HOME › 活動ブログ

2017/04/18
【豊 島】4/9(日) 島のお誕生会〜春だ!花見だ!紅白対抗かくし芸大会!!in甲生~

今回のお誕生会は島キッチンのテラスを飛び出し甲生集落での開催。



雨が降るかな?降らないでほしいな。。桜咲くかな?
と1週間前からドキドキしながら週間天気予報とにらめっこ。
前日は霧が凄くて船も止まり、桜もほぼ咲いていなく、どうなる?!誕生会!(泣)
と迎えた、当日。
夜中に降った雨も止み、霧も晴れ、桜も二分咲き!
よろこび勇んで準備にとりかかります。



4月の誕生会は「紅白対抗かくし芸大会」
紅組白組に分かれてかくし芸を披露します。
オープニングアクトを飾るのは豊島のひとみ保育所のみなさん。


芸術士の村井知之さんの先導で登場し、堂々のラジオ体操の披露です。
あまりのかわいらしさにみているみんなが思わず一緒にイチ・ニイ・サン。
すっかり心と身体のほぐれた所でいよいよ紅白対決がスタートです。

こえびからはあの芸術祭2016閉会式で白い流星と囁かれた伝説の
白タイツ隊が登場したり、テシエモン×のび太×しずかちゃんが
飛び出したりとのっけから大盛り上がり。
全4回戦の紅白対決は、歌あり、楽器の演奏あり、大物漫才ありと多種多様。
この会場でしか見ることのできない衝撃のラインナップ!


中でも観客の心を掴んだのは豊島在住の小学生の女の子による「逆さ言葉」
30文字以内であればどんな言葉も反対からスラスラとしゃべれると
「しまの こうはくたいこう かくしげいたいかい」も一瞬で
「いかいたいげしくか うこいたくはうこ のまし」とサラリ。
その場でお題をもらってどんどん逆さにしゃべってしまう!本人もなんでできるか
わからないらしいです。
オオトリは甲生のこまどり姉妹による「瀬戸の花嫁」VS こえびおしどり夫婦が
歌って踊る「林檎殺人事件」でした。
全てのかくし芸が出そろった後に、観客により紅白のカードが掲げられます。
ドロロロロロロロロロ〜ジャン!


厳正なるこえび野鳥の会のカウントで出た結果は「紅組」の勝利。
勝った紅組には金のメダル、白組には銀のメダルが授与されました。



みんなで楽しんだ後は、そうです!バースデーカードのプレゼントです。



そして今月のデザートは甲生のドンドロ浜商店さんが豊島のたまごをたっぷり使って
つくったカステラの登場。パッケージからも丁寧に大事に作ってくれたことが
想像できます。これはおいしそう!食べたい!!

…もちろん、お誕生月の方、優先です。


お天気にも恵まれ、汗ばむほどの陽気に朝、二分咲きだった桜は
誕生会が終わるころには五分咲きに。


そうそう、2月からバースデーカードには最後の集合写真が貼り付けられる
仕様になっています。ちょっとづつバースデーカードもマイナーチェンジ
していますのでこれから誕生日を迎えられる方はお楽しみに!


来月は5月7日の開催です。
島キッチンのテラスに津軽三味線奏者と民謡歌手がやってきます。
デザートは当日のお楽しみ!
5月生まれの方、ぜひ遊びにきてくださいね。
そして祝う方も重要です!5月生まれ以外の方、楽しく一緒にお祝いしましょう。

(写真:藤井美帆)


Posted by koebi4 at 14:33  パーマリンク

2017/04/08
【高 松】瀬戸内に春きたる、こえび濃霧で島へ渡れず

高松港 午前8時

瀬戸内の春は濃霧とともにやってきます。5m先が真っ白で見えないくらい濃い霧です。
この霧がでると海上保安庁から「停船勧告」が出されます。
港から船が出たり入ったりできなくなるのです。
港では船はいつでも出航OKの状態で動けず、多くの人や車を積んだまま、白い霧の中で待機。
今日は開館日なので島に渡るこえび隊の面々も、高松事務局で待機となりました。


大島・豊島・女木島・男木島に渡る予定だったこえびたちで賑わう事務局

この「停船勧告」はフェリー会社が協定を結び視界が悪い条件を設定し、それが満たされると「停船勧告」が出されます。実は全国でも岡山県・宇野港と香川県・高松港だけなんだそうです。これは1955年におきた宇高連絡船の「紫雲丸事故」の後に取り決めになった厳しいルール。日本でも上位の入港船舶隻数を誇る高松港で、次から次へと出入りする船の安全を守るためなんですね。

今日も朝6時30分の第一報から始まり、各船会社が欠航を発表。こえび隊のメンバーも時間通りに集合してくれたのですが、残念ながら昼まで船が動かないということで、今日は一部作品は閉館が決定。こえびもそれぞれ解散しました。(わざわざ港まで来てくれたみなさん、ごめんなさい。)

