HOME › 活動ブログ

2017/12/11
【大 島】12/8(金)もちつき会を開催しました

2010年に始まったシヨルの前(旧シヨルは現在公園になっています)でのもちつき会。
今年はかたちを変えて、職員のみなさんの協力のもと、大島会館で盛大に行ないました。
もちつきは、この一年お世話になった大島のみなさんに毎年振る舞いをしているイベントです。


午前中は午後の本番に備えて、みんなで準備です。
さつまいもを切ったり(お餅を柔らかくするために入れています)、あんこを丸めたり、配布用のパッケージにのしをつけたりしました。

もち米を蒸し始めたら、餅つきの準備は万端。会場も仕上がっていました。


そして、いよいよもちつき。
まずは、会場で振る舞うおもちをついていきます。
お餅をついていると、入所者のみなさんも続々とやってきました!
お友達、ご夫婦、職員さんたちと一緒に来てくれ、用意していた席もあっという間にいっぱいに。

大島会館の入り口では、2臼目(白餅)、3臼目(大島のよもぎを入れたお餅)とついていきます。

つきたてのお餅を入所者の方にお渡しすると、みなさんの顔もほころんでいました。


やさしい美術プロジェクトの高橋先生と山川さんも来島していたので、こえび隊と交代しながら餅つきに参加してくれました。
青松園の職員さんたちも駆けつけてくれたり、庵治第二小学校の児童も!
みんな一体となってぺったんぺったんとついていきます。



入所者の野村さんもうずうずしていたのか、ついに杵を握り参戦!

みんな大盛り上がり!!

「よいしょ、よいしょ」という掛け声も自然に出ます。
入所者のみなさんも手を叩きながら楽しそうにそして懐かしそうに見つめていました。


もちを丸めていく作業も不安でしたが、職員さんたちが手慣れた様子で手伝ってくれました。

できあがった、つぶ餡入りの白餅とよもぎ餅は入所者のみなさんにパックに詰めてお届けしました。


翌日の土日はシヨルのオープンの日。
入所者のみなさんがシヨルに来るなり「お餅おいしかったよ」「朝ご飯に食べたよ」という声をたくさんいただきました。
早速写真をプリントアウトしてシヨルに持ってきてくれたのは、脇林さん(大島の公式カメラマン)。

今年の餅つきは、入所者のみなさんをはじめ職員さんやアーティストのみなさんと一緒に楽しむことができました。
また来年も入所者のみなさんの大好きな「もちつき会」を開催したいと思います!


おまけ:お正月用に大島神社のお餅も作りました!(今は冷凍中とのこと)


Posted by koebi4 at 18:54  パーマリンク

2017/12/09
【豊 島】12/3(日) 12月の島のお誕生会を開催しました!

豊島で毎月開催している「島のお誕生会」も今月から冬バージョン。
唐櫃公堂をお借りして、あったかい屋内で開催します!


こえび隊は会場の装飾などお客様をお迎えする準備をしています。
看板もこえび隊の手書きなんですよ。


お誕生月のみなさんにプレゼントするバースデーカードも準備万端です!


今月のゲストは「ホワイトアスパラガス」のお二人。
ひびのこづえさんの衣装を身にまとい、ダイナミックでコミカルなジャグリングパフォーマンスをしてくださいました。


お客さんもみんな大笑い。子どもたちにも大人気でした。



今月の島キッチン特製デザートはクリスマスらしい「シュトーレン」。
ちょっと大きめにしてホイップがけでいただきます。おいしそうですね。

写真:こえび隊 河原田 啓史


Posted by koebi3 at 12:10  パーマリンク

2017/12/09
【小豆島】11/27-12/4 王文志「オリーブの夢」の撤去のお手伝いをしました!

こえび土建部、小豆島中山地区で「オリーブの夢」撤去作業に登場!


瀬戸内国際芸術祭2016が終わった後も屋外作品として継続展示していた、王文志さんの「オリーブの夢」。
いよいよお別れの日が来ました。周囲の紅葉に囲まれて、ちょっと悲しい感じです。



かなり大きな作品を撤去するので、作業もハードワーク、準備物も多いです。
今日は地元の業者さんを中心に、こえび隊や小豆島町のみなさん、芸術祭実行委員会のみなさんと15名ほどのバラエティに富んだ布陣です。
まずは、恒例のラジオ体操で身体をほぐし、みんなで自己紹介をしてから、リーダーから作業内容の確認と安全に関する注意を受けました。


現場はこんな状況。重機が入ってきて、取り壊しです。



足元に気をつけながら、中に分け入り、竹材を引っ剥がし、さびてしまった番線を切り、
バールで釘を抜き、電動ドライバーでネジを抜き、バラバラにしていきます。竹は砕かれ
て、チップ状にされて、田んぼや畑で使われるそうです。


ただひたすらに同じことの繰り返し。「果てしないわぁ」とつぶやきながら、寒い中、
頑張っていると、こまめ食堂さんが温かい差し入れを!ごちそうになります!これでまた踏ん張れます!


