。
いいお天気に恵まれて、絶好の島日和。

今日は、いつもより少し人数が多めです。
おなじみ「めおんの中でえいえいおー!」


男木島に到着したら、会場となっているコミュニティセンタに向かいます。

この日は、19日に開催される「男木島文化祭」の凧あげ大会で使う
凧の制作と、当日のワークショップの指導をするスタッフになるためのお勉強会です。

島のお父さん、お母さんたちも続々と集合して準備が始まります。

男木島には、2種類の伝統的な凧があって、これを「イカ」と呼びます。
大きさや形で呼び方が違って長方形で大型の凧を「トイカ」、ひし型で
中型の凧を「エンダラ」と呼びます。

これがトイカ。


そしてこちらがエンダラ。


午前中は主に、骨組みとなる竹や紙の材料作りです。
みんなせっせと紙を貼ったり、竹を削ったりします。



その横では、当日、小中学生にワークショップで制作をしてもらう
「ビニール凧(通称:ぐにゃぐにゃだこ)」のお勉強中。

みんな真剣に聞いています。


あっという間に時間は過ぎてお昼になりました。
島のお母さん手作りの品が次々に出てきます。
おいなりさんに豚汁、ポテトサラダやお漬け物など。


おいしさのあまり次々におかわり続出で、あっという間に完売!
ごちそうさまでした!


午後からは、いよいよ凧の組み立てです。

紙を貼り合わせる順番や、骨の組み方などみんな真剣に聞いて
おそるおそる作業をすすめます。


こえび隊も、教えてもらった順番で一つ作ってみました。
ちょっと飾り付けは個性的に。真ん中にはこえびマーク!



カラフルな凧がいっぱいできました。


こんな大きな凧がたくさんあがったら迫力ありそうです。

最後はみんなでお片付け。ものすごい量の竹の切りくずがありましたが
そこは手慣れたこえび隊、掃除も撤収も素早い!!


19日の本番では、作った凧を実際に空にあげます。
エンダラとビニール凧は、当日制作して、その場で凧あげまでできてしまう
ワークショップもあります。ぜひ男木島に遊びに来てくださいね!

文化祭の詳細は、決定次第twitterやホームページでお知らせします。


Posted by koebi at 16:51  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