「停船勧告」は12時すぎに解除し、待ってましたとばかりに次々と出航していく船たち。
朝からフェリーの中で待っていたお客さんからは拍手が起こったそうです。
(15時30分に再び停船勧告がでました)

しかし、いつもはお昼を過ぎたら霧がサーッと晴れてくるのですが、今日は午後になってもなんだか真っ白なまま。
高松港の事務所で机に向かっていると、開けた窓から、さまざまな音色の汽笛が聞こえてきます。高い音もあれば低い音も、遠くから近くから。まるで汽笛のコンサートのようです。


高松港 午後13時

明日は豊島のお誕生会。
さあ、霧は晴れるでしょうか?


Posted by koebi2 at 13:49  パーマリンク

2017/03/22
【女木島】3/11(土)~12(日)、15(水)作品開館準備ファイナル!


3/18(土)から、週末の作品開館が始まり、
作品受付のためにこえびさんたちも元気に島々に渡りました。

その少し前、女木島にある作品の開館準備はいよいよクライマックス!
3/11(土)~12(日)は、行武治美さんの作品「均衡」を、一枚一枚手作業で磨きました。



まずは、天井に近い部分からホコリや砂をハタキなど使って落としていきます。
高いところには、伸びるハタキで対応!




今度は刷毛やキッチンペーパーを使ってひたすら磨きます。
もちろん、お庭のお手入れも!

二日間の作業のお陰で、ピカピカの「均衡」に蘇りました!
実物を見に、女木島に行ってみてはいかがですか?
作業のあとはみんなでホッと一息♪


3/15(水)は、冬の間眠っていた木村崇人さんの作品「カモメの駐車場」のカモメたちと、
禿鷹墳上さんの作品「20世紀の回想」の船の帆を設置しました。


この日は強風のため防波堤での設置中、カモメが何度も飛んでいきそうになりました。
みんなのチームワークが良かったので、無事に設置作業は終了。
ここにカモメたちが戻ってくると、何だか嬉しくなりますね!



禿鷹墳上さんの「20世紀の回想」の船の帆は、風が強いので取り付けのみ。



後日、無事に上げることができ、こちらも開館に向けて復活しました!

これから過ごしやすく、外に出かけるのに気持ちの良い季節になりますね。
是非、こえびさんたちの力できれいになった作品たちを見に来てくださいね!


Posted by koebi4 at 15:28  パーマリンク

2017/03/21
【小豆島】2/23(木)-25(土),27(月),28(火)目の作品撤去に行ってきました!


小豆島の土庄本町地区に展開されているアーティストグループ、目の作品「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」の撤去作業に参加してきました。



作品制作時には目のメンバーと楽しく作業したり、芸術祭会期中には作品受付を行い、たくさんのお客さんを案内したりと、作品に思い入れがあるこえびさんもたくさんいます。今回の作業ではそんなこえびさんもたくさん参加してくれました。



芸術祭の話や作品についてなど、目のメンバーと一緒に楽しくお話ししながらの作業でした。



休憩時にはすぐ隣にある、西光寺にお出かけしました。



作品がなくなるのは寂しいですが、目のメンバーやスタッフのみなさんと一緒に楽しく活動でき、いい思い出です!


Posted by koebi3 at 17:43  パーマリンク

2017/03/19
【こえび隊】3/18(土)〜春の活動がはじまりました

少しずつ寒さも和らぎはじめた3月の連休。
家族連れやカップル、卒業旅行で島々を渡っているグループ、そして海外からのお客さんも多く見かけました。

瀬戸内国際芸術祭2016の閉幕後も鑑賞可能な作品があります(ブログ下段に掲載しています)。
この時期は会期中とは少し違い、のんびりと島時間を過ごせるのが良いんですよ!



この三連休から、こえび隊は、女木島、男木島、豊島で受付活動を始めました。
島キッチンでも引続き豊島のお母さんたちと一緒に元気に活動しています。



お客さんもじっくりと作品を見てくれていたり、こえびさんとお話をしてみたり。
作品はもちろん、島ごとに違う風景にも触れて、島ならではの時間を堪能してもらいたいですね。

私たちこえび隊は、芸術祭を開催していない時期も、継続的に島へ通い、島のみなさんと縁をつくりまた次へ繋げる活動をしています。
この時期、気候も良いし何かを始めるのにもピッタリ。受付以外にもこれからイベントや地元のお祭りのお手伝いなどいろいろな活動がアップされる予定です。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

▼鑑賞可能な作品一覧はこちら▼
http://setouchi-artfest.jp/news/new/detail67.html

▼こえび隊の活動お申し込みはこちら▼
http://www.koebi.jp/calendar.html


Posted by koebi4 at 19:06  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