フェリーの時間ギリギリまで身体を動かし、大きなヤマを越えたので、みんな満足気!
撤去作業は大変な作業でしたが、それゆえに、制作時の苦労が身にしみて分かります。
ここ中山地区は、2010年から王さんが作品を設置している場所で、瀬戸内国際芸術祭2019も、ここからまた始まると信じている「こえび土建部」なのでした。

文・写真:こえび隊(土建部) 白石 幸一


Posted by koebi3 at 11:48  パーマリンク

2017/12/05
【女木島】11/26(日)女木島の作品冬支度

女木島の厳しい冬の波風から作品を守るため、作品の冬支度をしてきました。
まずは木村崇人さんの作品「カモメの駐車場」の一部を取り外し、きれいに掃除して保管します。


毎年行っている作業ですので、順調に片付けが進み、約一時間後にはきれいに取り外し完了!


今年も約8か月間、雨の日も風の日も台風の日も女木島の港で頑張ってくれたカモメさんたちに労いの言葉をかけながら、一羽一羽丁寧に拭いていきます。


そして倉庫に保管。来年の春に再設置するまで、カモメさんたちは仲良くゆっくりとお休みします。


続いて、禿鷹墳上さんの作品「20世紀の回想」の帆の片付けを行いました。
こちらも毎年行っているので、順調に作業がすすみます。


あっという間に、帆の撤去完了!


続いて、作品の展示室の清掃や、作品等の養生、展示室周辺の草抜き等を行いました。


たくさんの草が生えていたのですが、


みんなで力を合わせて、スッキリ!


これで、冬支度完了!
また来年の春からの再公開が楽しみです!!


Posted by koebi3 at 14:13  パーマリンク

2017/12/04
【宇野→新潟】11/30-12/1 第1回わらアートサミットに参加しました!

岩室温泉のわら干支展

10月の中旬、こえび隊事務局に一通の手紙が届きました。
それは、「第1回わらアートサミット2017岩室温泉」の開催案内でした。

このサミットの開催地岩室温泉は、わらアートを作り続けて10年、わらアート発祥の地で、現在では、日本全国18ヵ所の地域で取り組みが行われているそうです。
今回のサミットは、各地でわらアートづくりにかかわった人たちが集まり、それぞれの取り組みを発表し合うという内容です。

こえび隊も、2013年の瀬戸内国際芸術祭秋会期で、こえび隊+こへび隊(わらアートづくりを教えてくれた越後妻有大地の芸術祭ボランティアサポーター)、そして地元有志のみなさんと協力してつくりあげた「宇高連絡船 機関車わらアート号」の紹介をさせていただけるということで、はりきって行ってきました!


基調講演は、2010年、2013年と小豆島でわらアート制作に取り組んでいた、武蔵野美術大学の宮島慎吾先生です。瀬戸内国際芸術祭の小豆島の事例にも触れてお話をされていました。


こえび隊は、宇野港に「宇高連絡船が発着していたころの記憶を呼び起こそう!」という
「宇高連絡船 機関車わらアート号」制作までの経緯から紹介を始め…


制作過程の様子から、


完成後の様子、わらアートから始まり、現在も継続して取り組みを続けている宇野港「連絡船の町プロジェクト」まで。


懐かしい写真をたくさん使って発表しました。
もう4年も前のことになりますが、こうして写真を引っ張り出してみると、当時の記憶が鮮やかによみがえってきますね!


愛媛県西予市では、小豆島のわらアートに触発されてマンモス象、
福岡県筑前市ではリアルすぎるシン・ゴジラ、
岐阜県美濃加茂市では地域で活躍するヤギさん除草隊にちなんだヤギアート。
どの地域も妥協のないユニークな作品を作っていて、とても興味深かったです。

場所は変わっても、地域が元気になるようにという思いから、大勢の人の協力を得ながら作成しているところなど、共通点も多かったです。


当日は「わらアート」というキーワードで、参加者全員あっという間に意気投合。
みんなで協力して一つのものを作り上げていくことで、その場所にできた一つの輪が、またさらにほかの輪とつながって、大きな輪ができたようでした。

共通の思いがあればすぐに輪ができるのは、「芸術祭」をキーワードに集まるこえび隊と同じようだと思いました。


翌日は、地元ボランティアガイドさんの案内で町歩きもしました。

雨の中での散策となりましたが、途中お菓子屋さんでお茶のお接待を受けたり、焼きたてのおせんべいの試食をさせてもらったり、最後に蒸し芋がふるまわれたり、温かいおもてなしがうれしかったです。


貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!
これからも芸術祭に限らず、各地の取り組みを知ることで視野を広げていきたいと思います。


Posted by koebi2 at 17:28  パーマリンク

島の名前から記事を選ぶ

ページの先頭へ